昭和のオヤジなてんぷら屋 水天宮「てん作」

b0007421_15592780.jpg

オヤジなお店が好きだ!大人になって妙に魅かれるようになった。
オヤジ系のお店にも大きく二つ、カテゴリーがあって、

① 「粋」なオヤジが行くお店。例えば、かつて池波正太郎が通ったとかいう曰くつきで
付加価値が付いたお店。結構高かったりする。

② 普通の「粋」でも何でもないオヤジが行くお店。月々ちょっとしか奥さんから
お小遣いをもらっていないオヤジのオアシス。安い。


どっちに、強く魅かれるかというと・・・・・のほうなんですな~。

今日ご紹介する会社の近くの「てん作」は、②オヤジ系カウンターてんぷら屋である。
白木のカウンターではなくて、食堂のようなカウンター。
夫婦2人で、きびきび気持ちよく働いている清潔でシンプルな店なのだ。
てんぷらごはん(って、この辺では言うのね。てんぷら定食のこと)や天丼は750円から
(700円だったかも?)。一番安いのはてんぷら+ご飯+味噌汁+おしんこの組み合わせ。しらすや、奴を加えるごとに料金が加算されていくシステム。

てんぷらは、薄い衣で高温でカリッと、揚がっており、実にヘルシーで、
美しいとさえ思う!!具は、白身魚1・えび1・茄子1・海苔1・いか1と・ししとう1、
(確かこんな具だったと思うけど・・)少ないようだが・・・油モノですからね。
この位の量がお腹に優しいでしょう。事実、夕方までお腹が空きません。

大盛り天国の人形町近辺にあって、数少ない「過ぎたるは及ばざるが如し。」
を実践した店で嬉しい限りだ。午後眠くならない。

清潔なカウンターに座って、オヤジたちと肩を触れ合いながら食べる
ヘルシーてんぷらは格別である。
きびきびしているあまり、食事は15分で終わってしまうが・・・・。
[PR]
by harumisan | 2005-01-31 16:08 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan