「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:長崎( 121 )

5月末の長崎への帰省の話を再開いたしますね。

いつものようにK子ちゃんと、海辺のリゾート「パサージュ琴海」に宿泊したかった・・・
のですが、予約が取れませんでした。
ゴルフリゾートなので、5月はゴルフシーズンなのかな?とっても残念ですemoticon-0106-crying.gif

というわけで、その手前にある(ちょっと気になっていたんだよね)
やはりゴルフリゾートの「オーシャンパレス・ホテル」に宿泊しました。

国道から、脇に入ると、海沿いの住宅地をくね~っと通ります。
途中の、ホテルに続く分かれ道からは、いい感じの木立を抜けます。
さすがにラグジュアリー感ありますねemoticon-0152-heart.gif

すぐに建物が見えます。
いいお天気の週末だったので、駐車場にはたくさんの車がありました。
(日帰り客が多いようです)

ホテルのフロントではなく、ゴルフ場のフロントでチェックインでした。

なんとなく、私だけのような気がするよ。
ゴルフしないのに、ここに泊まる人って・・・・。

多分そうでしょう。
というか、間違いないでしょう。



ホテルは、ゴルフ場の宿舎っていう感じです。
ホテルマンが、荷物持ってくれるわけでもなく、(いいんですけどねぇ~)emoticon-0145-shake.gif
鍵を渡され、お部屋に向かいます。


でも、お部屋は絶景!!ですよ。

b0007421_17265966.jpg


ゴルフ場のグリーンと、遠くの入り江が、ひとつの絵のように、
この世の風景とは思えないくらいに美しいです。

大陸からの黄砂とかいろいろが飛来しているせいで、空がもやっているのも、
幻想的に見せてくれますね。

b0007421_17265138.jpg


風景をご堪能下さいませ~♪
パサージュの「オーシャンビュー」も、たまらないけど、
このグリーンビューも悪くないですね。

b0007421_17264714.jpg



お部屋の写真はないけど、広々としていい感じです。

バスルームもとっても使いやすい仕様でした。 (バスルーム・チェックは大事よね)
シャワーがボックスの中じゃなくて、洗い場みたいになっているのが日本人には嬉しいはず。

でも、配水管の点検のため、今晩9時以降はお湯が出ないそうです・・・。
それって・・・・・emoticon-0114-dull.gif

こちらはディナーに期待できなそうなので、外のレストランを予約しています。
9時までに戻るのは無理です。

でも、帰ってきたら、お湯・・・・・出ましたよ。
溜まっている分が出たのかな?と(ヨーロッパみたいに?)と思い、
大急ぎで身体を洗ったりしましたが、結果大丈夫みたいでした・・・。なぜ?

b0007421_17265521.jpg



ともあれ、ホテルの厚いサービスはないけど、いいお部屋でした。
なにせ、1泊朝食付きで一人6,500円は格安でしょ?

翌朝のご飯のとき、出会うお客様は、韓国の方ばかりでした。


ゴルフをしない私たちですが、
ゴルフ好きレディーズという「妄想」ごっこをして、盛り上がりましたemoticon-0115-inlove.gif
主に演じていたのは、私です。


女優の才能あるかも!emoticon-0136-giggle.gif



この日のディナーの話は、この次に書きますね。
[PR]
by harumisan | 2013-06-12 17:56 | 長崎
すっかりブログを放置していました(汗)

先日1週間ほど、長崎に帰省していました。
また長崎の事など書いていきますね♪

それにしても、5月下旬というのに長崎は暑かったです。
湿度が高いので、太陽が出ると酷い暑さになって・・グロッキーでした。
帰省前日に食あたりなのか胃を壊してまして、
そのまんま、暑かったのでビールをぐびぐび飲んだり、
ご馳走をたくさんいただいてしまって、これもいけませんでしたね。

東京に戻る前日に、近所の有名観光地「大浦天主堂(国宝)」を訪れてみました。

b0007421_18251065.jpg


これぞ、長崎って感じでしょ?
拝観料を払って中に入るのは久々でした。

内部は撮影禁止なので、外部からの写真しかありません。

b0007421_182566.jpg

b0007421_18251640.jpg


礼拝堂に座って、録音された案内を聴いていました。
下に転載したのは、大浦天主堂の公式HPからです。


日本は当時まだ禁教令下にありましましたが、
フランス人のために1864年(元冶元年)大浦天主堂が完成しました。

翌年1865年2月17日、ジラール教区長により天主堂は
「日本26聖人殉教者天主堂」と命名、献堂されました。

それから一ヶ月後の3月17日、当時「フランス寺」と呼ばれていた天主堂に、
珍しい西洋風の建物を一目見ようと、見物人が大勢来ていましたが、
その客にまぎれて、浦上の隠れキリシタンたちがやって来ました。

そして聖堂内で祈るプチジャン神父に近づき、「ワタシノムネ、アナタトオナジ」、
つまり、私たちもあなたと同じ信仰をもっています、とささやいて信仰告白した後、
「サンタ・マリアの御像はどこ?」と尋ねました。

そこで、プチジャン神父は大喜びで彼らをマリア像の前に導いたのです。
こうして、プチジャン神父によってキリスト信者が発見されました。

その後、五島、外海、神の島など長崎県の各地から、
また、遠くは福岡県の今村からまでも、うわさを聞きつけたキリシタンたちが名乗りをあげにやってきたと言われています。


b0007421_1839222.jpg


こちらが礼拝堂の中のマリア像(HPからお借りしました)
優しく可愛らしいマリア様ですね。

私は、何故だか録音した案内を聴いて、勘違いしていました。
隠れキリシタンたちが、マリア像の前に来たとき、そのマリア像が、そう語りかけたのだと思ってました。
・・・「ワタシノムネ、アナタトオナジ」

いずれにしても感動的なお話です。

b0007421_18251397.jpg


b0007421_18452885.jpg


上の写真もHPからお借りしています。
素朴で美しいゴシック様式の内部です。

私はクリスチャンではありませんが、この近くにある、カトリックの幼稚園に通いました。
年に2回はミサで、大浦天主堂を使用していたことを覚えています。

ただ、怖いイメージがありました・・・。

今はもうないのですが、礼拝堂の壁という壁に、
磔になって殉教の大きな絵が(たぶん二十六聖人の殉教の)掛けられていたんです。

子供心に・・・・恐怖でした。
無理もありませんよね。


もう今は掛けられていませんので、ご安心下さいね。
[PR]
by harumisan | 2013-06-01 18:52 | 長崎
久々の更新です。
しかもお正月の長崎の記事を書こうと思っています。
季節外れでごめんなさい~。
せっかく写真を撮ったので、記録のためにもUPいたしますね。

お正月に、西海橋のコラソンホテルに宿泊した後、佐世保の方に向かいました。
そして九十九島観光をしました。
長崎と佐世保は文化圏が違っていて、今は高速があるからさほどではないけど、
以前はとっても遠いイメージがありました。

長崎人として生まれたのですが、九十九島観光は初めてでした。
両親がなかなかいいよ♪と言っていたので、一緒に観光しました。船に乗るのは大好きです!

まず、赤い海賊船の観光船に乗ります。
右側の白髪のおじぃーさまは、父です。

b0007421_2040416.jpg


1月の初めだったので、いくら南の長崎とはいえとって~も寒かったです。
暖房の効いたエリアもあるのですが、そこに閉じこもっていてももったいないので
カメラを持って、寒風の中写真撮影!!

美しい西海の風景をお楽しみくださいね~♪

b0007421_20303849.jpg


b0007421_20323744.jpg


b0007421_20305984.jpg


b0007421_20312066.jpg


b0007421_2032118.jpg


b0007421_2032926.jpg


b0007421_20321942.jpg


b0007421_2032146.jpg


美しかったです!!
でも真冬にはちょっとつらい・・・・。
もっと気候のいい時期の観光が皆様にはおすすめです。

さて、お昼御飯を食べるために、一転して海から山へ登りました。
「弓張岳」です。ここに「弓張ヶ丘ホテル」があります。こちらも両親のお勧め。

このホテルは昔からあって、「弓張観光ホテル」って言っていたような気がしますよ。
下の方から眺めると、山のてっぺんに位置しています。

お昼はちょうど「カレーフェア」をやっていたので、カレーをいただきました。
時期的に「お節に飽きたらカレー」ってことかな。

b0007421_20322471.jpg


南欧風の建物にリニューアルしていていい感じのホテルです。
眼下に先ほどの、九十九島が見えますね。

b0007421_20322887.jpg


こちらは、「佐世保重工業」が見えます。

このホテルには温泉もあります。
当初の予定にはなかったのですが、船で冷えた身体をあたためるため入浴しました。
結果、ぴったりのコースになっちゃって満足です。

温泉からもこのような絶景が眺められます。

b0007421_20323287.jpg


佐世保を満喫しちゃいました。
[PR]
by harumisan | 2013-04-09 15:57 | 長崎

長崎諏訪神社の秘密

ご無沙汰してしまっています。
しかも今頃、お正月の長崎帰省のことを書こうと思っています。
お付き合い下さいませね。

初詣は、実家近くの神社にお参りしましたが、
やっぱり、こっちにもお参りしておきたい!! ということで
「長崎諏訪神社」東京に戻る日にお参りしてきました。

b0007421_934156.jpg



さすがに1月も6日ですから、屋台がまったくありません。
私が好きな「梅が枝もち」にも出会えないのです(残念)

b0007421_934770.jpg


人が少ないので、初めての発見がいっぱい!!
初詣以外にも訪れていたのに、何故気づかなかったのでしょうか?

写真は無いけど、山門の前に「祓い社」がありました。
お参りする前に、不要なものを祓う場所です。(存在を知らなかった)

それから、拝殿のすぐ裏にこんな場所が!

b0007421_9343673.jpg


「神池」 滑り台みたいな形の水が流れる場所があります。

b0007421_9451193.jpg


こちらは狛犬がおり、「止めごと」に効くそうです。


受験に合格するように
タバコを止められる様に
借金がなくなるように
・・・

(この記事を書くまで、池が止めごとに効くと思ってました・・・
池は、清める場所なのでしょうね。立ち入り禁止です)

初詣で訪れる時は、特にこのあたりは人出もすごく、わからなかったのでしょうね。
それにしても、昨今のパワースポットブームなのか、昔より神社にちゃんとお参りされる方が
増えてきたように思います。


それから、今回どうしても訪れたかったのは、
諏訪神社の脇にある公園です。「長崎公園」と言います。

子供の頃も、お参りした後、必ずこの公園に流れていました。
このルートのほうが人が少ないというのもありますね。

この公園が、子供心になんか不思議に思っていました。
公園にしては、作りが不自然なのです。

そうしたら、年末年始の長崎のケーブルテレビでの再放送で
「長崎ぶらぶら歩き」みたいな、かなり面白い番組にはまってしまいました。

長崎は、ご存知の通り歴史がある場所です。
今は、普通の町並みになった中に、過去の歴史を掘り起こして散歩する番組なのです。

とって~~~もいい番組!!


その中で、 この「長崎公園」は、江戸時代まで「安禅寺」という徳川家のお寺だったらしいことが
判明しました!! 

これは腑に落ちました。なんとなく納得なのです。

そして、公園のあちこちに今は古くて朽ちた石段があったり・・・
立ち入り禁止になってます(写真撮り忘れて残念)
なぞの古墳のような大きな石が置かれている場所や、
不思議なポイントがいくつか、・・・

明治時代に、「廃仏毀釈」でこのお寺はなくなりましたが、
こちらのお寺のみは、残っていたのです!!

b0007421_9351451.jpg


「東照宮」!!

なんか・・・私はこちらのお寺に縁がないのか、写真を撮っても撮っても、ピントが合わず
苦労しましたよ。


長崎に、徳川とか、東照宮とかって、なんとなくぴんとこないです。
長崎は、「天領」で、徳川のコントロールから自由だった感じがするのですもの。

そして、むかしからなんか不自然に思っていた、この文様を改めてみて
びっくり!!

b0007421_935778.jpg



葵の御紋!!



この歴史散歩の後、中通りにあるトンカツ屋「文治郎」にて
こんなものをいただきました。
とっても美味しかった。以前TV番組で観て気になっていたのです。

b0007421_935311.jpg

[PR]
by harumisan | 2013-03-03 10:22 | 長崎

シース!!

水辺の森散歩の後、別れた妹夫婦は、母の指示によりケーキを買って帰ってきました。

b0007421_20433073.jpg


長崎人ならご存知、「梅月堂」のシース です。 壮観!!

なぜにシースというのか、私は知りませんし、
長崎だけでしか存在しないのです。

福岡人の妹の旦那さんは、「???」だったらしいのですが、
後に並んだご婦人も、「シース4個下さい」というオーダーを聞いて、
人気振りを納得したらしいです。

ものすごく久々にいただきました。
生クリームがあっさりしていて、軽いお味です。

美味しいです。シース♪
早くも恋しいですよ。
[PR]
by harumisan | 2013-01-13 20:50 | 長崎

長崎の海風に浄化される

お正月の長崎の話の続きを書きますね。

ほっとくと、家の中で典型的なお正月生活をしてしまいそうなので、
(今回、お正月太りしている人多かったですねー。風邪引いちゃった人とか・・・)
昼過ぎに、近所への散歩を決心して、着替えて、化粧をします。
(準備するのが時間かかって大変なのですが)

b0007421_11144722.jpg


近所のお気に入りの公園 「水辺の森公園」 
10年前は海でした。埋め立てられて公園になり、美術館ができたり、埠頭ができたりしました。

都会で溜まったストレスも、ここを散歩したら、いっぺんで解消できます。

b0007421_1121975.jpg


b0007421_11324199.jpg


耳がちぎれるほどの寒風が吹いていましたが、平気、平気。
自分の中の要らないエネルギーが吹き飛ばされる感じです。

b0007421_11223199.jpg


ちょうど、五島からの船が戻ってきました。
いつも入港するときに、汽笛を鳴らします。実家にいてもそれが聞こえます。
それが重厚でいい音なんですよ。

b0007421_11235641.jpg



福岡に住む妹夫婦と散歩していたのですが、
出島ワーフで、コーヒーブレイクの後別れて、
私は美術館でやっている、無料の写真展を鑑賞いたしました。

新年にぴったりのめでたい展覧会とは決して言えないですが、
美術館の空間の空気感を楽しみました。

b0007421_1133059.jpg


b0007421_11331114.jpg

[PR]
by harumisan | 2013-01-12 11:35 | 長崎
あけましておめでとうございます。
長崎でお正月を過ごしています。

元旦は、ずっと家の中に閉じこもっていました。
2日目は、近所の多分、うぶすな神社である「大浦諏訪神社」に初詣にでかけました。
写真で見ると、実に古式ゆかしい趣ですねぇ。

b0007421_20422636.jpg

b0007421_20422673.jpg


近くに国宝大浦天主堂もありますね。
この日はあまり天気が良くなかったですが、12時くらいです。

b0007421_20422666.jpg


その後、駅前のシネコンで「ホビット」を鑑賞。すごい迫力!!
人の憎しみがパワーになるのも、いかがなものか。
善と悪の二元性を際だたせるのも、いかがなものか。。。。と思うのですがね。


その後、初めて私が働いた場所を訪れて見ました。何故だかね。
あまりに昔過ぎて、懐かしさを通り越していました。
記憶の彼方って言う感じかな。

近くにある、美しい中町教会は変わっていませんでした。
その頃もほとんど入ったことはないのですが、
今回は入ってみました。その静けさに涙が出てしまいました。

b0007421_20422653.jpg

b0007421_20422692.jpg


神社に行ったり、教会に行ったり、長崎らしいお正月でしょう?
[PR]
by harumisan | 2013-01-03 21:09 | 長崎
優雅で美味しいディナーの後、少々夜のお散歩。
いつもご一緒するK子ちゃんは、親戚の初盆のため、ディナーだけで宿泊せず
帰ってしまいます。

このホテルのメインの施設は、海越えのコースもあるゴルフ場です。
まぁ、私たちはゴルフはいたしませんので・・・
他には、屋内プール、プライベートビーチ、テニスコート、ハーブ園、
水着着用のスパなどがあります。

まだスパを楽しんだことが無かったので、水着を借りて、
チェックアウト後すぐに、旅の疲れを癒すべく利用しちゃいました。
プールは子供たちで賑わっていましたが、スパは貸切♪

b0007421_19391141.jpg


b0007421_19441876.jpg


お部屋からこの外階段を通って、スパやプールに行けます。
なんだか東南アジアのリゾートにいるみたい。

b0007421_19394916.jpg


裏のほうには知らなかったけどこんなギリシャ風?の滝がありました。
b0007421_19443360.jpg


b0007421_19453010.jpg


翌朝、7時くらい。雷雨です。お部屋のテラスからの風景。
都会と違って、ごろごろ・・・という音がすざましいです。
個人的には雷って好きなんです。その激しい自然現象にわくわくしてしまいます。

b0007421_19455334.jpg

お部屋のバスルームからの風景。 海を見ながらお風呂に入ることができるのです。

b0007421_19461010.jpg

b0007421_19462690.jpg


天気は良くないけど、こんな墨絵のような風景も悪くないですね。
とっても美しいでしょう?
[PR]
by harumisan | 2012-09-06 20:04 | 長崎
長崎に帰省の際に訪れた「パサージュ琴海」
今年も素晴らしいひと時を過ごしました。
宿泊は一人だったのですが、それでも充実した時間でした。
気ままにできて楽しくて、もうここに住んじゃいたい!!って思いました。

b0007421_215371.jpg


お楽しみのディナーの写真をご披露しますね。
ちなみに、去年の記事はこちらです。
嬉しいことに、お盆時期で客が多かったせいか、海が見える広い部屋でディナーをとることが
できました。(普通は結婚式に使ったりするようです)
去年は穴倉風のレストランでした。明るいうちはこの絶景が見たいですよね。
b0007421_2154466.jpg

b0007421_21542154.jpg

アミューズは、貝のなんとか・・・です。(持ち帰ったメニューに書かれていないので不明です)
b0007421_21543820.jpg

紅鱒のコリアンダー風味マリネに季節の野菜を添えて (色合いが美しいです・・・)
b0007421_21551048.jpg

活オマール海老のコンソメゼリーに南瓜の冷製スープ
冬瓜とマンゴーのサラダ添え   (マンゴーっていうのが素敵よね)
b0007421_21552565.jpg

長崎産鰹の燻製にチーズのスフレとガーリックチップ
生姜のガストリックソースで
b0007421_21561019.jpg

壱岐牛イチボ肉をレアにローストして
山葵のヴィネグレットにタバスコのアクセント (イチボ肉というのはランプ肉のことです)
b0007421_21563147.jpg

デザートはワゴンサービスです。
b0007421_21565042.jpg

ちょっとだけでいいです。見るだけで満足。 
でも、この他にアイスとシャーベットもいただいいます(笑)
b0007421_21571231.jpg


相当お腹いっぱいになっているのですが、プチフールもやってくるのだった。
そうだった。忘れていました。頑張って食べました。
ハーブティは外にハーブ園がありますから、絶品のお味です。
b0007421_21572858.jpg

b0007421_21574369.jpg



素晴らしかったです・・・・
長崎でたぶん一番・・東京でも私の行動範囲の中では最高なのではないかと思います。
このロケーションもいいのよね。きっと。

また伺います。
その日がとても楽しみです♪
[PR]
by harumisan | 2012-09-04 21:59 | 長崎

大物の船

長崎精霊流しの話が途中でした。最後の1本です。

かつがれる船の数を見ていると、もうあまり個人で船を出す人は少なくなったのだなと
思うのですが、目玉は大物の船ですね。
長崎の政財界の船は必ず出されます。どれもこれも大きくて立派ですよ。

まず、政治家の西岡武夫さんの船。
私の実家から近い場所に西岡さんの実家もあります。
通りがかったら、ちょうど出発する頃でした。
b0007421_20295029.jpg

船は3連か4連で、担ぐ人の衣装も綺麗にそろっていて美しいです。
爆竹を鳴らすこともなく、実に厳かでしたよ。
b0007421_2030670.jpg


b0007421_20405128.jpg

こちらは、「石丸文行堂」という大手有名文房具店の会長さん?の船です。
同じ時期に奥様も亡くなられたようですね。

b0007421_20411131.jpg

松藤グループ、ガソリンスタンドやレジャー開発の会社の会長さんです。

b0007421_20314179.jpg

こちらも大きいので企業の船です。

写真はないですが、落語家の談志さんの船も出されたのですよ。長崎出身の方ではないのですが、
熱心なファンの方が出しました。娘さんが参加されていたようです。


立派な船を出してもらって長崎人冥利に尽きますね。
[PR]
by harumisan | 2012-09-01 21:56 | 長崎

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan