美しく・・・冷たい硫黄のお湯

奥蓼科の旅の最後です。
「保科館」をチェックアウトして、宿の車である場所まで送っていただきました。
ある場所というのはバスの終点なのですが、
そこに絶品のお湯が待っているのです。
「渋御殿湯」です。 古びた感じの旅館です。
b0007421_2043222.jpg

立ち寄り湯は10時からのスタートなのですが、
既に私たちを含めて4組のお客さんが待っています。妙な連帯感♪

浴室に入ってからも、その中の可愛い女性がとてもフレンドリーなせいで話が弾み、
初対面なので楽しいコミュニケーションができました。こういうのっていいよね!

ここの湯はの特徴は、20数度の単純硫黄泉の冷鉱泉だということです。
わかしていない、源泉そのものの小さな湯壺があるというのが評価に値します!
b0007421_20482055.jpg

とっても美しいたたずまいです!!
青い色の中に、石膏をとかしたような白い硫黄が混じっています。素晴らしい・・・。

もちろんお湯はこれだけではないですよ。
沸かした浴槽が隣にちゃんと存在しています。
b0007421_20512592.jpg

この写真は、蓋がまだかぶっていますね。。
実は、冷鉱泉を沸かして、濾過循環させて、塩素まで入れちゃっているんですけどね。
透明なお湯になってます。
それでも、硫黄の香りのするいい十分いいお湯だと思えるのは救い。。です。
もちろん、この暖かいお湯にしばらく浸かっていないと、源泉には入れないのです!

ほかほかになってきたら、冷たい源泉にチャレンジするのです。
じわじわ・・・おそるおそる・・・足を狭くて深い浴槽に入れます。
しばらくは足だけをつけています。
慣れたところで、ふたたび意を決して、じわじわ・・と、体を沈めていきます・・・
うぁ~!心臓マヒになりそう!でもじっと我慢。
そうすると、不思議です。だんだんと冷たさに慣れていくんですよね。
暖かささえ感じる。なかなかの快感です。

これを何度か繰り返すってわけです。
イベントっぽいというか、修行っぽいと言うか。(笑) 楽しいです。
こういうのって、血行が良くなるから、冷え性の人のショック療法やダイエットにも
いいのじゃないかなー??

源泉を舐めてみたら、レモン味でした。

気に入りました。燃えます!!

浴槽は別にも実はあって、
そちらの方は、「足元湧出」という温泉マニア垂涎の浴槽なのです。
だけど・・宿泊者・休憩の方専用になっているんですよね。
いつか体験したいものです。
[PR]
by harumisan | 2006-09-27 21:10 | 温泉♪旅

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan