趣味に生きる・まいにち

「いせえびスピリチュアル合宿」  素敵なオーベルジュ

長崎
元のサイトで完全版を読む
渓谷や緑に癒された後は、・・・すっかりのんびりしちゃいましたが、 「大島」にあるオーベルジュに向かいます。 できるだけ早くチェックインして、ゆっくりしたいし、明るいうちにレイキ伝授しなくっちゃ。 渓谷から、長崎の中央部を横断という感じです。 華やかなハウステンボスの近くを通り過ぎます。(久々~!) 針尾瀬戸で、大きな橋(針尾大橋?)を通ると、目の前に「西海橋」が見えます。 橋の前に橋だなんて変だという話になったのよ。・・・と母が言ってました。 「西海橋」といえば、昔からの名所でした。渦潮でも有名。橋の形は昔ながらのクラッシックなもの。 祖父母が生きている頃家族でよく行きました。懐かしくてこみ上げるものがありました。 新しい橋を通りながら、古い橋を眺めるのもいいのかもしれません。 (この辺は写真が全然なくてごめんなさい) で、・・・この白い新しい橋は、「大島大橋」 オーベルジュのある場所は島なので、本土?から橋が架かっています。 通行料が250円かかります。
2枚目の画像
気持ちいいです! 左側の林の奥すぐにオーベルジュは位置しているのです。 すぐに左折しなくてはいけないのに、白い橋に夢中で通り過ぎてしましました。仕方ありません・・。 宿泊するのは、「オーベルジュあかだま」 草むらの中に数棟建っていて、レストランとしても営業されていますが、宿泊は1日2組だけです。 しかも1棟1部屋になっている贅沢さ。 東京近郊にこんな素敵なオーベルジュがあったら、とても予約がとれないでしょうね。 それに高くなるでしょうし。 とはいえ、あかだまさんへの予約も2ヶ月前でした。 週末土日ではなく、ちょっとはずして金土にしましたからきっとあなどれませんよ。
3枚目の画像
こちらはお隣のお部屋(棟) メゾネットになっていて広いです。 でも、カーテンがついてないので、外からのぞけちゃう。ま、外を通る人はほとんどいませんが。
4枚目の画像
こっちが私たちのお部屋です。
5枚目の画像
レストラン棟に続く道です。 オーベルジュ全体の写真を取り忘れました。 ・・・ 私たちのお部屋はこんな感じです。 ベッドはふたつなのですが、ソファーベッドがふたつあるので、4人でも泊まれますね。 天井が高いので、広さ以上に広く感じます。
6枚目の画像
7枚目の画像
窓の外はこんな風景。
8枚目の画像
こんなオーベルジュを探していたの!!って思いました。理想的じゃない?? 貸別荘のような感じでもありますね。 旅館の和室も好きなのですが、どうしても横になって怠惰に眠ってしまいがちなので、 (おかげで睡眠不足解消できるけど) こういうナチュラルでおしゃれなインテリアは落ち着きます。 気に入ったのはCDプレーヤーがあること。 リラクゼーションのCDを持ってきましたよ。自然の中でよくマッチしました。 沸かせるポットももちろんのこと、コーヒーメーカーもありました。 それに伴う、コーヒーやお茶類も豊富でした。 いつもの生活に近いというのが落ち着く一因なのかも。 嫌いな蛍光灯の明かりもないし。 バスルームも広くて快適だったし、かわいいパジャマが用意されていたのも感激です。 お風呂はバラ風呂ですよ。
9枚目の画像
1/2なので少なめですけどね。・・・・もちろん温泉ではないです。 考えてみたら、私の旅は温泉主体なので、部屋風呂で大浴場じゃないのは珍しいです。 部屋つきの温泉なんて泊まったことないしねー。 あぁ~。とっても居心地がいいセンスのあるお部屋です。 1泊といわず、数泊滞在したいわ~~。
もっと見る