<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

奥蓼科の旅の最後です。
「保科館」をチェックアウトして、宿の車である場所まで送っていただきました。
ある場所というのはバスの終点なのですが、
そこに絶品のお湯が待っているのです。
「渋御殿湯」です。 古びた感じの旅館です。
b0007421_2043222.jpg

立ち寄り湯は10時からのスタートなのですが、
既に私たちを含めて4組のお客さんが待っています。妙な連帯感♪

浴室に入ってからも、その中の可愛い女性がとてもフレンドリーなせいで話が弾み、
初対面なので楽しいコミュニケーションができました。こういうのっていいよね!

ここの湯はの特徴は、20数度の単純硫黄泉の冷鉱泉だということです。
わかしていない、源泉そのものの小さな湯壺があるというのが評価に値します!
b0007421_20482055.jpg

とっても美しいたたずまいです!!
青い色の中に、石膏をとかしたような白い硫黄が混じっています。素晴らしい・・・。

もちろんお湯はこれだけではないですよ。
沸かした浴槽が隣にちゃんと存在しています。
b0007421_20512592.jpg

この写真は、蓋がまだかぶっていますね。。
実は、冷鉱泉を沸かして、濾過循環させて、塩素まで入れちゃっているんですけどね。
透明なお湯になってます。
それでも、硫黄の香りのするいい十分いいお湯だと思えるのは救い。。です。
もちろん、この暖かいお湯にしばらく浸かっていないと、源泉には入れないのです!

ほかほかになってきたら、冷たい源泉にチャレンジするのです。
じわじわ・・・おそるおそる・・・足を狭くて深い浴槽に入れます。
しばらくは足だけをつけています。
慣れたところで、ふたたび意を決して、じわじわ・・と、体を沈めていきます・・・
うぁ~!心臓マヒになりそう!でもじっと我慢。
そうすると、不思議です。だんだんと冷たさに慣れていくんですよね。
暖かささえ感じる。なかなかの快感です。

これを何度か繰り返すってわけです。
イベントっぽいというか、修行っぽいと言うか。(笑) 楽しいです。
こういうのって、血行が良くなるから、冷え性の人のショック療法やダイエットにも
いいのじゃないかなー??

源泉を舐めてみたら、レモン味でした。

気に入りました。燃えます!!

浴槽は別にも実はあって、
そちらの方は、「足元湧出」という温泉マニア垂涎の浴槽なのです。
だけど・・宿泊者・休憩の方専用になっているんですよね。
いつか体験したいものです。
[PR]
by harumisan | 2006-09-27 21:10 | 温泉♪旅
昨日の土曜日は異常に体調が悪かったです。
ここんとこずっと疲れやすい微弱な体調ではありましたが、・・起きられなかった。
昼頃に起きても、体は常に横になりたい状態
横になっても、頭がぐわんぐわんして休まらないんだな。ぐ。

うって変わって今日の日曜は元気で爽快な気分。
私の体も秋晴れ状態だわ~あ!

なんでこんなに体調が不安定なのでしょうね。
夏モードから秋モードへのシフトチェンジのために、調整中なのかな。
だいたい季節の変わり目には弱いです。つらいのぅ。
太陽の日差しはまだまだ強いですね。これ結構体に堪えます。ふぅ。

今日は元気ついでに映画を観に行く!
CMでばんばん流れている「イル・マーレ」です。
しっとりとしたラブストーリーが観たかったのです。
なんといっても、サンドラ・ブロックが好き~!

ハリウッドにはもっと美しい女優はいっぱいいるけど、彼女はチャーミング。
飾らなくて、素直だけど、どこか強情っ張り、・・・
どこにでもいそうな等身大の女性をいつも演じているところが、共感を呼ぶのでしょうね。

話は、・・・ネタバレするのであまり書けませんが、
あぁ、こんなシチュエーションなんだ!って思いました。
面白かったけど、主人公2人にスポットライトが当たりすぎのきらいがあるかもね。

映画の帰りに、久々に「ゲルマニウム温浴」にも行きました。
汗だくだく・・・・。体調整しなくちゃ!


それから夕飯に初めて「温泉卵」を作りましたよ。
雪之丞さんのblogで作り方を教えていただき、さっそくチャレンジ!!
シーザーサラダを作りました。
b0007421_2235645.jpg

なるほど、保温のために片栗粉の餡を用いるわけです。
もうちょっと堅くしたかったけど、また次回研究してみますわ。
雪之丞さんありがとう~♪
[PR]
by harumisan | 2006-09-24 22:40 | 美味しいもの☆
保科館のご飯です。
連泊する客は私たちだけだったようで、2泊目に食堂に行くと、
”れんぱくさん”と呼ばれてしまいました。
つまり私たちだけはお料理が違うんですね。

◆1泊目の夜
b0007421_10343833.jpg

この宿は、白い服をきた板さんみたいな人はいません。
普通のおじさん、おばさん風情の人がお料理しています。
なのに、こんなにたくさんの美味しいお料理!完食いたしましたよ。
b0007421_1036205.jpg

他には大好きな「岩魚の塩焼き」 おいしーー!!
b0007421_1037110.jpg

「鴨味噌鍋」 味噌って言うのが珍しいですね。さすが味噌どころ長野です。
これも美味しくて完食。鴨のだしが効いています。 今度家で作ってみたいです。
b0007421_10382673.jpg

おぉ!!松茸のお吸い物!!旬です。(次の日もいただきました)
この山の中でとれたそうです。中国や朝鮮産ではありませんよー。


◆朝ご飯。(2日間ともほぼ同じです)
b0007421_10433977.jpg

朝なので多からず少なからずっていう量がいいですね!
湯豆腐がお腹に優しいです。
b0007421_10415062.jpg

温泉粥!!!
ここの温泉を使っているらしい。ずいぶん色が付いて濁っているお湯だったから濾過
しているんでしょうね。
他にも普通のご飯が用意されているのですが、お粥の方が美味しくてそっちは無視して
おかわりしちゃいましたよ!普段はお粥好きではないんですけどねー。


◆2泊目の晩ご飯
b0007421_10503029.jpg

この日は日本酒も飲んでみました。

写真には写ってませんが、野菜とお肉の陶板焼きもありました。
量がとんでもないく多い宿だと、忘れ去られるヤツなのですが、
ここではそうではないので、お肉の香りもかぐわしく、
(他のテーブルの人にはないのでさぞかしそそったでしょう) 美味しくいただきました。
左下の葉っぱの中身は、お魚の朴歯味噌焼きですね(たぶん)
[PR]
by harumisan | 2006-09-24 10:58 | 温泉♪旅
今回の旅は2連泊して、山の温泉でのんびり~~。。という趣向でした。
2日目は、旅館の近くの「滝」まで30分ということでしたので、
リュックを背負って、いつもは履かないハードなスニーカーを履いて出発!!
東京はあまり天気が良くなかったらしいですが、山の上の奥蓼科は良い天気でした♪ いかに日頃の行いがいいかって証拠ですね(笑)

「遊歩道」って聞いた気がするんですけどね。
なかなかの山道でした。
b0007421_1933643.jpg

・・・これが結構不安でした。 山を侮ってはいけないのです。
この辺は川が流れていて「横谷渓谷」というのですが、全体的な山道の地図を持っていないのです。いったいどのくらい歩いてどこに着くのか、というのがわかっていないと
非常に不安なのです。
b0007421_1937694.jpg

綺麗な山道ですが、数日前の雨で落ちた葉っぱが腐葉土状態、狭い道が不確かに
なっています。道の反対方向は渓流に向かって急に切り立った崖です・・・・・・。
ふ~~、自然に感動する余裕もなく緊張して歩きました。

しかも歩けど、歩けど、・・・・渓流に出会えないのですよぉ。
水の流れの音は聞こえるのですが・・・山深いです。
b0007421_19423738.jpg

目指す「滝」に近付いてきたようです。
ここからは、山道を下るようになっています。ようやく水と逢えるのかな?

急な階段の途中で「王滝」と、出逢えました!
b0007421_19445311.jpg

近くで見られるのはここが限界で、この先の「展望台」では、遠くにいっちゃいます。
「展望台」とか言っても、階段の近くに休み処があるだけなんですけどねー。うふふ。
b0007421_19493895.jpg

遠くでしか見られない「滝」というのも、考えようによってはオツですね。
決して手に入れることができない神秘さを感じますしね。尊いです。
紅葉の頃にはさぞかし美しいでしょうね!
(最後まで、水の近くには行けませんでした・・・)

宿に帰る道は、一度通った道ですから、今度は周りの景色も眺める余裕がありました。
でも、宿に戻ると、慣れない山道にぐったり疲れてしまい、宿が用意してくれた昼食の
カレーライスを平らげて、午後はお昼寝三昧でございました・・・・。

もうちょっと元気だったら、もうちょっと横谷渓谷を歩きたかったんですけどね。
いつかもっとしっかり歩きたいなぁと、思います。
[PR]
by harumisan | 2006-09-23 20:10 | 温泉♪旅
ずいぶん前に皆様を悩殺させてお騒がせした
銀座の牡蠣の美味しいお店「楸 ひさぎ」ですが・・・・・(その悩殺記事はこちら

なんと!十番にお店を開店させていたことを今日発見しました!
びっくりしたよー。新しいお店があったから、何だろうと覗いてみたのよ。
有名になる前に、絶対に訪問したいと思っております。乞うご期待ね☆
[PR]
by harumisan | 2006-09-21 19:52 | 麻布十番グルメ

ワイルドな山のお湯♪

さて「保科館」の温泉の場所は、前の記事でも書いたように、遠いです。
ホテルっぽいロビーや食堂の横を抜けて、どんどん階段を下りて行きます。
寂しいゲームコーナーの辺りから、鄙びワールドに突入します。
怪しい兜や仏像も途中に存在。(夜には見たくない・・・)
ようやく、ようやく、温泉にたどり着きます。
b0007421_2148474.jpg


泉質は、炭酸水素塩泉です。
匂いはほとんどせず、飲むと(一応、飲泉可)強い金気
色は、黄土緑色で、土っぽいです。遠目で見ると苔むした色に見えます。
夜は何か濁ってるな~とくらいしかわかりませんが、
朝によく観察すると、茶色い湯ノ花が多数舞っております。
顆粒の漢方薬のあんまり溶けない状態に似てます(ってわかる??)
一言で言って、ワイルド!な温泉ですね。

もちろん、源泉掛け流し、加熱・加水無しです。

浴槽は広々としていて、気持ちいい~~♪です。
b0007421_21554425.jpg

実はこの温泉は、立ち寄り客でかなり混むのですよ!
昼過ぎから夕方にかけては、ロビーも混んでいるし、お客さんもひっきりなし、
泊まり客は少ないのに、夜になってお風呂に行くと「もしかして貸し切り?」と、
期待していたりしても裏切られる。まだまだ立ち寄り客がちらほら。
b0007421_22718100.jpg

共同湯状態です。宿もそれを歓迎している感じですね。
共同湯があまりないのかしらね?
山歩きの人や、近くには素敵な別荘がいっぱいあるので(うらやまし~)
そこに滞在のお客さんが便利に利用しているのでしょうね。

男風呂の方には大きな温泉プールもあります。(写真はここでさがしてね☆
でも、プール作るんだったら、昼過ぎにお湯にのんびり入れないのも残念なので、
宿泊客用の浴槽も作ってくれたら嬉しいのなぁ。贅沢?小さくてもいいからさー。


外には露天風呂があります。大自然の真っ只中!というのが気に入りました。
私はあんまり露天風呂マニアではないのですが、(だって落ち着かないんだもん~!)
b0007421_2274281.jpg

このお風呂に夜入るのがいいんですよ。
風景は何にも見えなくて真っ暗なんですけど、だからこそ大自然の「気」が感じられて気持ちいいのですよぉ。ロマンチック。
それから、虫除けの蛍光灯のようなものが遠くに建っているのですが、
それが時々、「パシッ、パシッ!」と電気音を出すのです。
デビット・リンチの映画のようで、怪しげでぞくぞくするのです。
(わかる人にしかわかりませんね・・・)

お湯の温度も40℃弱で良い感じです。
宿では4本の源泉を持っていて、1本が20℃程度で、他が60℃くらい、
これらをうまく調合して適温のお湯にしているらしいです。(確か)
この辺りは、冷鉱泉が多いので、この湯温は珍しいようです。

私はあっついお湯は苦手なので、こういうお湯だと長く浸かっていられるので
嬉しいです。いつもよりは長風呂だったかもね。
部屋に戻って、急にお湯疲れが襲ってきますもん。まぁ、部屋まで遠いって
いうのもありますが。ふふ。
じわじわじわじわ・・と、あったまるいいお湯でした。
b0007421_22151012.jpg

[PR]
by harumisan | 2006-09-19 22:20 | 温泉♪旅

奥蓼科の温泉宿

今回の旅の宿は、
長野県の奥蓼科 渋川温泉「保科館」でした。
バスが通る道路から、さらに山道に入った場所に、この宿があります。
建物は立派ですが、秘境ですね。

実は、他に泊まりたい宿がありました。
その某館に電話して聞いてみたら、この3連休中に連泊はできないと言うのです!
理由は、「違うご飯を2種類作れないから」ですって!!
あやまりもせず、いずれかの2日にして下さいとのこと。
・・・田舎だからサービス精神がないのねと、さほど頭には来ませんでしたが、
がっかりしましたね。 縁がなかったのでしょう。

そんなわけで、連泊できる「保科館」にいたしました。
ご飯は2種類作れるらしい。(苦笑)
山奥の立地や、温泉も異なっているのが魅力的でもあったわけですがね。
b0007421_21283694.jpg

そこは、私が好んで泊まる鄙びた名湯によくありがちな不思議な旅館でした。

フロント部分と、私たちが泊まった棟は新しいらしく、中級旅館らしく
清潔で綺麗なのですが(悪く言えば個性や味はない)、
もともとの本館であったらしい、旧館はどきどきするほど、鄙びまくってます。
こっちのほうに昔の玄関が存在していて、趣からすると、山の登山客用の温泉
だったのでしょうねぇ~。 お風呂はこっちの方にあります。
部屋から遠いです・・・・。

宿の経営自体はというと、建物は新しくしたものの、経営者や働いている人も高齢だし
家族と近所のお手伝いの人?みたいな感じで、山の鄙びた宿そのものなのですわ。
建物と中身が乖離しているという、よくあるパターン。
私にとっては微笑ましいですよ。はい。
b0007421_2134187.jpg

散らかってますが、私たちの部屋です。新館にあって広いです! 居心地は良いです。
窓の外は、山・山・山・・・眼下に渓流が見えます。
でもね、たぶん連泊だから、こっちにしてくれたのだと思うのよ。
払った値段は旧館の値段でしたもん!!ありがとうございます!
(旧館のお部屋がどうだったかも気になりますけどぉ)

どの部屋も、洗面・トイレはです。
ま・・いいんだけど、そのトイレが狭いスペースに4つの個室があり、しかも和式2・洋式2になっていて、洋式のひとつは立て付け悪くて扉が閉まらない!
事実上使うのはひとつだと思うの。
従って、この個室が非常に狭くて大変。ちょっとストレスでした。
ま。。いいけどね。田舎だし。
b0007421_21423398.jpg

窓からはこんな風景。山奥です。

宿の全景はこんな感じです。
(2日目に山歩きをしたときに見つけた風景です)
一大リゾートみたいですけど、そうではありません。
一番奥が私たちが宿泊した棟。 手前が旧館。 一番手前の大きな屋根の部分が
女性のお風呂です。敷地が広いです。
b0007421_21471722.jpg


ちなみにこの辺は、常に携帯電話は「圏外」でした。
滝の写真を投稿できたのは、山の中の開けた場所だったからでしょう。
日常を忘れ去ってのんびりできるっていうことですな(笑)
[PR]
by harumisan | 2006-09-18 21:52 | 温泉♪旅
奥蓼科の山&温泉堪能の旅から戻ってきましたよ。。
16時半には家に帰ってました。早めの夕方に帰ってくるっていいのよね~。
連休最終日で寂しいけれど、まだ時間は残ってる!!感が、
ちょっと嬉しくさせてくれます。

それから、PCを開いて、旅の復習をするのも良しです。
一度行って来たところは、当たり前だけど、行く前よりも地理がよくわかって
すんなり理解できるのよね。”あ~こんないいところもあったのね!行けば良かった”と、
悔しい思いもしますが・・・・。またいつか行きましょうかね・・。


今回の2泊3日の旅は、運良く雨にも全然降られずラッキーでした。
何を楽しんだかというと、温泉はもちろんですが、昼寝でした!!!
おはずかしい・・・。
やたらと気を失ってばかりでした。お疲れなのね?あるいは標高2000㍍くらいあるので
空気薄かったから??(な、ことはないか?)
昼寝しては、温泉、そして、ご飯、1回だけ山歩き・・・という日々でしたわ。(笑)

第一日目、茅野の駅前で食べた蕎麦です。
信州と言えば、蕎麦でしょう!でも、この1軒くらいしか見つからず、
同じ列車に乗っていたにちがいない旅人達でいっぱいでした。
b0007421_175698.jpg

「もりそば」 さすがに、こしがあって、おつゆもおいしくてgoodでした。

みなさんは、3連休はいかがお過ごしでしたか??
[PR]
by harumisan | 2006-09-18 17:58 | 温泉♪旅

長野の山奥の滝

b0007421_114316.jpg

長野の山奥の温泉に来ています!宿から歩いて滝を見に来ました。遊歩道なんかじゃないよ~!ハードな山道だよ~!ハードなスニーカー履いていて良かった…
[PR]
by harumisan | 2006-09-17 11:04 | 温泉♪旅

大九州展での収穫

そうだ!渋谷の東急東横展では素敵な催しをやっているんだ!
と、思い出しました。tohkoさんのblogで紹介された福岡にある「16区」という美味しいケーキ屋が出店するらしいのです。おほほ。渋谷までやって来た甲斐がありました。

だけど、そのケーキ屋さんのお店は、2種類のお菓子しか置いていなかったのよね。
ダックワース(どこでもあるよね?)と、マロンパイ。
直前までVIRONでこってりした食事をしたばかりなので、「マロンパイ」って気にもならず。
きっととっても美味しかったのでしょうけど。
今回は縁がなかったみたい。次回は賞味したいわー。今になってみるとちょっと後悔。

それでも私は九州人。うきうきさせてくれるお店ばかりです。
(九州展でなくても、こういうの好きですけどね)

で、収穫!!!!
見かけたとたん、同じ九州人(熊本人)の友人と、”きゃあ~~~!!”と、
叫んで、即座に財布をバックから取り出してしまったのが、
「梅が枝餅」です!!
b0007421_22201973.jpg

福岡の太宰府天満宮ゆかりの、焼き餅です。
長崎では、秋のお祭り「おくんち」になると、出店がやってくるんです!!
高級な和菓子は数々あれど、この上新粉の皮でできた、もちもちの「梅が枝焼き」は
私の大好物です!!!
b0007421_22221679.jpg

くうぅぅ~~~たまらん!
b0007421_22224433.jpg

まだ、冷凍庫に2個くらいあるのよね。うふふふ。幸せ。

それから、晩ご飯用に「うにめし」をお買い上げ。
有名なのかはわからないけれど、大分県佐伯市の寿司割烹の出店です。
b0007421_22283878.jpg

さすがにお昼でおなかいっぱいだったので、おみそ汁だけ作ってシンプルに
いただきました。普通に美味しかったです。

大九州展ではないけど、もちろんこれも購入しましたよ。
b0007421_22304637.jpg

名前は忘れちゃったけど、バゲットは2種類あって、”もちもち”したほうを選びました。
ん~~。ポワンタージュの方が好みかも?
[PR]
by harumisan | 2006-09-14 22:41 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan