かわいらしくて・上品な日本のフレンチ

フランス在住のお友達ちえさんがいつも私のブロクを愛読してくれています。
ありがとう。でも、先日の六本木ヒルズのランチの記事を見て、
お怒りのメールが届きました。

東京のフレンチが高いのは知ってるけど、
そんなお金出して、アノ料理はいらないわね~。
だって、ムール貝のスープに、豚肉たった3切れ、デザートなんて、
アイスクリーム1bouleにもならない少量じゃない?
そんなんじゃ、お腹の足しにならないわ。
フランス人にとってフランス料理は日常食だからね。
例えば、
焼き魚と味噌汁とご飯の定食、特別に納豆とおひたしと、
デザートにようかんつけて、5000円したらどうする?って世界よ


まあ、確かに「ロブション」という名前でありがたくいただいているところはあります。
フランスだったら、同じ値段でももっとボリュームのあるランチが
食べられるでしょうね。 お肉はとっても美味しいし・・
でも、小食な私は、おいしく前菜を食べ過ぎて、
メインの料理の前に果ててしまうのです・・・。悲しい小さな胃袋。
かわいらしくて上品な日本のフレンチが恋しくなったりします。

とにかく、うちのロラン(フランス人のご主人)に写真見せて値段教えてあげよっと!!

ロランはどんな反応するかな?
AI AI AI・・・・と、言いそうだけど、どうかな、ちえさん?
[PR]
by harumisan | 2004-09-10 15:57 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan