なるほど! マクビオ惣菜

先日ご紹介した、マクロビオティックによるダイエットの本。
この本に掲載されたレシピで、「マクビオ惣菜」を作ってみました。
材料がどれも、安価で、手に入りやすいものだったし、簡単そう!

そして、作ってみると、”マクロビオティック”が何なのかというのが、
おぼろげにわかってくるような気がするのです!!


えっと、これらが、マクビオ惣菜たちです。よろしく。↓ フォトジェニックじゃないけどね。
b0007421_2012191.jpg

左: 「きんぴら」

① ごま油で、のついたままのごぼうを(水にもさらさない)細く切ったものを、
塩少量入れて15分!弱火で、炒める。
② 15分後、同じく細く切ったにんじんを、その上に乗せる。
③ ひたひたになる量の、昆布だしを、醤油少量を加えて、
④ 煮汁がなくなるまで弱火で煮る。

真ん中: 「切り干し大根と野菜の炒め煮」

①  もどした切り干し大根を、ごま油で弱火で15分炒める。塩を少量加える。
②  15分後、細く切ったにんじんと、油揚げ(湯抜きしておく)を入れて、
④  切り干し大根の戻し汁で煮る。煮汁がなくなるまで煮て、
⑤  別ゆでしておいたいんげんを添える。

右:  「小豆かぼちゃ」
これは、作り方省略。これも昆布と一緒に煮るのだ!

++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、皆さんにももうおわかりですね?
マクビオのこつがレシピの中に隠されています。

根菜を15分も弱火で炒める!← これは、なかなか長いです。でも、弱火だから時々ほっといても大丈夫。(でも、忘れないでね。) こうすることによって、野菜の自然の甘さが浮き上がってきますよ~! 長く弱火で火を通すことは、「陽」を強める作用があるそうです。

出汁は、昆布。かつおやいりこは避ける。戻し汁も有効に使う。

味付けは、ほんの少量の、自然塩や、本醸造のしょうゆのみ。

特に一番最初のことが感動的でした。
まるで根菜にもう一度命を吹き込むような気がしました。
このような惣菜を、たくさん作っておいて、玄米ごはんの副菜にしたら、
素晴らしくカラダにいいですね。
ダイエットの本だったので、相当ヘルシーですし。効き目ありそう!
ごぼうの香ばしい甘さには感動しました!!
みなさんも是非、興味がおありなら、試してみてくださいね。

マクビオを教えてくれた、fuanitaさん。どうもありがとうございます。
インフルエンザの進捗状況?はどうですか?復活お待ちしていますよ。



ついつい、少なめになってしまって、あっという間に無くなってしまいましたぁ。

しかも、3点作るのに、1時間半!もかかってしまって、
もう~~おなかぺこぺこだったの。

その後・・・クリーム入りのあまぁい「メロンパン」食べてしました・・・
反省・・・。
[PR]
by harumisan | 2005-03-03 21:05 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan