川渡温泉にもいきました。「板垣旅館」

この農家レストランは、東鳴子と川渡の中間地点に位置しているようなので、
隣の温泉郷「川渡温泉」にも足を延ばしてみることにしました。

どこの旅館にしようかと迷いました・・・
共同浴場が有名です。それから藤嶋旅館とか?
でも、有名なところは混んでいそうな気がするので、なんとなくネット情報で好感を持っていた「板垣旅館」に向かいました。

メインの通りから(メインというほどでもないけど)ちょっと奥に入ります。
ん~~と、建物が二つあるのよね?いったいどっちが受付なのでしょう?
b0007421_19585115.jpg

立派な旅館風の建物と、湯治宿っぽい建物。
私はたぶんこっちだな。。と、にらみました。

そうです。もちろん古い方ですよぉ!!

がらがら・・・と、扉を開けると、ふすまの向こうでこたつに入っていた、
おばぁちゃんが出てきて、受付してくれます。
旅館というより、田舎のおばぁちゃんのうちといった方が正しいです。。

男女別のメインのお風呂は、新しい建物の方にあります。
たぶん「旅館部」の方のお部屋はこっちにあるみたいですね。
きれいで清潔なマンションのような扉がいっぱいあります。
(その扉から、ステテコ1枚でお風呂に向かうおじちゃんを目撃。そりゃ~その方が楽よね♪)
b0007421_204553.jpg

お風呂も綺麗です。透明で黄色のお湯がかけ流されています。結構熱い。
たまご臭がかなりしますね!つまり硫化水素臭ぷんぷんってことですね。良い香りにうっとり・・・・。弱いつるつる感がありました。

お風呂はもうひとつあります。
古い方の建物に、混浴の・・というか貸し切りにできる小さめのお風呂がひとつ。
こっちが湯治部なんでしょうね。で、このお風呂しかなかったんでしょうね。
b0007421_2081883.jpg

こちらのほうは、ちょっと様子が違います。
透明な緑色です。卵とじのような湯ノ花がたくさんゆらめいてます。うつくしーい!
ただですね・・・・・熱すぎます!
頑張って入浴しようと思ったものの、浴槽が小さいくせに、熱い源泉がどんどん投入されて、
足浴でさえも辛い状態です。お湯はこっちの方がいい感じがするので残念。
寒ーい時期ならたまらないかしらね?
なんとか、温度管理して欲しいものです。

宿の老夫婦のお話によると、この二つのお風呂のお湯はまったく同じ物だそうです。
緑の方が源泉に近くて、そのお湯を引っ張っていったら、
若干違ったお湯になってしまったそうな。

あの・・それにしても、二つの建物があまりに違いすぎるのは何故なのでしょう?
宿の主人は、老夫婦の様な気もするし、その二人の好みなのかな?若主人も存在するのかな?建築デザイナーに乗せられて立派すぎる建物を作ってしまったのでしょうか??
いろいろ考え込んでしまうぞ・・・・。
[PR]
by harumisan | 2006-05-16 21:17 | 鳴子温泉

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan