長崎のクリスチャン

ローマ法王が逝去されましたね。ご冥福をお祈りいたします。
近年は随分よろよろとした感じだったので、心配しておりました。

ローマ法王で思い出されることは、20年ほど前に長崎を訪問されたこと。
被爆地であり、クリスチャン人口がとても多い土地です。
屋外のグラウンドみたいな場所に集って、ミサが行われました。
私は信者ではないので参加したわけではないですけどね。
それでもご訪問には感動しました。
3月と言うのに南の長崎にが舞いましたっけ。

実家のある長崎は、ご存知のように、たくさんのすばらしい教会があり、
(東京の教会って公民館みたい!って思った)
友人が10人いたら2~3人はクリスチャンであったような確率です。
うちは、仏教にもかかわらず、(おじいいちゃんは、お寺の檀家代表)
幼稚園はカトリック系。卒園のときにもらったマリア様の石膏のレリーフに向かって、寝る前に必ずお祈りをしてました。中学くらいまでですけど。(信心深いでしょ?)
日曜日になれば、近所の教会の(ココはプロテスタントなのだ!)日曜学校に行き、
また祈りを捧げていた!
もちろん、近所の神社へは初詣に行くのである!(教会とお寺と神社がみんな隣同士なもので。)

実に日本人らしく節操がない。特に長崎人は、信者でなくともキリスト教とともにあるため、
多神仏崇拝もはなはだしい(笑)おおらか過ぎる。

GWは長崎に帰ります。そんな暖かい土地に帰るのが楽しみです。
[PR]
by harumisan | 2005-04-09 11:40 | 長崎

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan