地獄温泉の存在☆

前の記事で思わせぶりに、「1泊では足りない理由が他にある」と、書きましたが・・・
その理由は「地獄温泉」の存在があるからです。

山口旅館のさらに山手に、歩いて10分程ですが、他の温泉があるのです。
その名は「地獄温泉・清風荘」 (温泉好きな人の間では有名だと思います)
到着した日に限り、双方のどちらかに泊まっていると無料で入浴できるのでした。

しかも、泉質が全く違います!
地獄温泉は白濁の硫黄臭たっぷりのお湯なのです。
ね、ね、絶対入ってみたいでしょ?青森辺りにやって来たように、湯治ムードぷんぷんぷんの雰囲気の良さです。
焦るようにチェックイン直後にやって来ました。(父はパスしました)
b0007421_2045454.jpg

山間のかなり広い敷地に地獄温泉はあります。のどかです。
立派な日本家屋が本館なので、帳場に行って(その言葉がぴったり)入浴の旨を伝えます。
b0007421_2062969.jpg


何しろ暑い!!阿蘇でも真夏は暑いし、山道を少々登ってきた。
温泉に入りたいと言うよりも、汗を洗い流したいという気分でいっぱい。
広い敷地の中に温泉が点在しているのですが、どこに何があるのかよくわからないので、
行き当たりばったりに見つけた露天風呂に入ることとしました。
b0007421_20105077.jpg

仇討ちの湯っていう名前です。
その由来は、他に有名な混浴の泥湯があるのですが、混浴で見られるという状態の反対で、この露天では男性露天を見下ろせる事ができるのです。だから「仇討ち」と言っているようです。別に見下ろはしませんけど・・・。

質素な木造の階段を上がってゆきます。
脱衣所もオール木造です。大工さんが作った建て直す前の実家の様子を思い出して妙に懐かしいです。
b0007421_20132623.jpg

長い廊下の向こうに目指す露天風呂が見えますよ!
b0007421_20144723.jpg

青白いお湯をたたえた可愛い露天風呂があります。
b0007421_20162578.jpg

もちろん貸し切りです。 ここにはカラン等はありません。お湯をくみ出してまず体を流す感じですね。 あ~ぁ、野鳥の里と書かれているだけあって、野鳥の声が聞こえてきそう♪
若干お湯に入った葉っぱなどのゴミが気になりますけどね。

せっかくだから他の温泉を見つけながら散策。
写真はありませんが、内風呂もありました。暗めでまさに東北の湯治場のイメージでした。

こちらのいい感じの(一番気に入ったわ♪)お風呂は、ちょっと離れた場所にある湯小屋です。露天ではないので、落ち着いたムードがいいわね。
b0007421_20255791.jpg

暑かったので、見学と写真だけ。
「こっちに入りたかったわ」と言ったのは母。同感です。

さて、先ほども言った、ここで有名な混浴泥湯「すずめの湯」にももちろん行ってみます。
b0007421_20273762.jpg

こちらの右半分の浴槽には、おじさま方が入浴中でした。
お会いしたおばさま方は、「さっきまで入ってましたよ。せっかく来られたのだからお入りになったらいいのに」とおっしゃる。でも、笑って固辞しました。
いやぁ~興味はあるんですけどね。
b0007421_20294520.jpg

すずめの湯には、男女別の湯小屋があります。(同じ泉質なのかな?)
質素な造りで素晴らしい!!いい感じでしょう?
でも、いきなり扉を開けたらこんな感じなので、外から見えちゃいそうで安心できません。
b0007421_20322759.jpg

何かと用心深い感想になりましたが、見学だけはしっかりして参りました!ってことで。

魅力的な地獄温泉です。ちょっとお湯を浴びただけという感じだったので、是非いつか宿泊してリベンジしたいのです。宿泊してじっくり温泉を感じたいと思います。
そんなわけで、この近辺に来たなら、2泊は必須なのですよ!!
でも、温泉がありすぎて、ひとつの宿に1泊だけでも満喫できるのかというのも、疑問ですけどね。

地獄温泉は山口旅館よりもっと湯治場色が強いです。
湯治棟もいくつかあって人気のようでした。さらにほのぼのとした時間が流れていました。こんなに近いのに、お湯も雰囲気も大違いです。どっちも魅力的だから困っちゃいます。

この二つの温泉の間にもう一つ宿がありました。
国民宿舎ですが廃墟のようになってしまって閉鎖されています。
でも、お湯は流れ出しているのよね??もったいないなぁ~。
そして、どんな泉質なのかなぁ~。とひどく気になるんですけど。

また行きたい、垂玉温泉!地獄温泉!!いつかきっと。
[PR]
by harumisan | 2008-09-02 20:43 | 温泉♪旅

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan