菊池温泉(熊本)

熊本の旅の1泊目は「菊池温泉」です。
よく使っている旅行代理店で九州のあちこちの宿が格安で泊まれるプランがあるらしく、
それを自慢げに使いたかったみたいです。・・・

宿泊先は「菊池グランドホテル」
b0007421_11545489.jpg

名前が大仰です。時代を感じますね。
高度成長期の最後の頃のイメージです。当時、日本的な旅館よりホテルの方がもてはやされたりしましたよね。そんな感じ。広いロビーがあって、大広間があって、大きなお風呂があって、鉄筋コンクリートの建物が偉い!!みたいな。そんな懐かしい思想がにじみ出ます。

確か、1泊6500円くらいだったんですよ。
両親と私、妹の娘の4名なのに、8畳の部屋は狭い。
今となっては古ぼけた和室です。でもトイレも洗面台も室内にあるので設備には満足です。しかし、建物が暑さで熱を持っていて、どんなに冷房をかけても暑い!!
これには閉口しました・・・。

晩ご飯も質素でした。
ちらりと近くの席の他の客のお膳をみたら、私たちはお刺身が「鱒」(か、鮭?)のみの1種類でしたが、数種類ありましたもん。通常料金のお客様とは差をつけられているようです。
ま、私たちは少食家族ですのでいいんですけど。
格安プランだから仕方がありません。両親も全然意に介しない様子。

ご飯で特徴的で面白かったのは、熊本名物「大平燕」(たいぴーえん)が出てきたこと。
b0007421_1272092.jpg

春雨スープのことですね。熊本出身の友人から教えられるまで名物だなんて知らなかったです。長崎でも太平燕とは言いませんが、春雨スープはよく食べましたよ。
特に母が作ってくれた物が大好きでした。(ホテルのものより母の手作りの方が美味しかった・・)

ホテルについて渋い言葉をたくさん吐きましたが、
ここの温泉は素晴らしかったです!!

かなり大きな浴槽のお湯はすべて掛け流し!! 
しかも私好みのアルカリ性のすべすべの美人の湯です。 
敷地内に源泉があるらしいですが、すごい湯量にびっくり!
HPでは、単純泉ラドン温泉(弱アルカリ性)と、書かれています。とっても気に入りましたね。
b0007421_1216734.jpg

写真だと狭く見えますが、実はかなり広いです。
翌日、浴槽が男女交代になり、別の浴室はさらにここの倍の広さです。
この広さのお風呂がすべて掛け流しとは恐れ入ります。
b0007421_1217451.jpg

ささやかに露天もあります。夏場だから露天の方が気持ちいいですよね。
b0007421_12181973.jpg

樽風呂もあります。ひとり貸し切りっていい気分です。

こんなに写真が撮れたということは貸し切り状態だったってことですね。
老人会の団体さんや他の小団体さんもいらしゃったので、混んでる時間もあったはず。
でも、この広さですから、多少人がいても大丈夫。
むしろこの広さのお湯を遊ばせておくのはもったいないので、団体さんにたくさん入っていただきたい気分です。

そうそう、お部屋の洗面台のお湯をひねると、この温泉が出てきます。
ぷ~~んと温泉の匂いがして、つるつるの感触のお湯が・・・・あぁ~・・うっとり・・・

立ち寄りでいいのでまた入浴したい温泉です。
とは言え、長崎からはかなり遠いので、気楽には行けないのが残念だなぁ~。
[PR]
by harumisan | 2008-08-17 12:34 | 温泉♪旅

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan