カテゴリ:長崎( 121 )

渓谷や緑に癒された後は、・・・すっかりのんびりしちゃいましたが、
「大島」にあるオーベルジュに向かいます。
できるだけ早くチェックインして、ゆっくりしたいし、明るいうちにレイキ伝授しなくっちゃ。

渓谷から、長崎の中央部を横断という感じです。
華やかなハウステンボスの近くを通り過ぎます。(久々~!)

針尾瀬戸で、大きな橋(針尾大橋?)を通ると、目の前に「西海橋」が見えます。
橋の前に橋だなんて変だという話になったのよ。・・・と母が言ってました。
「西海橋」といえば、昔からの名所でした。渦潮でも有名。橋の形は昔ながらのクラッシックなもの。
祖父母が生きている頃家族でよく行きました。懐かしくてこみ上げるものがありました。
新しい橋を通りながら、古い橋を眺めるのもいいのかもしれません。
(この辺は写真が全然なくてごめんなさい)

で、・・・この白い新しい橋は、「大島大橋」
オーベルジュのある場所は島なので、本土?から橋が架かっています。
通行料が250円かかります。
b0007421_9561654.jpg

b0007421_9565221.jpg

気持ちいいです!

左側の林の奥すぐにオーベルジュは位置しているのです。
すぐに左折しなくてはいけないのに、白い橋に夢中で通り過ぎてしましました。仕方ありません・・。

宿泊するのは、「オーベルジュあかだま」
草むらの中に数棟建っていて、レストランとしても営業されていますが、宿泊は1日2組だけです。
しかも1棟1部屋になっている贅沢さ。
東京近郊にこんな素敵なオーベルジュがあったら、とても予約がとれないでしょうね。
それに高くなるでしょうし。 とはいえ、あかだまさんへの予約も2ヶ月前でした。
週末土日ではなく、ちょっとはずして金土にしましたからきっとあなどれませんよ。
b0007421_103334.jpg

こちらはお隣のお部屋(棟) メゾネットになっていて広いです。
でも、カーテンがついてないので、外からのぞけちゃう。ま、外を通る人はほとんどいませんが。
b0007421_1033351.jpg

こっちが私たちのお部屋です。
b0007421_104430.jpg

レストラン棟に続く道です。
オーベルジュ全体の写真を取り忘れました。 ・・・

私たちのお部屋はこんな感じです。
ベッドはふたつなのですが、ソファーベッドがふたつあるので、4人でも泊まれますね。
天井が高いので、広さ以上に広く感じます。
b0007421_1012661.jpg

b0007421_1029681.jpg

窓の外はこんな風景。
b0007421_10132964.jpg


こんなオーベルジュを探していたの!!って思いました。理想的じゃない??
貸別荘のような感じでもありますね。
旅館の和室も好きなのですが、どうしても横になって怠惰に眠ってしまいがちなので、
(おかげで睡眠不足解消できるけど) こういうナチュラルでおしゃれなインテリアは落ち着きます。

気に入ったのはCDプレーヤーがあること。
リラクゼーションのCDを持ってきましたよ。自然の中でよくマッチしました。
沸かせるポットももちろんのこと、コーヒーメーカーもありました。
それに伴う、コーヒーやお茶類も豊富でした。

いつもの生活に近いというのが落ち着く一因なのかも。
嫌いな蛍光灯の明かりもないし。

バスルームも広くて快適だったし、かわいいパジャマが用意されていたのも感激です。
お風呂はバラ風呂ですよ。
b0007421_1018561.jpg

1/2なので少なめですけどね。・・・・もちろん温泉ではないです。
考えてみたら、私の旅は温泉主体なので、部屋風呂で大浴場じゃないのは珍しいです。
部屋つきの温泉なんて泊まったことないしねー。

あぁ~。とっても居心地がいいセンスのあるお部屋です。
1泊といわず、数泊滞在したいわ~~。
[PR]
by harumisan | 2009-09-19 10:32 | 長崎
翌日はK子ちゃんと1泊旅行にでかけました。
題して「いせえびスピリチュアル合宿」!!
どうしてそんな名前かって?? 

まず、1泊旅行を決めたのは、K子ちゃんにレイキを伝授するため。
伝授するときは他の人に見られてはだめ、太陽がでているときでないとだめ。
というシバリがあるので。どうせなら旅行しちゃいましょう。ってことになりました。

前から行ってみたかったオーベルジュに宿泊を決めたのですが、
そこは「いせえび」料理が自慢らしく♪ 豪華なディナーになりそうなのです。

****************************************************************
そのオーベルジュに行く前に、ちょっと寄り道。
渓谷に寄ることにしました。
「千綿渓谷 竜頭泉」 
高速を「東そのぎIC」で降りて、山の方に向かいすぐです。(道を間違えて迷っちゃいましたが)
初めてですが、そういえば聞いたことがある地名だな~って言う感じです。
あまり前情報もわからぬまま来てしまいました。
b0007421_1221111.jpg

「玉すだれの滝」 赤い岩肌が怪しげですね。
実は車の中から写しました。

途中で、腹時計が鳴って、お昼ご飯と相成りました。
感じのいい木造家屋がおそば屋になっているようです。
b0007421_125229.jpg

「風水庵」という名前です。
b0007421_1254324.jpg

このお店から遠くに滝が見えます。癒されますね。
b0007421_1265381.jpg

なかなか写真では滝の美しさが表現されないですね・・・。

私は「大エビ天そば」をいただきました。 おつゆは冷たくしていただきました。
b0007421_12243859.jpg

おそばだけでは足りなかったんですもの~。

仙人のようなおじさんが、一生懸命打ってくれたおそば。うちたてです。
b0007421_1226105.jpg


時間を忘れて長い昼食を終えた後、車でもっと上の方まで行ってみました。
車道のどん詰まりに駐車場がありました。
ここから渓谷も望めましたが、水量が少ないように見えました。あまり美しくない。
でも、山々は圧倒的に美しいです。
b0007421_12285948.jpg


あまり渓谷の写真が撮れませんでした・・・。
そばを食べに来ただけのような??
たぶん、ここで車を駐めて、渓谷に降りていけば良かったんでしょうね~。
でも、暑くていまいち歩く気になれず・・・。

この駐車場に「そうめん流し」もあり、(ここで食事も良かったね。懐かしいよ)
売店で、アイスキャンディーを買って立ったまんま囓りました。
お腹が冷えるので普通は食べませんが、あぁぁ~夏を感じますね~。

さて、渓谷美についてはこちらのリンク先をごらんください。
「千綿渓谷の滝」
こちらにも水量は少ないって書かれていますね。 大雨の後がいいのでしょうか?それか何か地形に変化があったのでしょうか? 淵の色は緑でミステリアスですね。

こちらのサイトは、水量が豊かです。これだけ激しいと壮観ですね。
「長崎観光ガイド 千綿渓谷 竜頭泉」
こちらを読むと大雨の後って書かれています。やっぱり!
[PR]
by harumisan | 2009-09-13 12:51 | 長崎

眼鏡橋のほとりで@長崎

長崎の話始まります♪

8月20日に長崎に帰省しました。
昼間は、TVでやっていたビリー・ワイルダーの映画に思わずはまったり、
その後お昼寝。(映画にはまったのでなかなかお昼寝できなかった)

夜は早速K子ちゃんと約束。
眼鏡橋です。家からそんなに遠くないのに、このあたりにやってくるのは何年ぶりだろう?
b0007421_21342234.jpg

有名な観光地なだけあって、さすがにフォトジェニックですね。
夕方6時過ぎですが、平日のせいかさほど人通りがありません。
b0007421_21344381.jpg

この付近にやってきた訳は、
眼鏡橋のほとりにある素敵なヒーリングショップのイベントに参加するためです。
K子ちゃんは何度かワークショップに参加しているみたい。
b0007421_2138057.jpg

お店には、エッセンシャルオイルや、オーガニックコスメ、パワーストーン、ハーブティなど
癒し系グッズがいっぱいです。
今日は、奇しくも新月でありまして、お店の奥で「新月の瞑想会」があるのです。
ちょうど、帰省中に参加することができてラッキーです。(瞑想大好き!)

顔なじみの参加者が多いらしく、アットホームなイベントでした。
きれいで素敵な店主さんに逢えるのも楽しみのひとつ。
長崎にこのようなお店があるのもびっくりだったし、路面店を経営しているなんてすごいと思います!
長崎のみんなをよろしくお願いします♪って気分です。おこがましいですけどね。

さて、イベントの後に晩ご飯。
私はもう長崎の飲食店なんて知らないので、K子ちゃん頼み。
「いつき」(樹・・かな?)という鉄板焼きのお店に行きました。

あ~~!!このお店! 以前は今と違った場所にあったわよね。
その当時の私にとっては大人っぽいお店で、とっても美味しかったのを覚えています。
「鉄板焼きハンバーグ定食」を注文しました。
b0007421_21445868.jpg

最初にホタテ焼きがやってきます。
(昔はこのおいしさに感動したのですが、・・・今回は普通でした)
いろんなタレでハンバーグをいただけるのが嬉しいです。
b0007421_21464557.jpg

シンプルで美味しかったです♪
[PR]
by harumisan | 2009-09-10 21:47 | 長崎

雲仙は涼しいよ

b0007421_10444567.jpg

雲仙の普賢岳です。標高1000メートルですからね。さわやかに涼しいです。かつて大噴火がありました。
[PR]
by harumisan | 2009-08-25 10:44 | 長崎

海のそばにいます

b0007421_1120819.jpg

崎戸にいます。あいにく曇りですが、絶景!
湿気すごいです。
[PR]
by harumisan | 2009-08-22 11:20 | 長崎
b0007421_2242889.jpg

待ち遠しかった遅い夏休みで、26日まで長崎に帰省中です。昨日までは疲れ気味でしたが、帰ったとたん穏やかな土地エネルギーに癒されました♪
明日は1泊でオーベルジュへの旅にK子ちゃんとでかけます。
写真は怪しく写ってますが夜の眼鏡橋です。
[PR]
by harumisan | 2009-08-20 22:42 | 長崎

長崎・出島散歩

GWの長崎のお話がとぎれとぎれですが、これで最後です。

江戸時代鎖国時代でも、長崎は世界に門戸を(ちょっとだけ)開いていました。
ってことは周知の事実ですよね。
長崎の「出島」がそのころの外人さんの居留地でした。
もう10年前くらいになるでしょうか。埋め立てのために場所は少々違っていますが
近い場所に復元されました。

有料だってこともあって、まだ訪れたことがなかったのです。(笑)
初めて訪れてみました。
帰省中もせっせと試験勉強をして引きこもっていた日に、
「せっかくだから、もっと長崎も感じてみらんば!」という夕方のお散歩です。

海辺の森公園を散策して、美術館のスーベニア・ショップをのぞいて・・・出島です。
b0007421_129734.jpg


倉庫の写真はつまらないので写真を撮っていません。
なんといっても素敵なのは、オランダ人などが居留した住居がおしゃれなのです。
建物や建具は日本風のものなのですが、壁紙は「唐紙」を使っていまして実にモダン。
奥に、畳にベッドの間があります。
b0007421_12124093.jpg

和洋折衷という双方の良さを生かしたインテリアが私の好みですね~。
すっきり気持ちよく生活しやすそうに感じます。
b0007421_1219225.jpg

b0007421_1214624.jpg

豪華な食事会ができるように、こんなゴージャスなお部屋もあります。
b0007421_12194621.jpg

b0007421_12143766.jpg

長崎らしいおだやかで元気のある5月のある日でした。
写真からも伝わってきますね。(少なくとも私には)
b0007421_12205766.jpg

b0007421_12211114.jpg

長崎という場所は、・・・今回特に強く感じたのですが、波動が半端ではないなと。
開放的で穏やかなパワーに包まれました。 長崎もまた選ばれし場所らしいですね。
こうやって散歩しながら、まるで夢の中を歩いているような心地よさを感じたのです。
でも、夢ではないのです。

その後中華街を経て、自宅に歩いて帰りました。
長崎の中華街はほんとに狭いんですよ~。でも独特の雰囲気に観光客が集まってます。
私も大好きです。
b0007421_12312634.jpg

b0007421_12314443.jpg

[PR]
by harumisan | 2009-07-05 12:35 | 長崎

石段と猫@長崎

長崎滞在の最終日はお墓参りに行きました。欠かせませんね。
うちのお墓は観光地の真ん中にあるのですが、観光地を通る道と、そうでない道があります。
今回はお土産用にスーパーで「ちゃんぽん生めん」(東京じゃ手に入らない)「液状ちゃんぽんスープ」
を買うために、観光地でない道を通りました。(さすがにおいしかったよ!)

長崎らしい石段が続きます。
b0007421_220484.jpg

うちは長崎では珍しく平地に住んでいるのですが、
こういう石段をいっぱい上らなければいけない場所に家は存在します。
結構住民が高齢化しているので問題になっていたりします。
b0007421_2225676.jpg

お墓参りの後、お寺の事務所の前を通ったら、・・・・こんな感じ
b0007421_2241846.jpg

カメラを向けだら、どやどや動き出しました。
住職は猫好きなのかな?
[PR]
by harumisan | 2009-06-24 22:07 | 長崎

温泉と懐石料理 その2

平谷温泉の懐石料理屋はず~っと前から気になっていたのですが、
先に両親が訪れたらしいです。
ランチと夜は同じ値段で、安いほうのコースは3000円か3500円(どっちか失念)
なのです。ランチだったら割高に感じますね。
b0007421_12264814.jpg

山奥ですね~。
素敵な温泉と美味しいご飯のカップリングという趣向はとってもうれしいですね。
b0007421_1228183.jpg

「落柿」というお店の名前です。
お店まで緑深い通路を歩いて入り口にたどり着きます。
b0007421_12301673.jpg


席からの風景も緑!です。
GWはまるで梅雨のようによく雨が降っていましたら、雨にぬれた緑も乙なものですね。
b0007421_12314619.jpg


さてお料理は懐石料理なので、少ない量のお料理がきれいに盛り付けられて出てくるのですが、
いったいどれがどれだったのか覚えていません。
でも、もちろんどれもこれもとっても美味しかったんですよ~。
b0007421_1235347.jpg

写真がぶれていてごめんなさい。暗めの場所に弱い私のデジカメです。
b0007421_12422512.jpg

お刺身が新鮮で感動しました!山奥ではありますが海からさほど遠くないのです。
東京あたりでたべるより美味しいのです。九州って素敵ね♪
b0007421_12353589.jpg

b0007421_12355670.jpg

b0007421_12452591.jpg

最後のあたりでお肉が出てきます。 炭火焼和牛なのですが、口の中でとろけてしまいました。
お年寄りでも大丈夫です。
b0007421_12475649.jpg

b0007421_12481927.jpg

暖かいたぬきそばです。 なぜかこれだけ味が濃くてこの余韻でもって次のごはんがいただけた
ほどです。
b0007421_12513457.jpg

量が少なかったのでさすがの私もお代わりしました。
b0007421_12591717.jpg

というわけで、プリン的な和風デザートで締めくくりです。
しっとりと静かな時間の中でのお食事でした。
b0007421_12594210.jpg

[PR]
by harumisan | 2009-06-21 13:04 | 長崎

温泉と懐石料理 その1

GWの長崎の話をしなくっちゃね。

いつも帰省すると両親との温泉旅行が常ですが、
今回はGWで混むので、日帰りとなりました。

向かった先は今回で3度目、長崎じゃなくて佐賀県なんですけどね。

「平谷温泉 山吹の湯」
GWなのにそんなに混んでいませんでした。
b0007421_20513536.jpg

過去の訪問もご参考までに。
1回目の訪問 (混んでいて入浴はしませんでした)
2回目の訪問

やけに両親が、「ここは貸切風呂があるぞ」としきりに言って入りたさそうだったので、
貸切風呂に入ることにしました。
3人で予約しようとしたのですが、2名までなんですって。
(もちろん先に父に入ってもらって、外で待っていて入れ替わろうと思っていたのよー)
父は大きいお風呂の方に行きました。

でも、確かに狭いもんね。
b0007421_2141013.jpg
 
外の緑の景色が目に美しいです。 たぶん手入れしてない自然の緑なんでしょうね。
棕櫚なんかが生えていてさすがに九州です。
b0007421_2163362.jpg

なぜか5月なのに紅葉??
貸切風呂は2つありました。

ここのお湯は単純アルカリ泉です。 湯温が低めなので加熱・・・循環。
上のほうでは寸志のみで「飲料水」汲み放題なのだから、掛け流しにしてほしいですね~。
アルカリなので本当はもっとつるつるなのではないのかしら?
雰囲気はいいのですが「温泉」としてはさほど感動がありません。

隣接して両親お勧めの「懐石料理屋」があります。
体があったまったところで美味しいご飯の時間へ突入です♪
   
[PR]
by harumisan | 2009-06-17 21:16 | 長崎

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan