めるう゛ぇいゆぅ~~!!

噂には聞いていましたが、聞きしにまさるmerveilleなお店でした。
(前回の記事、いたたけないお店と、このお店との差は歴然です。全体的な価格差も
ありますけどね)

とある日曜日のランチに出かけてきました。
Au gout du jour MERVEILLE オーグードジュール メルヴェイユ
(覚えづらいです・・・)

場所は日本橋、高島屋のすぐそばです。
すぐそばと言っても、この辺りはオフィスビルが林立していますから、ちょっとでも通りが
違うと足を踏み入れないであろう場所です。 平日のパワーランチに利用される方も
いらっしゃるのかな?

さほど広くないお店。インテリアもごくごく普通に上品ですが奇をてらってないところが
好感を持ちました。さすがにお客さんでいっぱいです。
家族連れや、年齢層は高めです(落ち着く~)
奥の個室めいたスペースに、老齢の紳士が数名いらっしゃったのが印象的。
何の集まりでしょうね。似たようなツイードのジャケットをお召しになっていて、
何かの紳士倶楽部かしら?

さてさて、お料理です。私たちはメインにお魚もお肉も食べられる
4800円の真ん中のコースにしました。
お昼なのにそんなに食べられるかな?とサービスの人に相談したら、
品数が多くても少なくても全体のボリュームは同じですよ。とのことでした。

前菜に私が選んだのは、「聖護院蕪のジュレ」
b0007421_10202563.jpg

ひんやり、あっさりです。
世界に名だたる日本のお料理っていう感じです。
こういう日本料理っぽいお料理って、今やヨーロッパのシェフにも影響を与えてますよね。
このお料理の詳細を忘れてしまったのですが、
上に乗っていたのはうにのようでうにでなかったような?
蕪の下に蟹か海老が重なっていたような?すみません・・・。夢中で平らげていました(謝)

それから魚料理です。
b0007421_10283698.jpg

ほうれん草とあさりのスープに乗った鰹のポワレです。
野菜に白菜が使われていました。
これがねー。あさりのスープが絶品だったんですよ!
ご存じの通り貝類は素晴らしいお出汁がでますよね。その味わいに陶酔しました・・。

肉料理です。
b0007421_10394422.jpg

蝦夷鹿とフォアグラのパイ包み焼き
トラディショナルなお料理ですよね。大好きな鹿が食べられて満足です。
実はパイ包み焼きって苦手だったんです。しつこい感じがしていたのです。
ですが、しつこくなかった。パイも”さくっ”として軽やかだったのです。
また、蝦夷鹿とフォアグラのミンチの力強さが素晴らしかった。
無くなるのが惜しいような一品でした。
(いつもは肉料理が半ば拷問のようになるってしまうのに・・・)
横に添えられている黄色の物体は、最初レモンに見えました。
よく見ると、さつまいものピュレなのです。 この自然の甘さが力強いパイ包みと相反した
いいハーモニーだったのですね。

パイ包み焼きはこのお店の定番らしいです。


デザートです。
b0007421_10464556.jpg

メルヴェイユ特製のロールケーキです。
これも定番らしいので、思わず注文しました。
うわさに違わずのお味でした。シンプルで甘すぎないところがきにいりました。
クリームももったりクリーミーですが決してくどくないのです。


ということで素晴らしいランチのひとときでした。
写真で見返してみると、別にどこのお店でもいただけそうなお料理ですが、
一見トラディショナル、その実繊細なお味は、味わってみないとわからないと思います。

お料理もさることながら、定評があるのはそのサービスだということでした。
私たちについてくださったのは女性でした。
明るくて気さくな対応(決してなれなれしくない)が、とても良かったです。
”特別なサービス=マニュアル=慇懃”というのではなく、普通の親切なサービス
というスタイルが心地よくさせるのだと思いました。

会計が終わって外に出ようとしたら、若き優秀なシェフが入り口に立ってらっしゃいました。
(い、いつからそこに立っていたのでしょう?!)
サービスの方と共に、見送ってくださいました。(私たちが見えなくなるまで!)
・・ありがとうございます。でも大変ですから私たちのことなぞ、ほっといていただけても。
恐縮でした。

ちなみに、このお店ではないのですが、丸の内の系列店が★をとりました。
とはいえ、シェフも違うし、チェーン店でもないので味も違うと思うのですが、
やはり影響はあって、予約が増えたらしいです。

是非また大切な人と訪れて、この喜びを分かち合いたいと思います。
ディナーにも来てみたいな。

このお店に関して、私に影響を与えてくださった、
私のguide Rouge とも言える picot-picotさんと
サマンサさんに感謝いたします♪





隣に2巡目に座った男性一人客。

私の真隣だったのであまり観察はできませんでしたけど、
お店の方と懇意な様子。中年の域ですが、とてもおしゃれでただ者ではない感じです。
穏やかで、良く通る渋い声・・・。
ひとりで、おまかせのお料理をじゃんじゃん食べてらして、最後にはコニャックめいたものを
勧められていました。

いったい何者だろう??

マスコミ関係者?(にしては軽くない)、グルメ評論家?(あり得る。でも初めての来店らしいかった) 同業他店の有名シェフ?(あり得る・・)

ちょっとおしゃべりしたかったです。ひとりではお寂しいでしょうから。
b0007421_1140411.jpg

最後にほうじ茶のサービスがありました。
[PR]
by harumisan | 2007-12-02 11:21 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan