美人の湯の宿の豪華なごはん

佐賀県嬉野温泉「嬉泉館」の豪華なごはんをご紹介します。

超ゴージャスなお湯だけでなく、
ごはんもなかなか美味しいらしいとは聞いていました。
しかも、宿泊した日がお正月料金の適用期間で、普段より5000円ほどUPした料金でした。
「お食事が違うんですよ~」と、予約した時におしゃってましたっけ。
期待は高まります。 温泉に入るとお腹空きますからね。

高いと言うことは、つまり食材がいいってことですよね。
b0007421_11311273.jpg

中央は「なまこ」です。いつもお正月にはうちでも出てくるのに今年はなかったな。
でも、ビジュアル的に苦手・・・・でも食べてみる。こりこりして少々生臭いかんじ。
左は「鯨」の巻物、その奥に「牛肉のたたき」のお寿司、その奥に「蟹」のマリネ。
お刺身は「鯛」を含む3種盛り、「伊勢エビ」のマリネもあります。(伊勢エビはお醤油で食べたかった)・・・

おおお。普段食べられない豪華さでしょう?
b0007421_11312487.jpg

この蒸し物の中に、「あわび」が入ってました。きゃぁ~!
b0007421_11314326.jpg

上は、牡蠣とレンコンと白子の天ぷら
好きなものばっかりじゃないですか! やや揚げ方は下手でしたが。
下は、の土瓶蒸しです。いい出汁でてます。

b0007421_11384581.jpg

和食が飽きた頃に「グラタン」がやって来ました。
ちょっと味が濃いです。
b0007421_1139036.jpg

最後にちょっとだけステーキ。(これもちょっとしょっぱいです)
ステーキをおかずに白いご飯をいただきましたって感じです。
b0007421_11391596.jpg

若竹汁。お麩がめでたいですねー。

最初の豪華な食材のオンパレードに、私のテンションはすごく上がりました!
東京ではこんな食事は絶対無理だー。

料亭のような繊細なお料理というわけでもありませんが、感動しました。
いつも山奥の温泉に行きがちな私は、山菜中心の”質素な宿ごはん”ばかりなので
なおさらです。
うちの両親は、こんなに一同に食べることはないかもしれないでしょうが、
個々には食べ慣れているようで、私ほど興奮はしてない様子でした。
地方では食材が比較的楽に手に入ったりしますからね。
[PR]
by harumisan | 2008-01-20 11:55 | 温泉♪旅

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan