神田お玉が池のほとりの鰻屋

とある日のランチは、他のメンバーが多忙のためひとりランチになりました。
こういうときはいつも行かない場所に足を伸ばして新規開拓。
神田お玉が池のほとりの鰻屋に行くことに決定。「ふな亀」という名前です。

昭和通りを渡ったところにあります。
って言っても、「神田お玉が池」というのは江戸時代になくなってしまったんですけどね。
(どおりでこの辺地盤が緩い気がする!不忍池より大きかったらしいですもの)
情報源は、kimcafeさんです。(さすが!)

鰻屋ですが、王道の鰻は2000円もしちゃうので、
「ふたつ丼」という、ミニ丼×2 のランチにいたしました。
b0007421_21375315.jpg

ミニうな丼と、ミニ天丼 (親子丼もあります)
鰻食べられて満足!!うきっ。 食後にコーヒーが付きます。(1000円ちょっとお高い)

それにしても不思議なお店です。
ビルの中に入っているのですが1階は入り口と事務所のみ、2階のお店部分に着くまで遠い。
鰻屋なのに、夜はスナックになるそうです。カウンターにお酒がずらり並んでます。
カラオケも出来るみたい。 かと思えば奥に「御神輿」が鎮座している・・・・。?!
全体的に物が多くて雑然としています。
江戸と地方都市スナックが渾然一致となっている中で・・・鰻をいただくのであった。

働く人もシニアばかりです。ほとんど親族なのかな?
なんとなくこの辺に来ると(昭和通りを渡ると?)大好きな人形町の江戸シニアな匂いが
濃厚になってきますね。まったりシビレテしまいまいましたよ。(笑)

食後、ちょっとだけこの近くをお散歩。
「お玉稲荷」の小さな祠を見つけました。
お玉さんがこの土地にあった池に身投げしちゃって、この名が付いたそうです。
ご冥福をお祈りします。
b0007421_21464331.jpg

やっぱ、この辺はちょっとおもしろそうだから、今度散策してみたいなぁ。
[PR]
by harumisan | 2007-07-12 21:50 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan