予約困難なお店

なにしろ電話が通じにくいのです。
しつこくかけ続けて、ようやく通じたのですが、お目当ての土曜日のランチは既に満席。
でもその前日の金曜の夜はまだ空いてますよ!っていうことで思わず予約。
予約日より2ヶ月前の夏の日の出来事です。

お店は白金台の「カンテサンス」です。
2月にランチで伺いましたから、再訪ということになります。
お店の雰囲気がシックなので、夜に来てみたいな~と思っていました。

なんと!通された席は個室。
2月も団体だったので個室だったのはわかるのですが、3名で個室というVIP扱い?
なぜなんだろうね~?
結局私は、個室しか経験していないので、普通のフロアーも経験したいような。

お料理は全部で13皿、最低でも3時間をかけてお楽しみいただきます。
と、サービスの方がおっしゃいます。
時間のことはな~んにも考えていなかったけど、予約時間は19時半でしたから、
早くても22時半までかかるってことです。
実際にお店を後にしたのは、23時半前だったので、平日は難しいですよね~。
しかも家が遠いとはらはらしちゃいます。
かといって日曜はお休みなので、休日ランチの予約は困難なのです。

ともあれ、珠玉のお料理のご紹介です。
3週間ほど時間がたってしまったので、詳細を忘れました・・・ご了承下さいませ。

b0007421_1153916.jpg

リエットにマッシュルームのスライスが乗っていて、きのこのパウダーが振りかけられています。 スタイリッシュですね。いきなり美味しい♪

b0007421_1171788.jpg

ポテトのスープに、ポテトと豚肉?のお焼き。
透明なスープが胃袋に浸みます。

b0007421_11103640.jpg

これは前回もいただきました。
カンテサンスのスペシャリテ、山羊乳のババロアです。濃厚なオリーブオイルがかけられています。

b0007421_11165715.jpg

お魚(さば・・・だったけ?)にグレープフルーツが乗せられてます。
グレープフルーツと合うわね~。

b0007421_1120131.jpg

これは・・・なんだっけ失念いたしました。

b0007421_1120479.jpg

小柱のタルト。これは印象的でした。デザートではないのです。
とはいえ、左から食べて下さいと指示され、どんどん右側の方が生地が厚くなりケーキっぽくなって甘さが増すのです。 

b0007421_11223315.jpg

お魚料理はさわらです。自慢の”火入れ”が見事ですね。サンマのソースが添えられています。

b0007421_11233443.jpg

お肉料理は鴨です。これも血のしたたるような絶妙な”火入れ”です。
実はメインのボリュームを落としてくださいとリクエストしました。実際はこの2倍近くの量でやってきます。皿数が多いから正解でした。

b0007421_1126721.jpg

お料理はお終いで、デザートの前の橋渡しのチーズフォンデュです。

b0007421_11284734.jpg

デザートの最初は、マール酒のソルベ。 オトナの味です!

b0007421_11292529.jpg

これはね、フレンチトーストなのです。
それ用の生地も焼いているそうです。忘れられないお味です・・・。

b0007421_11301766.jpg

チョコレートのマシュマロ。ゼラチンを極限まで少なくして作ったとおっしゃっていたような。
ぷるんしゅわっ・・と消えてゆきます。

b0007421_11313366.jpg

これもカンテサンスのスペシャリテでしょうか?前回もいただいたメレンゲのアイスクリーム。
連れの2人は初めての感触に”おぉ~”っと感嘆していました。

そうして、最後のお茶です。
b0007421_11331471.jpg

連れである、友人の彼氏くんが実は紅茶マニアでして、さすがに出された紅茶はマニア納得のものだったそうです。マーガレット茶園の春摘みのダージリン。(でしたっけね??)
添えられたお菓子は、ホワイトチョコに胡麻がまぶされたもの。


というわけで・・・・・金曜日の夜は素晴らしくもスタイリッシュなお料理と共に更けていきました。
白金台はネオンもなく夜を感じられる街であるせいか、パリにいるようでしたね♪
あたふた終電を待ちましたが、タクシーで帰っても良かったな。

ランチの時もまた食べてみたいなと思いましたが、夜に来てみてその素晴らしさを再認識。
むしろ夜が似合うお店です。前回やや慇懃に思えたサービスも、そのお料理に誇りを持っているような真摯な態度には好感持てました。

この日は残念ながら胃の調子が悪くて、お酒は控えめにしましたが、
連れの2人は、お料理に合わせたワインのおまかせコース?みたいなものにしました。
これって、デザート以前のお料理に合わせたワインをあれこれ楽しむことができるのです。
素晴らしいです!!
なんとなく値段も聞かずその方式を選んでしまったのですが、気になるお値段は結局@8000円程度と、結構お得ではありませんか?!
美味しいお料理と、それに合ったワインなんて至福この上ないですね。

ちょびっとだけのお料理が数多く出てくるコースってよくありますが、
それらの多くは、単に数が多いだけじゃないか!と思います。

でも、カンテサンスは違います。
その少ない量は、そうでないといけない美しい量として創造されているんですね。きっと。

予約はとれないし安くもないけど、また絶対行ってみたいお店です。
お金ためなきゃ・・・。(汗)
[PR]
by harumisan | 2008-11-16 11:57 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan