美酒♪で 憂さ晴らし

さっさと退社したものの、やっぱりうかなくて、まっすぐうちに帰りたくない。空はまだ明るいし。 
そうだ!ひさびさに西麻布のワインバー”Elevage”に行こう!
と、日比谷線に乗り換えました。

ひとりでワインバーです。美酒に癒してもらおうじゃないの。
思えば1年ぶりです。去年の今頃も憂さがたまっていたような記憶があります。
このElevageは、ひとりでも行きやすい。店主の吉田くんの気さくで癒し系の人柄が
くつろがせてくれるのだとと思います。

まず、シャンパーニュが美味しい季節ですから、泡から始めましょう。
b0007421_20411755.jpg

シャルトーニュ タイユ キュベ サンタネ ブリュット NV  
仏・シャンパーニュ地方の小規模の生産者で、ピノノワール50%、シャルドネ40%、
ピノムニエ10%の比率だそうです。
力強い泡がどんどんどんどん立ち上がってきます。ストロングなシャンパーニュです。
酸味がかなり強いのも、力強くさせている原因だと思います。なかなかのインパクト。
レストランのグラスシャンパーニュでは、こういうのには出会わないよね~。

おつまみというか、晩ご飯代わりに「シャルキュトリの盛り合わせ」
b0007421_2047578.jpg

豚のパテと、リエット、鶏レバーのムース、鴨の燻製。添えられたヴィロンのバゲットは、お代わり自由です。鴨の燻製を頬ばっていたら、がぜん赤ワインを欲してきたわ~~。

b0007421_2050046.jpg

ヴォーヌロマネ レ スーショ 2003 (ジェラール ミュニュレ家)
ミネラル感たっぷりで、とにかく優雅にいろんな要素が渾然一体に溶け合ってます。
でも、カオス・・じゃないんだなー。 重めの味が好きな方には物足りないかも。 

もう一杯飲めそう♪調子づいてきました。
b0007421_205795.jpg
 
シャトー ヌフ デュ パプ レ カイユー 2003(アンドレ ブリュネルさん)
このワインは今回の収穫でした。
店主の口ぶりでは、有名なヴォーヌ・ロマネよりお勧めみたいなんです。飲んでみてそれを激しく実感!私のイメージのシャトー ヌフ デュ パプ は、ワイルドでスパイシーなイメージだったのですが、それをくつがえされました。(だからワインって魅力的なんですよね)
果実味が伸びやかで活動的で、バランスがよく感じられるのはタンニンもほどよくあるのでしょうね。アクティブでありながら、優雅なのです。好みです。
良家のコワイもの知らずの魅力的なお嬢さん。って感じでしょうか。
ハウスワインになったら、また逢えるのかしら?
メルマガにも書いてあったけど、何も言わなかったら、ブルゴーニュの高級ワインだと思っちゃうかも。      

すっかり、美酒に酔いしれ、千鳥足で歩いて自宅に帰りました。
家に着いたら、思いの外へろへろで、ちょっとベットで休もうかな?と思ったら最後でした。
なんとか、洗顔・歯磨き・コンタクトはずしは出来ましたが・・・


美酒で憂さを晴らすのはなかなかいいアイデアでした。
かなりもうどうでも良くなっているかも?時々思い出して自虐してるけど・・・
でも、昇給なしを、高いワインで晴らすのは、ますます貧乏になるってことで、
ん~~。哀しくもある(涙)

お店では、他のお客さんの飲みっぷりを観察するのも楽しかったです。
多くのお客さんが、目玉の「テタンジェ コレクション 1983」(シャンパーニュ)
を注文してました。40ミリで3800円もするんだよ!リキテンシュタインのデザインボトル。
もちろん熟成されたシャンパーニュ飲んでみたいけどね。ビールみたいな濃い黄色でした。
外からの観察のみで我慢。

そうそう、「のだめカンタービレ」が置いてあったので、2巻読んで感動!
ここは漫画喫茶かっ!!

◆追記
このワインバーは、レアなワインのグラス売りがメインです。
ボトルではとても高くて飲めないワインを、ワインマニアな人々で分けて飲もうよ。みたいな
コンセプトかな~? ボトルで飲みたい方はもちろん店主に相談すればそれなりの美酒が
登場すると思いますよ。
・・レアなスコッチウィスキーもあります。
[PR]
by harumisan | 2007-06-07 21:25 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan