よねざわぎゅ~~ぅ。

9月の2回目の連休は山形の米沢にいってまいりました!

旅行を企画するにいたった経緯は、
まだまだ猛暑の8月の下旬に、会社の人となぜか「牛肉」の話になり、
”米沢牛なんかを私は食べたいっ!”って私は口走ったのでした。
松阪牛よりバブリーじゃないし(あくまでイメージですが)
東北の銘柄牛として渋くて好ましいイメージを持っておりました。

そうしたら会社のN氏が、
”山形の山奥の一軒屋の温泉で食べた米沢牛が美味しくて忘れられない!”
のたまうのでした。

え?山形・山奥・一軒屋・温泉・・・米沢牛!
私にとってツボに入るワードの連呼ではありませんか。
HPを教えてもらって、ますますツボに入り、友人に声をかけたらその友人のツボにも
入ったみたい。話がまとまり即座に予約しました。ははは。決心したら行動は早いよ。


山形新幹線で、米沢は東京から2時間半くらいで到着します。思ったより近い。
その宿で米沢牛を食べるのは断念しました(オプション予約品)
だって、食が細いのでほかの食事が食べられなくなってしまうおそれがあるからです。

そこで、到着後の米沢ですぐに「米沢牛ステーキランチ」ということに決定!
宿に行くためにはまたバスに乗らなければいけないので、(便が少ないのだ)
手っ取り早く、駅前のステーキハウスで食事をすることにしました。
駅前でも悪くなさそうなお店を見つけました。
b0007421_2247918.jpg

「ステーキ東洋館」という綺麗なお店です。
お店にはいるなり、年配の店員さんが応対してくれる。
もちろん無愛想でもないし、マニュアルな親切な対応でもない。
普通の温かい対応に、心がふんわりします。これは地方都市の良さですよねぇ~。
東京の都心のお店ではなぜか失われているんだよね。

米沢牛関係のいろんなメニューがあります。
米沢牛でもランクにより値段が分かれています。
まよったあげく、普通の?米沢牛フィレステーキコースにいたしました。
値段は4900円くらいでした。(昼間っから豪華すぎます!!)


まず、懐かしいコーンスープです。
控えめなお味で美味しいです。ステーキへの期待が高まるなぁ。
b0007421_2255349.jpg


じゅーじゅー音がします・・・・やって来ましたよ。
b0007421_225634.jpg

これもまた、控えめなお味のソースがかかっています。
特に焼き方は聞かれなかったのですが、外側が香ばしく焼かれていて、
中身がミディアムレアっていう感じでしょうか。

フィレステーキなんてほとんど食べたことがないので比べられないのですが、
油っぽくなくて、柔らかくて、ちょっとぱさついてはいますがあっさりしていました。
生臭くもない。
・・・もしかしたらロースの方がステーキらしいかな?とも思ったのも事実ですが。
でも大満足!!なんといってもステーキなんてめったに食べないもので(苦笑)

お店は昔ながらの清潔感あふれる洋食屋といった感じです。
私たちのような観光客ばかりではなくて、地元のお客さんも多いようですよ。
家族や、老夫婦がステーキをぺろりと平らげていたり、男性の一人客もいました。
地元の人に愛されるお店ってすてきよね。
b0007421_2335155.jpg


米沢の第一のノルマを果たし、幸せを噛みしめました・・・・。うっとり。
[PR]
by harumisan | 2007-09-25 23:10 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan