「レオニダス」のホワイトチョコレートの思い出

b0007421_13462881.jpg

ちょっと昔のお話です。東京ではじめて働いた会社の隣に座っていた女性は、恋に悩んでしました。休暇でパリに行った彼女は、シャンゼリゼのカフェで出会った男性と恋に落ちてしまったばかりだったのです。大輪の花のように美しい彼女に、そのベルギー人の男性のほうが猛烈に魅かれて恋しちゃったみたいです。
毎日電話がかかってきて、毎日手紙が届くそうです。

私もまだまだうぶな頃だったので、(今も!笑)
そんなロマンチックな恋物語にひどく憧れました。

「どうしたらいいのか・・すごく迷っているのよ・・ふぅ~」
悩む彼女。
「そんなに好きなら、行っちゃえばいいじゃない!簡単よ!」
と、愛があれば迷うことなどあろうか!とシンプルに思っていた私。
「でも、親ににね・・親を捨てる気か!!って言われるのよ・・」
「え~・・そんなものかな・・?」
そんなこともありましたが、彼女は難関を乗り越え、一回り年の違うベルギー人のイヴと結婚してベルギーに渡りました。

今はなぜか音信不通になっているのですが、
パリ旅行した時に、ベルギーに遊びに行ったこともありました。
何度か日本に里帰りした時にみんなで集まったりもしました。
その際に、イヴはいつも「レオニダス」のチョコレートを袋をパンパンにして
プレゼントしてくれました。しかもホワイトチョコばっかり♪
「これがとっても美味しいんだよ!中でもホワイトチョコがたまらないんだよ!」
って満面の笑み。イヴどうもありがとう!

それ以来「レオニダス」のチョコレートは私にとって特別なお菓子になりました。
実は、フランスに行くと、どの町にも必ずお店があるという、「不二家」みたいなチョコレート屋だったりしたのですが・・ね。
味は、メゾン・ドゥ・ショコラのほうが美味しいけど・・ね。(その分高くもある!)

最近になって私が住む町にもお店ができました。
心境はちょっと複雑ですよ。
デイリーチョコレートにするには高すぎるけど、自分へのご褒美として時々買っています。
ホワイトチョコだけを袋につめてもらったりして・・・


イヴとやちよさん、お元気ですか?このブログなんか見てたりしないよねぇ~。
[PR]
by harumisan | 2004-10-11 13:54 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan