「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ご近所の人シリーズ( 8 )

キケンなリストラ男

今日はキケンな男に遭遇しました。

朝からとあるの手続きの為に、とある駅に立ち寄りました。
ちょっとだけ私の前を歩く男性。30代前半くらい?ジーンズにポロシャツに
黒いショルダーバック。ラフな服装でもOKなサラリーマンのような感じです。
ごく普通の男性です。

男は、前から歩いてきた女性とすれ違いました。
すれ違いざまに、軽く女性を蹴ったのです!!

「え???」 男を目で追跡。
その後、同じ行為を2回、合計3回目撃しました。
ぶつかっているのじゃないんですねー。ちゃんと足をあげて「蹴って」いるのです。

私と同じように目撃して、後ずさりして間をあけようとする女性もいました。
蹴られた女性で、びっくりしたように振り返る人もいました。

別に、男のことをつけているわけではないんですけど、私の前にずっと男が歩いています。そして、私が立ち寄る予定のビルの中に入って行くのです。

そこは、ハローワークの入ったビルです。
(私は会社の新規採用者の雇用保険の手続きなんですけどね。)
ははん。。。男はリストラされて、腹いせであんな行為に走っているのかな?

一瞬振り返った男の目つきは、ちょっとイッチャッタように見えたんだよね。
みなさん。気をつけましょうね!!蹴るくらいならまだいいけど・・・


何はともあれ、立ち寄りすると、自宅を出るのが遅い時間でOKなので
楽ちんです~♪
[PR]
by harumisan | 2006-09-12 23:28 | ご近所の人シリーズ
b0007421_23394144.jpg

最近できた近所の花屋さん「3116 Flower via」で、花束作ってもらいました。
ご近所ブログ友達のtyolifeさんの、社内転職お祝いです。オメデト==!!
(実は、tyolifeさんは、ブログで知り合ったわけではなく、友達の友達で、たまたまご近所で
最近エキブロガーになった・・といういきさつです)

この上の階は、ギャラリー&カフェになっていてるそうです。しかも、
木梨憲武&成美夫妻のお店らしい。。(tyolifeさん談)
まだ私は入ったことが無いのですが・・・

花屋は違うみたいですが、(たぶん)木梨氏が花屋の主人と話している時に通りがかった
ことがありますよ。得した気分♪
b0007421_23433274.jpg
この花束は、緑と白のペーパーでシンプルな包装ですが、
持つところに、ローズマリーが飾られてました。なんだか憎いわね。

このあと、お祝いの宴に二人で出かけたお店2軒に関しては、後日UPいたします。ちょっとお待ちくださいね!

ちょっと愚痴ですが・・・
[PR]
by harumisan | 2005-03-28 23:54 | ご近所の人シリーズ

枯れたお姉さん

久々の「ご近所の人シリーズ」です。

朝の通勤に時に、隣の駅から乗ってくる「枯れたお姉さん」
多分40代で多分独身で、おしゃれはそれなりにしてるのだけど、
色は無彩色。
たまに花柄の模様がついていても、くすんだ色
お化粧もしているのだけど、やはり無彩色。なんだが土っぽい
枯れた感じがするのです。

とある、暇な日曜日に、ひとりで近所でも一番安いスーパーに行った時があります。
おや!おや!「枯れたおねえさん」に会ったのです。ひとりでした。
なんだかバツが悪い気がするのは、なぜなんでしょうね。

年をとって、枯れた感じになるのは当然なのでしょうけど、
「おい、おい、枯れるには未だ早いんじゃない?」って感じです。
色気というものがないんですよね。お姉さんには。

「枯れたおねえさん」にならないように気をつけようと思ってます。

謝!!
[PR]
by harumisan | 2005-03-11 11:35 | ご近所の人シリーズ
ご近所の人シリーズ  その5
過去にご紹介した「ご近所の人」の近況です。
今朝、2件のご近所さんと遭遇してしまいました。ずっとお会いしていなかったのですけど。

まず、あひるちゃん!
とエレベーターで一緒になりました。彼女は10階に住んでいる模様。
でも、雨の天気だったせいか、あひるちゃんは走りませんでした・・・

な~んだ・・と寂しく思っていたら、
板長さんとそのお弟子さんの若者に久々に再会しました!
(私の眼がキラッ☆と輝きました)
ちょっと前から、お弟子さんだけは見かけていたのですが、前の若者とは別人物みたいです。なにしろどちらも角刈りなので判別し難いものがあるんですけど(苦笑)
前の人より眉が濃く、少々脱力感がある奴です。

しかも!!今日はほとんど並んで!なごやかげに歩いているじゃないですか!!
「そんなことで師弟関係はいいのか~!」と、突っ込みたくなりました。
前のいたいけな若者は何処へ行ったのでしょう?トンズラ?昇進?

新しいお弟子さんとのほうが、人間関係がうまくいっているのでしょうか?
親方も、穏やかな顔で「ぷか~~」とタバコなぞを吹かしております。

親方のお店の人間関係が妙に気になる朝でした。
[PR]
by harumisan | 2004-11-19 14:37 | ご近所の人シリーズ
ご近所の人シリーズ その4

もう近所にいなくなってしまった、X近所の人のお話です。W書房という小さな本屋さんが有りました。ここの店主と思われるのが、50代後半?のご夫婦。
このお2人が、実に「ぶっちょう面」なんですな~。だけど決して感じが悪いわけではない。(でも、感じが良いわけでもない。)ニッコリ笑ったりもしないし、怒ったりもしない。
泣いたりもしないだろうし、大声を出したりもしなさそう。声自体をあまり聞いたこともないかもしれない。

狭い店内の入り口に、これまた狭いレジカウンターがある。
ここに、「ぶっちょう面夫婦」は、ぴっちりはめ込まれているように店番をしているのです。

お店の外でもお2人に逢ったことがあります。
9:30ごろ、私が出勤する時間に、彼らもどこからか出勤してくるのか、駅の近くですれ違います。もちろんいつもの「ぶっちょう面」で同じくらいの身長のふたりが、シャム双生児みたいに同じ歩幅で歩いています。地味な空気が回りに漂います。

いつもぴったり一緒のふたり。
「ぶっちょう面仮面」の下に、熱い愛情で結ばれているのではないかと、私は想像します。

2年くらい前だったでしょうか?W書房は閉店しました。そういえば、最期のころはご夫婦ではなく若い女性がお店に居ました。
ご病気ですか?心配です!!

狭い店ながら、近所にあると便利でした。ひどく残念に思います。近所には他に中くらいの本屋が1軒しかありません。本屋不毛地帯なのです!
[PR]
by harumisan | 2004-10-18 16:34 | ご近所の人シリーズ

和風モダンな外人さん

ご近所の人シリーズ その3
なにやら、一部の人に人気のシリーズ(笑)ご愛顧ありがとうございます。
今回の記事は、和服姿がすてきなcappuccinoさんに捧げます。

今週の台風到来も近いある雨の夕方のことです。
この方は、近所の人ではなくて、十番に遊びに来た方かもしれませんが、
おしゃれな白人の女性を駅で見かけました。

あのぉ~、和装用語がよくわからないのですが、トッパーっていうんですか?
うちの祖母や母はそう言っていたような?和服の上に着る、羽織の洋服っぽい
バージョン。四角い襟ぐりにダブルでボタンが4個くらいついている上着、
普段着っぽいものもあるいし、レインコート代わりに着るのもあると思います。
(間違ってたらごめんなさい・・・汗)

そのトッパーらしきものをその外人さんは着てらっしゃったのです!
確かグレーの縦じまだったかな?横に深くスリットが入っています。
その下が黒いカルソンだったので、実にピッタリのコーディネートでした。
(そのトッパーがわかる方でないと、理解していただけないでしょうけど・・)

であった瞬間、私の目の瞳孔は開き、瞳の中で花が咲く状態でした(笑)
「素敵ですね~~!!」って声をかけたかった。
でも、外国語しかしゃべらなかったら、・・と不安になりやめましたけど。(苦悩)

和服のトッパーじゃなくてそんな服が、もしかしたら、売っているのかもしれませんが。
懐かしい気分と、何やら得した気分でいっぱいになりました。
「外人さん、やるな~!」
b0007421_15405855.jpg
cappuccinoさんによると、「道行コート」というそうです。写真発見→
でも、着物のような袖じゃなかったような気がします・・・和服をアレンジした洋服だったのかもしれませんね。
それにしても日本の美。。。素晴らしいです。
[PR]
by harumisan | 2004-10-01 13:56 | ご近所の人シリーズ

修行の道は厳しいのだ。

ご近所の人シリーズ その2
きのうからこのシリーズを突然始めてしまいました。
ネタは2つしかないのですが(笑)見つけたら随時更新します。

板長さんとおぼしき角刈りのだんな、
それからずっと後ろを追う、やはり角刈りの若者。
築地の仕入れ帰りでしょう、竹で編んだ四角いバックを重そうに肩にかけ、
駅から登ってきます。(地下鉄なので)
この2人も週に2~3回はお見かけします。
おすし屋さんか何かでしょうか、どのお店なのかは確認できていません。
三歩下がって師の影を踏まず・・とも申します。

こわもて板長さんと、必死に追随するお弟子さんとは、
決して仲良く並んで歩いたりはしません。
修行の道の上下関係は厳しいものがあるのでしょう。

でも、最近はそんな徒弟制度も流行らないのではないでしょうか?
最近の若者は厳しさを嫌がるでしょうしね。
単なるいじわるないじめだけの修行は必要じゃないと思いますが、
伝統的な何かを伝えるのには、そんな修行の厳しい道も必要だと思うんですよね。

毎朝、「がんばれ~~若者!!」と、心の中で叫んでいます。
怖いだけじゃないすばらしい板長さんだったらいいな♪と思います。

それにしてもどこのお店なんでしょう?通勤時だから尾行する時間もないのが残念です。
でも、つきとめてお二人にお客として出会ったら、ちょっとバツが悪いような気もしますね(笑)
[PR]
by harumisan | 2004-09-30 15:43 | ご近所の人シリーズ
ご近所の人シリーズ その1
朝のマンションのエレベーターで、時々会う女性がいます。
割と可愛いめの・・どこかの若奥様かも知れません。
密かにあひるちゃんと呼んでいます。エレベーターが1階に着くと、
駅まで全速力で走って行っちゃいます。寝坊したのかな?

最近、会わないな~と思っていたら、今度は駅の近辺で後から私を
はぁはぁと追い抜いていく女性あり!あひるちゃんです。
内股気味の足と、丸いお尻を振りながら走っているので「あひるちゃん」
みたいなのです。このところ、私を追い抜くことが多いですね。
そんなに、毎日焦らなくてもぉ~。もうちょと早起きしましょうよぉ。
まったりしましょうよぉ~。

もしかして、エクササイズとして駅までの歩いて10分の距離を走ってらっしゃる
のでしょうか?毎日だと、なかなかの体力がつくと思います。見習うべきか??

そう思いつつ、今日も眠い目をこすり会社にやってきました。
[PR]
by harumisan | 2004-09-29 09:51 | ご近所の人シリーズ

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan