長崎独特のお菓子2選

長崎のお菓子は中国の影響を受けて独特だったりします。
なんたって東京行くより近いからね。

結構有名なのが長崎の「ちまき」。これです。
やっぱりこれでないと私は「ちまき」と呼びたくありませんね。
b0007421_19474799.jpg

なんとなく謎の物体になっていますが。(笑)

餅米を蒸して、ガーゼの袋に入れて成形、「唐あく」に漬けこんで作るのでしょう。(推測)
そう、このガーゼのちまき用袋よね。

食べる時はこの袋を脱がせて、切って食べます。
砂糖を振りかけることが多いです。この日は蜂蜜にしてみました。
黒砂糖や、きなこもいいですね。(きなこだと独特の苦みが消されてしまいますが)
b0007421_19522256.jpg

GW明けの月曜日の朝ご飯はパンがなかったのでこれにしました。



それから意外と知られてない名菓があります。
「白あんのやぶれ饅頭」を私は強く推したいです!!
b0007421_195448.jpg

ちまきを買いに行った築町の亀屋さんの陳列棚で見つけて、胸がきゅんとしました。
久々の再会です。絶対食べたい!

東京なんかにもこんな風情の饅頭が「吹雪」とかなんていうやけに上品な名前が付けられていますが、
いっしょにしたくない。もっとぺたんこの形ですし、粗野に「やぶれ饅頭」と呼んでやってください。

あえて白あんの・・・と書きました。「黒あん」もあるんです。でも、長崎では「白あん」をおためしあれ。
長崎では「十六寸豆」(とろくすまめ)という、超美味なお豆が使われていて、感動的です。
b0007421_200177.jpg

ほぅらね!!
ふんわり、ねっとり美味しそうでしょ?
皮にほんのり塩味が付いていて、このマリーアージュがまたたまんないのですよ。


あ~、やぶれ饅頭について語っていたら熱くなってきました(笑)
[PR]
by harumisan | 2007-05-09 20:07 | 長崎

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan