横谷渓谷の遊歩道にぐったり・・・。

今回の旅は2連泊して、山の温泉でのんびり~~。。という趣向でした。
2日目は、旅館の近くの「滝」まで30分ということでしたので、
リュックを背負って、いつもは履かないハードなスニーカーを履いて出発!!
東京はあまり天気が良くなかったらしいですが、山の上の奥蓼科は良い天気でした♪ いかに日頃の行いがいいかって証拠ですね(笑)

「遊歩道」って聞いた気がするんですけどね。
なかなかの山道でした。
b0007421_1933643.jpg

・・・これが結構不安でした。 山を侮ってはいけないのです。
この辺は川が流れていて「横谷渓谷」というのですが、全体的な山道の地図を持っていないのです。いったいどのくらい歩いてどこに着くのか、というのがわかっていないと
非常に不安なのです。
b0007421_1937694.jpg

綺麗な山道ですが、数日前の雨で落ちた葉っぱが腐葉土状態、狭い道が不確かに
なっています。道の反対方向は渓流に向かって急に切り立った崖です・・・・・・。
ふ~~、自然に感動する余裕もなく緊張して歩きました。

しかも歩けど、歩けど、・・・・渓流に出会えないのですよぉ。
水の流れの音は聞こえるのですが・・・山深いです。
b0007421_19423738.jpg

目指す「滝」に近付いてきたようです。
ここからは、山道を下るようになっています。ようやく水と逢えるのかな?

急な階段の途中で「王滝」と、出逢えました!
b0007421_19445311.jpg

近くで見られるのはここが限界で、この先の「展望台」では、遠くにいっちゃいます。
「展望台」とか言っても、階段の近くに休み処があるだけなんですけどねー。うふふ。
b0007421_19493895.jpg

遠くでしか見られない「滝」というのも、考えようによってはオツですね。
決して手に入れることができない神秘さを感じますしね。尊いです。
紅葉の頃にはさぞかし美しいでしょうね!
(最後まで、水の近くには行けませんでした・・・)

宿に帰る道は、一度通った道ですから、今度は周りの景色も眺める余裕がありました。
でも、宿に戻ると、慣れない山道にぐったり疲れてしまい、宿が用意してくれた昼食の
カレーライスを平らげて、午後はお昼寝三昧でございました・・・・。

もうちょっと元気だったら、もうちょっと横谷渓谷を歩きたかったんですけどね。
いつかもっとしっかり歩きたいなぁと、思います。
[PR]
by harumisan | 2006-09-23 20:10 | 温泉♪旅

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan