シーズンオフの沖縄 その3  やんばるの森

ようやく沖縄の旅の記録を再開しますね。

泊まったホテルにはいろんなアクティビティーがあります。
マリンスポーツは当たり前ですが・・・何しろ寒かった。
ホエールウォッチングっていうのも魅力的。季節的に鯨が見られるらしいです。
マングローブの森を見ながらカヌーっていうのもいいな。
(Tねーさんに却下される)

海だけではなく、ミニ・トレッキングや山のお散歩という企画もあるんですよ。
海もいいけど山もいいよね。
あんまり山歩きしすぎて疲れてしまうのもなんなので、
「やんばるの森探検ツアー」に参加することにしました。2時間くらいの短いツアーです。

エコデスクに集合して、バンで近くの山に入ります。
ツアー参加者は、私たちの他にご夫婦とワンちゃん。素敵なご夫婦でした。

ガイドさんも一緒なのでたくさんのレクチャーがあってお徳です。
歩くのはほんのちょっとだけなのですが、じっくりじっくり観察できました。

ホテルのある海辺はすごい風でしたが、山に入ると無風でほっとします。

b0007421_21142862.jpg

さて、南洋チックな樹木ですが、これは名前は忘れちゃったけど樹木ではないのです。
太陽を求めて伸びた羊歯の一種だそうです。 びっくりです。
b0007421_21144614.jpg

こちらがその茎?部分。丸い文様になっている部分に以前は羊歯の葉っぱが生えていて、
それを落として伸びていくのだそう。
へ~、教えてもらわないとわからないですね。

b0007421_2115078.jpg

花の名前はすっかり忘れてしまいました・・。
b0007421_21151791.jpg


b0007421_21153520.jpg

これは、「スジイリオキナワギセル」という樹木につく貝だそうです。
ガイドさんの手です。
b0007421_21155494.jpg

コレは私の手ですが、この可憐な花の名前は忘れちゃいました。かわいいですね♪

b0007421_21161223.jpg

b0007421_21162971.jpg

これは「アリサンミズ」だったかな。地べたに地味に咲いてます。
華やかな花々はあまりないけど、季節柄かな、
よーく見るといろんな小さな花が咲いているのが、たくましくもほほえましく思いました。

昔からこのあたりは山の民というか、林業の方が住んでいたそうです。
今でも住んでいる人はその祖先だとか。
当たり前と言えば当たり前の話ですが、そんなシンプルで原始的な話に心奪われました。


この場所を去る頃に、「ヤンバルクイナ」の泣き声が聞こえました。
もちろん私たちにはわからないのでガイドさん談。
この場所でこの時間で聞こえるのは珍しいって言ってましたよ。嬉しいな♪


この日は2月でしたが、もう桜が咲いていましたよ。
「リュウキュウヒカンサクラ」です。いわゆる染井吉野とはずいぶん違っていて、
色も濃いし、梅か桃かなっていう感じです。

でも桜は心を暖かく豊かにさせてくれますよねー。
b0007421_21332648.jpg

b0007421_21334723.jpg

本土より一足先にご披露しようと思っていたのに、
同じ時期になってしまいました。(こんなはずではなかったのですが・・)
b0007421_2134527.jpg

b0007421_21342042.jpg


b0007421_21324775.jpg

この熱心な撮影会の状況・・・うふふ。この写真好きです。


実はオクマのホテルのスタッフブログにこの日のことが掲載されています。
顔も出てるし、どうしよーかなーと思ったのですが、いいレポートなので(私の記事よりいいかもね)
良かったらご覧下さいね。  こちらです☆
(私は最初の写真の右から2番目です)

久々に沖縄の旅を思い起こしたわけですが、
やっぱり旅はいいですね。このところ、そんなつもりはなくても全てについて自粛ムード。
自然を楽しんだり、心を喜ばせることをしたいなぁとつくづく思っちゃいました。
[PR]
by harumisan | 2011-04-07 21:49 | 温泉♪旅

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan