阿蘇の秘湯の宿

熊本の旅・・・2泊目の宿泊先は私が決めました。
ネット情報を駆使して、温泉自慢の宿を探しました。やっぱりここでしょう。
垂玉温泉「山口旅館」です。

秘湯を守る会のメンバーらしくて、去年の米沢、GWの新潟に引き続きの宿泊ですね。
スタンプラリーしているわけではないのですが、自然発生的に?集まってしまいました。
こうなったら10個貯めて無料宿泊券GETかぁ?!

場所は南阿蘇村で、ぐるりと阿蘇を囲む主要幹線から山道に入ります。
狭いけど、きれいに舗装された道をどんどん上ります。本当に宿があるのかな?
って不安に思うくらい。ああああ・・・ありました。

あらっ。意外にこじゃれた宿ですよ。
b0007421_2150640.jpg

可愛い赤いポストがポイントですね。
ロビーもこんなにきれいで、予想以上でした。おしゃれなカフェみたいね。
実際コーヒーがいただけるようです。
b0007421_21513954.jpg


山間のかなり広い敷地に宿は建っているのですが、建て増し、建て増しで拡がっています。
仲居さんにお部屋まで案内されます。
どんどん廊下を歩きます。綺麗なロビー、お食事処から、渡り廊下・・・・
だんだん内装は古びていきます。階段を上ったり下ったり。(バリアフリーではないですね)
お部屋のあるエリアは、建ったときのまんまなのでしょうね。
清潔ではあるんですけど、ほこりっぽいような気がする古めかしさ。

もうちょっと改装してもいいのにねぇ。いやいや、気にいらないわけではないんですよ。
お金も相当かかりますしね。ただロビーとの格差に驚いちゃったりして。
その程度ですけどね。滞在しているうちに慣れちゃいましたし。
だいたいお部屋棟のすぐ前がお風呂棟?なので、ロビーなんかには滅多にいかないのです。
わはは。

お部屋は「さくら」という名前です。こんな感じ。4人では狭いけど・・。
散らかっていてごめんなさい。緑が全開!!で向こうの道路は滅多に車も通らないので、
カーテンなんか必要ではありません。
b0007421_21585121.jpg


お部屋の向こう側の道路から眺めた景色はこんな感じです。山小屋風ですね。
「さくら」は大きな三角屋根の2階の真ん中当たりだったと思います。
b0007421_2201918.jpg


素晴らしい温泉のことは後回しにして、ご飯です。夕飯は部屋食です。
さっきお話ししたように、アップダウンが激しい作りですから、仲居さん大変だなぁと思います。
お食事処に行くんでもいいのにな~と。居と食が別れているのはいいんじゃないかしら。
b0007421_2255430.jpg

印象は動物性タンパク質が多すぎるってことです。(上は一部です。)
鴨・鱒・穴子・鶏・牛肉・・・・が数えられますね。もっと野菜が欲しいなぁ。
頑張って食べ過ぎた母は、便秘気味になった模様。わたしも若干・・・・。
b0007421_2261793.jpg

お約束の川魚。岩魚??だっけ。
でも、北関東~東北で食べた物のほうが美味しいなぁ。
土地によるものか、単にものによるのか、焼き方なのかわかりませんが。
b0007421_2263771.jpg

珍しいのは、阿蘇牛のローストビーフ♪美味しかった。
できればもっと少ない品数の中で楽しみたかったですね。

もちろん、前日の菊池Gでの食事より豪華だったことは言うまでもありません。
比べちゃいけませんね。
[PR]
by harumisan | 2008-08-27 22:15 | 温泉♪旅

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan