<   2005年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

今日は12時間も睡眠をとってしましました。
起きたのは先ほど13時くらいです。さすがによく寝た~!
金縛り状態でとても起きあがれなかったのです。
季節の変わり目、人生の変わり目にはよく寝る。と言われてますね。
それにしても、私にとっては変わり目だらけですが・・??

2回目の転職活動ですが、
1回目と打って変わって「ストライクゾーン」の仕事のオファーばかりです。
3つ引き合いがありましたが、どれも「是非紹介して下さい!」というものばかり。どこも歩いても通えそうな場所ばかりで満足。精度が上がってきました。
もちろん、さまざまな審査を乗り越えていかないと意味がないわけですが。

【その1.E社による乃木坂の会社の紹介】
ここは、2週間以上待ったあげく、書類選考で落とされました。
返事に時間がかかるという場合は、うまくいかない方が多いですね。
以前と比べて書類選考をしっかり行うことが多いようです。
皆さんはどう思われますか?

「逢ってもらったら、私の良さがわかるのに~!」と、思わなくもないのですが、
私は厳しい書類選考に賛成です。選考に拾われると、採用への道がかなり近いものになっているはずですし、無駄足を踏まなくて済むので合理的だと思います。

かつて採用の仕事にかかわったことがあります。
「経験者」というのが基準だったのですが、人間的な興味から「未経験者」の面接をしたことろ、思った以上に魅力的な人物だったことがありました。
迷いに迷ったあげく、・・結局は「経験者」を採用しました。


【その2.A社による浜松町の会社の紹介】
ENの求人を見て自らエントリーしたら、その人材会社の担当は、前回別の会社で私をスカウトしてくれた女性でした。彼女も転職したらしいです。
私のことはしっかり覚えていただいていたようで、
「harumisanなら自信を持って推薦できます!」と、
力強い言葉をいただく。有り難いです。
社長に近い部署であることから、いきなり社長面接。(小さなベンチャーですし、社長は私と同じくらいの年配)そして、社長にも気に入られる。私のコミュニケーションスキルと、大阪の出身らしく「ぼけとつっこみ加減」をテストされるが、合格した模様。(笑)あるいは私が好みのタイプだったのか?採用寸前まで話が進む。

ところが、どんでん返し発生!!
実質上のオーナーである会長がNGを出し、ちゃぶ台をひっくり返す事態。
“4年後に上場を目指しているのだから、もっとそういったスキルをもった人物にせよ!”とかいう話だそうです。そうなると、そもそもの求人要件と内容が違ってくる。私などお呼びではない状態。
まるで、お見合い出会った二人は相思相愛なのに、突然父親が登場して「家柄が違う!」と、猛烈に反対されたような気分。それなのにあなたはお父様に従っちゃうのね!

そういわれてみると、採用寸前であったにもかかわらず、その会社で働く自分のイメージが掴みにくかったのが事実。そんな予感というのは当たるものですね。

【その3.B社による恵比寿の会社の紹介】
そんなところに、仕事の紹介だけは入ってくるので有り難いものです。
精神状態を保つために、常時二股かけたい気分なのですが、
そうはうまくいかないもので。
恵比寿の会社。今回で恵比寿にある会社を紹介されるのは3回目。決まると、バスで通うことになるのかな?近い距離ですが、電車だと恐ろしく不便な場所なのです。
こちらは書類選考待ちでございます。



どんなに途中までうまくいっていても、転職は “All or Nothing”
地道に行きましょう。てなわけで、9月はこんな感じでございました・・・
[PR]
by harumisan | 2005-09-30 15:24 | お仕事

鳴門金時~!

b0007421_1102032.jpg

急激に秋らしくなりましたね。
肌も脂でべとべとしないし・・・・何か水分か油分を添加しなくちゃ。
空気が乾燥しているから、合唱の定期公演間近!のどに注意しなきゃ!風邪にもね。今朝は、蜂蜜入りのコーヒーを飲みました。

秋の味覚!さつまいもふかして食べました。鳴門金時です。
一本が小さいのでふかしやすいです。
小腹が空いたときのおやつにもいいし、朝ご飯の代わりにも最適です。
お塩かけていただきます。ほんわか甘くて美味しいですね。
[PR]
by harumisan | 2005-09-29 11:06 | 美味しいもの☆
蓬莱の豚まんが、東急東横店で10月4日まで9月28日までだそうです。つまり今日限り!!(naruから緊急メール有り知りました。)買えるよ!!
と、Naroomのnaru嬢からの情報を得ました。食べたい・・・・・・。
「大阪うまいもの市」みたいなものが開催されている模様。

渋谷に行くことはなるべく避けているのですが、ちょうど浜田山の友人宅に遊びに行く予定
だったので、おみやげに購入を予定(もちろん、自分用にもね!)

東急の会場ではあちこちで、人気店は行列ができてます。
さて、蓬莱も人気店のハズですが・・。ようやくお店を見つけました。列は・・・・・
階段まで延びてます・・・・・・・。デパートのお姉さんに確かめると、
40分待ち!!

わたしが、「えっ??」と、顔をしかめると、
「もっと後から並ばれるよりは、今の方が早く買えますよ」ですって。

友人との約束の時間が迫っていたので、断念しましたけどね。
平日の朝の11時ですよ!
日本橋のデパートの時はこんなに並ばなかったけど・・・。
暇なときにもう一度チャレンジすべきかなぁ?

◆追記◆
naru緊急メールありがとう! みなさん、今日までだそうです。
それだと、無理ですわ。
しかも、1時間30分~2時間の待ちは当たり前だそうです。
「時は金なり!!」
通販で冷凍を買った方がいいような気がいたします。結論。
[PR]
by harumisan | 2005-09-28 12:03 | 美味しいもの☆
DAL-MATTO
お待たせしました。前回の続きです。
ご飯はまだまだありますよん。

ここは、自家製のパンも美味しいです。丸くて小さなパンが2回供されました。
オリーブオイルも一緒に出てきます。
左から産地が、トスカーナ・エミリアロマーニャ・サルジニアです。
トスカーナが一番濃い緑です。テイスティングをしてやろう!と目論んだのですが、
時悪く、ちょうどキッチンからニンニクのいい香りがしてきました!すべてがニンニク風味に思えてしまって断念。  結論、みんなそれぞれ美味しい!(笑)
b0007421_0295551.jpg

次のお皿は、「野菜のお皿」
いろんなゆで野菜が並べられていて、それぞれに軽い味が付いているところが芸が細かい。
結構野菜が多く出てくるので、ヘルシーですね。
b0007421_029095.jpg

「信州鶏と栗のパスタ」待ってました!秋らしいパスタです。
鶏のラグーみたいな感じですね。ネギや唐辛子も入っているようです。繊細で自分では作れなさそうな味。見た目より量はありました。(全体的に盛りを少なめに・・とリクエストしたのに
多く盛りすぎたことを、後で知りました。ん。美味しくて完食したけどね)
b0007421_0302081.jpg

ドキドキします!いよいよメインのお肉がやってきます。
大きなガラスのお皿にドカン!!と・・・・え??これが1人分??。
(写真では小さく見えますね)
b0007421_0304471.jpg

良かった~~。これは2人で取り分けして食べるようです。安心しました。
写真では何が何だかわかりませんが・・・。マッシュポテトが敷かれた上に
「鴨のロースト」が乗っていて、その上にお緑の野菜がたっぷりです。
私もYさんも大好きな鴨です。背のところの調理法が美味しいです
(うまく表現できないのですが)柔らかくいい焼き加減です。
頑張っていただきましたが・・・・・・・どうしても小さな一切れが食べ切れませんでした。     あ~持って帰って明日の朝食べたい!

ご飯はこれでおしまい!!つまり鴨小一切れを除いては、完食したわけです。よくやった。
食後のデザートや、飲み物は別料金です。

Yさんは、コーヒーのみ。
しかし私はデザート(のみ)をいただいてしまいました。
ほんのちょっと甘いものを口に入れたかったんですもの。これが絶品
「バナナのシャーベット」見た目は素っ気ないですけど、甘くなくて堪らない味でした。あぁ。
b0007421_0295725.jpg


お値段は、料理の他に上に書いた、コーヒー・デザート(各1)グラスワイン二人で5杯で、
ひとり当たり、@7300円程度でした。安いと思います。
日本人向きのフレッシュなイタリアンだと思います。私の好みでしたね~。
しかしいつもこんなに食べたいわけでもないので、皿の成り行きにいささかドキドキいたします。

がっつり食べたい日はいいかもしれません。
そうじゃなくても10時以降、早朝4時まではアラカルト対応できるそうです。ってたって、
遅すぎる食事ちゅーか、朝早すぎる食事ちゅーかですけどね。
ダル・マットのお店の皆様お仕事真夜中もご苦労様です。
考えただけでわたくし・・・気が遠くなりますわよ。


そうそう・・・picotさんが撮られた店内の写真(1ヶ月ほど前)と、
私が来店した時の感じが違っていました!
ほとんどが2人席になっていました。奥のテーブルのみが4人位の席で、私たちが座った、
手前の席は、4人席が真ん中ガラスで2つに区切られて2人席になっていました。
顔もいい感じに隠れました。ほとんどがカップルでした。
大勢では行けない店かも!でも、2人で行くには最適ですよ==静か。ってことかな?
いい傾向かもしれません。

言い忘れました。予約は3時間制らしいです。
私たちの場合は7時半~だったので、後ろがつかえていなかったのでのんびりできました。
[PR]
by harumisan | 2005-09-27 00:44 | 美味しいもの☆
DAL-MATTO

久々にグルメ友達のYさんと食事することになって、
picot-picotさんのブログで紹介されていた、シチリア料理の「トンマズィーノ」か西麻布のカジュアルなおまかせイタリアン「ダル・マット」どちらかにしようと迷っていました。

なんとなく創作イタリアンに興味があって「ダル・マット」を予約しました。
怖いのは、量が多いらしいと言うこと。わたくし小食です。しかも最近特にその傾向が強くなっています。まぁ、Yさんが細身にもかかわらずの大食漢(酒も飲むし)だからお任せしようかな?

お店は、西麻布1丁目の六本木通りから1本入ったところのビルの地下にひっそりとあります。
店内は非常にカジュアルで、キャパも20名くらいと狭いお店です。
b0007421_205306.jpg

お料理はコースのみで、だいたい4000円程度。
飲み物は1500円でハウスワインが白・赤飲み放題。もちろん他の飲み物やグラスワイン、
ボトルワインもあります。飲み放題のワインは白がソアベ、赤がサンジョベーゼでした。
私たちはこの二つがどうも気に入らなかった。ソアベは水っぽいイメージだし、
サンジョベーゼはYさんが苦手とする品種。
結局グラスワインで注文しました。割高ですけどね(@800円)
しかしこれが当たりだった!白はシチリアのワインで果実味が凝縮された美味しいもので、
赤は産地は忘れましたが、メルローで(だけじゃないはず)軽やかなタンニンが素晴らしかった。
満足です。

そうそう、ご飯のお話もいたします。たくさんいただきましたよ。
写真をごらんあれ。

アミューズの皿は、「燻製のさんまに自家製リコッタ添え」 
ゆで落花生と、むかごも添えられています。うっとりするほど美味しい燻製のさんまでした。
青魚が好きなもので、早くもノックアウト状態! こんな形ですが、今年お初のさんまです。
b0007421_2061275.jpg


picotさんも召し上がった「桃のパスタ」 
季節的にこれが最後くらいだそうです。 春はさくらんぼのパスタなんてのもあるそうです。
私は、柿のパスタなんていいと思うけど?どうかしら?
でも、桃をわざわざパスタにしなくても・・と思わなくもない。話の種に。。
b0007421_209335.jpg


和食のようなお皿も出ました。
右は、鰹のワイン漬け、初めての味です。真ん中はイカで、したにオクラの刻んだのが敷かれています。左は、鯵のたたき。
日本酒が欲しくなってきました。。どれもそれぞれ違った味付けでおいしいです。
でも、鯵のたたきにキュウリが入っていた。友人が苦手だと言っておいたのに。
(あらかじめ嫌いな食べ物は申告して避けてもらうシステムなのだが)
「食べられなくもないけど、わざと残しておこう」と、言ってました。怒りはしませんけどね。
ご愛敬か?
b0007421_2013081.jpg


「自家製の豚のハムの野菜添え」
いい感じの塩味でハムが美味しかったです。バゲットに挟んでもいけそうです。
ぎざぎざの緑の長いのは、「四角豆」ですって、苦みがあって美味でした。
b0007421_20103614.jpg


むむ・・・お腹に早くもたまってきたんですけどぉ・・

まだまだお料理は続きますが・・・・。その2に続きます。
harumisan完食できるか??
[PR]
by harumisan | 2005-09-25 20:21 | 美味しいもの☆
間もなく・・あと1週間もすれば、合唱の定期公演です。うぎゃ~!!
あまり記事にはしておりませんが、まじめに練習に参加して、日々精進しております。
わたくし結構ストイックです・・・。
本番は「火事場の馬鹿力」を披露しようと思っています。おほほ。

転職活動は、順調&頓挫しております。(いったい、どっちかいっ!!)
何か目新しい事が起きれば、ご報告しますね。

なにやら最近、この私の失業事件を知っているわけでもないのに、
ずっと逢ってなかった友人から連絡が来ることが多いのです。
なにか臭ったのでしょうか??君たち鼻利くね~~。
転職活動よりも、友人との旧交をあたためる日々と言ってもいいかな?


え~~と、台風のせいか今日は雨が降っていますが、
picotさんへの、トラバネタを仕込みに、1時間後に出かけます!!
胃袋の調子は万全かなぁ~~?!お~い。 (と、胃袋に呼びかけてみる)
[PR]
by harumisan | 2005-09-24 18:03 | 音楽活動♪合唱
「春の雪」

また雪の映画で紛らわしいですが・・(笑)
試写会に当たったんです。
大昔、三島の「豊饒の海」を一緒に貪り読んだ友人を誘いました。
最初は、「キャスティングが気に入らないから観たくない。聡子も清顕も10代じゃないとだめよ!」と拒否していたのですが、「ただなら行くでしょ?」ということで納得して一緒に観ることになりました。

映画の前に監督の「行定勲」氏もいらっしゃって、しばしのトークがありました。
映画は映画で、映像も美しく素晴らしかったですよ。えぇ~。

でも、あまりにも三島の原作が偉大すぎます。これを超えることは出来ないでしょう。
これは当たり前ですけどね。原作を大好きな私は「春の雪」という言葉を聞くだけで、
心が震えますから・・。

竹内結子は、貴族のおひぃさまとして完璧に美しかった。着ている振り袖は見事です。
一見の価値があります。彼女のお付きの蓼科は大楠道代。女の凄味がありましたねぇ~。
(やっぱり女性はすごいとここでも思う)大正時代の華族の生活ぶりを頭の中だけではなく、
目の前のスクリーンで繰り広げられるのは壮観です。

ツマブキ??別に彼が特別嫌いなワケではないのですが、ツマブキはすでに2?歳でしょう?
もうたくましい青年のお年ですものね。
原作の清様は18歳で、もっと女性のように美しい男性で、かよわで、繊細(髪の毛はさらさらしていて、)そのくせ陰険さも持ち合わせ、自己中心的な奴。
どうしようもない貴族のオトコなのですよ。
彼の揺れ動く心の描写を追っていくのが、「春の雪」の真骨頂なはずです。
原作ではラブストーリーは2の次。

映画の清様像は、原作は似て非なるものになっていました。
思い入れがあるだけに、彼では少々役不足さを感じてしまいます。
話の展開も、原作をエッセンスとして切り取ったラブストーリーでございます。
まぁ、これはこれでいいんです。すべての再現は無理でしょうし、ある程度は想定内でした。
[PR]
by harumisan | 2005-09-23 23:28 | 映画・book・art

パイとスープ

「pas mal」

ヨン様の映画を観るため、昼食代わりの食料を買って入場しました。

ヒルズのフレンチレストラン「パ・マル」のパイとスープのセット1050円にいたしました。
以前ランチは食べにいったことがあったけど、このセットも食べてみたかったのよね。

スープは、「アサリのカレー風味」
あまりカレーの味はしないし、アサリのうまみも感じられないな~。ぬるいせいかな??
ふ~~ん。体には良さそう。さほど感動もせず、映画の始まる前の時間に、こぼさないように
注意しながらいただきました。
チーズ風味の小さな短冊のパイが2個付いてました。(これは美味しい!)

パイは、映画館の中で食べることは断念しました。
というのは、ソースが付属されているらしいからです。映画館の中では優雅すぎますね。
自宅に戻って早速食べてみる。
お、お美味しい過ぎる~~!!!
b0007421_12111184.jpg

紙皿で簡易にたべるような味ではありません!! 本格派の味です。 

「ホタテ貝と何かが入ったパイ」なのですが・・うろ覚えで申し訳ない!
海のエキスとパイが何とも言えないハーモニーを奏でていて、
幸福感で満たされますぅ♪
ソースもチーズ風味のけっこうこってりしたお味で、パイを引き立てます。

いやはや、感動しました。さすがにパ・マル様でございます。恐れ入りました!
思わず謝ってしまいたくなりましたっ。(汗)
近いうちに、他の種類も試してみたいです。
ちゃんとしたお皿や、ワインを用意して臨むことは言うまでもありません。
[PR]
by harumisan | 2005-09-23 12:14 | 美味しいもの☆

ヨン様の映画

話題の「四月の雪」をレディス・ディを利用して観ました。

いや・・別にヨン様ファンではないんですけどね。
(スーツフェチとしては、イ・ビョンホンの方が好み♪)
友人が試写会で観て、「フランス映画みたいだったよ」という感想が気になって、
観たくなっちゃいました。フランス映画大好きだから。

フランス映画みたいなのは、
淡々とした進行具合と、“結末さえもはっきりしないもやもや感”・・・という意味のようです。
実際、映画全体がもやの中に漂っているような。台詞も語りもあまりなく、画面の状況説明
のみで語られていきます。
たとえば今、悲しい気分でいる人が見ると、ますます落ち込んでしまいそう。
映画に出て来る色が、ダークブルーやダークグレー・・暗い色ばかりです。
そうじゃなくても、“じれったさ”で、映画後に歯がゆくなってしまいます。

日本では、とりあえずヨン様ファンのおかげで盛り上がっているみたいだけど、
韓国では興業成績があまり上がってないそう。そうかもね。
情熱的な韓国人にとっては、かなり、“もやもや”し過ぎだと思うもの~!

ヨン様の相手役は、ソン・イェジェン。
「夏の香り」では、娘っ子だったのに、今回は人妻役のせいかとても色っぽい
清楚な顔していて、腰の位置は高いし、胸も小さくないし。(親父発言!)羨ましいぞ!!
ヨン様から電話があってデートが決まると、彼女はシャワーを浴びて、身繕いをするのです。
オンナだわ~~。(私はそんなことはしないけど・・。)普通なのかな??
そんな場面に色っぽさを感じてドキドキしました。

あら、いろいろこうして思い起こして書いていると、
時間が経ってから、しみじみと味わいがしみ出してくる感じだわ。
もしかして・・いい作品だったのかも??


*ヨン様ファンではないので、彼に対しての言及がありませんね。ご容赦下さいませ(笑)
[PR]
by harumisan | 2005-09-22 10:42 | 映画・book・art
9月5日のお昼ご飯
picotさんの記事からのトラバです!


b0007421_12157100.jpg

ある理由があって主婦専業中のSちゃんとランチです。
飯田橋にあるこの、フレンチビストロ風情の「ル・クロ・モンマルトル」
オープンしたての頃に来店していらい久々です。
近くに私も通っていた日仏学院があるせいか、この近辺は美味しいフレンチがいっぱい
あって、大好きなエリアの一つです。(住んでもいい!)

お昼は、1680円で、プリ・フィックスメニュー。
前菜・メインと、飲み物(ワイン可)、迷うほどの多彩な数があります。
私は、食欲爆発中期間だったので、「肉」を中心に選びました。
しかし、不思議なのは、平日のランチにしては1680円は高いというのに、盛況でした。
私たちが長居するうちに、2回転以上してましたからね~。あっぱれ。
みんな何してる人なのよ??

お味はどれも美味しかったです。もちろんビストロメニューですから、繊細な味わいなんて
いうのではないですけど、気さくでいいお味で、大満足でした!
b0007421_1212993.jpg

前菜は、「田舎風お肉のテリーヌと、白レバーのパテ」
パンと、赤ワインがいけてしまいます!!(はい。ワインを飲まずにはいられませんね)
b0007421_123050.jpg

「豚肉のソテー」お肉が柔らかくて美味しかったわ~~♪
b0007421_1235684.jpg

デザートは別料金です・・・でも、いただきました!
「杏のタルト」酸っぱい杏が甘さを引き立てておいしい。実はタルト生地が苦手なのですが、
ここのは甘すぎず、goodでした。他にもタルト類が豊富でしたよ。

写真はないですが、この他にコーヒーをいただきました。

デザートとコーヒーがコース外でしたので、2500円程度の金額となりました。
でも、大満足です。 気取らない居心地の良さが何よりでした。

今度は、夜にでも訪れて、「だらだらした時間」を過ごしたいなぁ~。

私たちは、この後、角のロイヤルホストへ向かい、ドリンクバーで更に更に、
だらだらの時間を続行しましたとさ。だって、1年ぶりに逢ったんだもんね!
[PR]
by harumisan | 2005-09-20 12:12 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan