<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

米沢の山奥の新高湯温泉

お待たせしました。山形の温泉宿の話です。

今回宿泊する場所は、米沢駅からバスで40分くらいの山奥の温泉
「新高湯温泉:吾妻屋旅館」です。ここには宿は1軒しかありません。(萌えますね♪)

私の感覚だと、山奥の温泉というと、山道をぐるぐる酔いながらも山を登っていく
というイメージなのですが、ちょっと違う。米沢は米所でもありまして盆地です。
周りを山で囲まれていて、その山をちょっとだけ登ってトンネルをくぐって
山懐に入っていくという感じです。 山に登ったっていう感じはあまりしません。

それからゆるやかに山道に入っていって、
途中「白布温泉」という藁葺き屋根の旅館なんかがある鄙びた温泉郷があり、
(数年前の火事で藁葺き屋根が随分消失したそうです。残念ですね)
そのもっと上に、「天元台高原」や百名山でもある「西吾妻山」登山口につながるロープウェイがあります。

そこから宿は1キロなのですけど、勾配は急峻です。
山登り好きの人しか徒歩はお勧めしません。
ロープウェイ乗り場がバスの終点なので、宿の方が送迎に来てくださいます。
車だって登るのが大変ですよ。

よくこんな場所に宿を作ったなって感じです。
崖にへばりつくように建ってます。
この辺で温泉が湧いたので、むりむり近くに宿を作ったらしいです。
温泉好きには素晴らしい立地といえますね。
そうこうして宿のある付近は標高1000㍍くらいになっちゃうんですね。
b0007421_13503620.jpg

近年建て直しをしたらしくて、とても綺麗で清潔感のある宿です。
でも、「旅館」というより、「山小屋」「山荘」と言った方がふさわしいたたずまいですね

宿の従業員のほとんども男性で、(仲居さんといった人はいません)
設備も最小限度。でもかゆいところに手が届く感じの最小限度なんです。
過剰なサービスなんて必要ないよね。
いい温泉と清潔な寝床と、おいしい山のご飯があればいいんだもん。

内湯にシャワー設備が完備していないので髪が洗いにくいから、
お部屋の外の洗面室に(音が漏れないようにちゃんと扉があります)
洗髪用のシャワーが付いてるところがさすがだなーと思う。
個人的にはシャワー無くても髪は楽々洗っちゃうけどねー。

質素な山荘のお部屋はこんな感じです。
b0007421_14204383.jpg

敷き布団の山はお部屋の片隅に置かれたまんま。
セルフサービスで、敷きたい時に自分で敷きます。
6畳のお部屋は2人でいっぱいです。一応テレビもありますよ。

窓はテラス窓では無いけれど、山並みのいい眺め。
3階で、宿の中ではいい眺めの部屋だと思います。2階だと目の前に建物があるし、
すべてがいい眺めだったらいいのにね。

お部屋の窓からの移り変わり。山の天気は変わりやすいのです。
b0007421_14293763.jpg

2日目の朝の風景です。・・そうなんですよ。天気悪しです。前日は快晴だったのに。
b0007421_14301184.jpg

残念だけど霧の風景も悪くないかなー。
b0007421_14302422.jpg

どんどん霧が迫ってきます!
b0007421_14303844.jpg

あぁ・・霧の中に・・。
[PR]
by harumisan | 2007-09-30 14:44 | 温泉♪旅

じんだん団子

米沢は団子の町でもある。

何を隠そう、どんな優雅な和菓子より、素朴な団子を私は愛してしまっているのだ。
団子LOVE♪
駅でもらった市内地図には、団子屋が二つ印されている。
それだけでわくわくするわ~。
町中はさほど見所もないので、(上杉謙信には全く興味がないので・・)
「団子屋」を探して町を散策してみる。

ちょっと大きめのお店だけど、素朴なたたずまいの「荒井団子屋」さん♪
b0007421_21533193.jpg

ショーウィンドウというか陳列棚に見本が置かれていて、
注文すると奥から作って持ってきてもらうというスタイルみたい。
b0007421_21563741.jpg

だいだいこの4種類の団子が基本のよう。

このお店は、甘味屋みたく中で食べることができます。かき氷もあるよ。
b0007421_21555532.jpg

東北ならではの、「じんだん団子」にしました。
米沢ではそう呼ぶけど、枝豆餡のずんだのことです。
なんと1本70円!!安い。(東京なら150円よね?)

素朴な甘さです。あんこ色もパステルで可愛いよね。キュートっ。
団子の部分も特色があって、餅米をふかして粗くこねた感じ。それを棒状にして
短く切ったようなものになっています。ねちゃねちゃしていません。

他の種類も食べたかったけど、お腹いっぱいでした!残念。
優しいそうな荒井屋のあばぁちゃん、おしょうしな!
(ありがとうっていう意味ですって)
[PR]
by harumisan | 2007-09-27 22:08 | 美味しいもの☆

よねざわぎゅ~~ぅ。

9月の2回目の連休は山形の米沢にいってまいりました!

旅行を企画するにいたった経緯は、
まだまだ猛暑の8月の下旬に、会社の人となぜか「牛肉」の話になり、
”米沢牛なんかを私は食べたいっ!”って私は口走ったのでした。
松阪牛よりバブリーじゃないし(あくまでイメージですが)
東北の銘柄牛として渋くて好ましいイメージを持っておりました。

そうしたら会社のN氏が、
”山形の山奥の一軒屋の温泉で食べた米沢牛が美味しくて忘れられない!”
のたまうのでした。

え?山形・山奥・一軒屋・温泉・・・米沢牛!
私にとってツボに入るワードの連呼ではありませんか。
HPを教えてもらって、ますますツボに入り、友人に声をかけたらその友人のツボにも
入ったみたい。話がまとまり即座に予約しました。ははは。決心したら行動は早いよ。


山形新幹線で、米沢は東京から2時間半くらいで到着します。思ったより近い。
その宿で米沢牛を食べるのは断念しました(オプション予約品)
だって、食が細いのでほかの食事が食べられなくなってしまうおそれがあるからです。

そこで、到着後の米沢ですぐに「米沢牛ステーキランチ」ということに決定!
宿に行くためにはまたバスに乗らなければいけないので、(便が少ないのだ)
手っ取り早く、駅前のステーキハウスで食事をすることにしました。
駅前でも悪くなさそうなお店を見つけました。
b0007421_2247918.jpg

「ステーキ東洋館」という綺麗なお店です。
お店にはいるなり、年配の店員さんが応対してくれる。
もちろん無愛想でもないし、マニュアルな親切な対応でもない。
普通の温かい対応に、心がふんわりします。これは地方都市の良さですよねぇ~。
東京の都心のお店ではなぜか失われているんだよね。

米沢牛関係のいろんなメニューがあります。
米沢牛でもランクにより値段が分かれています。
まよったあげく、普通の?米沢牛フィレステーキコースにいたしました。
値段は4900円くらいでした。(昼間っから豪華すぎます!!)


まず、懐かしいコーンスープです。
控えめなお味で美味しいです。ステーキへの期待が高まるなぁ。
b0007421_2255349.jpg


じゅーじゅー音がします・・・・やって来ましたよ。
b0007421_225634.jpg

これもまた、控えめなお味のソースがかかっています。
特に焼き方は聞かれなかったのですが、外側が香ばしく焼かれていて、
中身がミディアムレアっていう感じでしょうか。

フィレステーキなんてほとんど食べたことがないので比べられないのですが、
油っぽくなくて、柔らかくて、ちょっとぱさついてはいますがあっさりしていました。
生臭くもない。
・・・もしかしたらロースの方がステーキらしいかな?とも思ったのも事実ですが。
でも大満足!!なんといってもステーキなんてめったに食べないもので(苦笑)

お店は昔ながらの清潔感あふれる洋食屋といった感じです。
私たちのような観光客ばかりではなくて、地元のお客さんも多いようですよ。
家族や、老夫婦がステーキをぺろりと平らげていたり、男性の一人客もいました。
地元の人に愛されるお店ってすてきよね。
b0007421_2335155.jpg


米沢の第一のノルマを果たし、幸せを噛みしめました・・・・。うっとり。
[PR]
by harumisan | 2007-09-25 23:10 | 美味しいもの☆
b0007421_9404874.jpg

b0007421_9404976.jpg

東京駅にいます。新幹線のホームはごったがえしています。連休らしいな。
ところで、下の写真は喫煙所。満員電車みたいにいっぱいです…情けない人たち…。くさい。

それにしても暑い!汗が顔に流れてきましたわ。みなさまも素敵な連休を!
[PR]
by harumisan | 2007-09-22 09:40 | 温泉♪旅

これは何なんだ??

b0007421_2154978.jpg

携帯なので鮮明ではありませんが、
先日、K氏くんがお客さんからいただいたということで、
・・・なぜだか勢いで私がもらった。

薄い緑色の全長32センチ程度の物体。
これは何??
たぶん「瓜」の一種だと思うのですが。

冬瓜みたいに料理すればいいのかな?
ネットでいっぱい検索してみよう。

今度時間がある休日に「巨大瓜の料理会」をいたしますので、
興味があるお友達は是非、我が家にお越し下さい。

なんとなく今は面倒くさいけど・・。
[PR]
by harumisan | 2007-09-21 22:05 | 美味しいもの☆
この3連休は合唱の強化練習三昧。ま、いつものことですが。
真夏の暑さの戻りのせいか??だんだんと不調に・・・・・。はらほれひれはれ・・。
お腹から声がでない。集中力が・・・。自己嫌悪です。
なにごとも過ぎるといけませんね。ここいらでクールダウンする必要があるのかも。
今日はその分仕事に精を出しちゃったりして。やけに元気だったりもする。
バランスの崩れがこういった形で出るのは悪くないのかもしれませんね。

で、なんとなく甘美なことがしたくなった。
西麻布のワインバーで甘美なワインバーでうっとり・・・(これは効き目があるのよね)
だけど、財政難のためピーコックでお気に入りのスパークリングワインを買うことで我慢。
b0007421_20411228.jpg

前もここで書いた気がするけど、500円弱の飲みきりサイズで私にはぴったり。
b0007421_20411230.jpg

飲みながらこの文章を書いていますよ。

甘美なことに溺れたいなぁ・・・。

全然話は違いますが、さっきコンビニに行ったら、
しわがれ声で親切そうなおじいちゃん店員がいてびっくり!戸惑いを感じました。
てきぱき仕事をこなしてくれていればいいな。だったら悪くない。

昔ながらの商店みたいなあったかい感じもするね。
がんばれ!!と声援を送ってみたくなる。
[PR]
by harumisan | 2007-09-18 20:55 | ひとりごと・・
寸暇を惜しんで貪り読む感じがなんとも楽しくて、次の本に手を出しました。

この本は、昨年末に帰省用に買ったものの、最初だけ読んで、内容が時代がかっていた
のでそのまま放置していました。一緒に買った村上春樹の「アフターダーク」はすぐ読破しちゃったんだけどね。

◆◆◆

サマセット・モーム 「劇場」 です。
文庫の帯に今年の初めに映画化された作品が上映されるって印刷されていたのも
選んだ原因です。でも、あまり話題にならなかったよね?

今回はさくさく読めます。入り込むまでは少々時間がかかりましたけど。
有名作家ですが読むのは初めてです。
このころの作家の作品って文章は格調高いけど(翻訳ですけどね!)
結構内容は、描写がしつこく下世話だったりします。
いやー、なんだかそれにのせられちゃったりしてるわけですけどね(笑)。

主人公である熟年の女優が若い燕くんに熱を上げるという話が中核を成すわけ。
途中までは、あ~良くある不倫話ね。よせばいいのに。と思っていました。
こんな話に付き合わせられるって、下世話でしょう~?

ですが、この女優も馬鹿ではない。
終盤では熱も冷め、燕くんに仕返しもし、このエネルギーを舞台に昇華するわけです。
なかなか爽快な終わり方!!ははは!

やっぱり、女ってたくましいと思ってしまう。
もっとも戦前のこの時代は基本的には封建的で、普通の女性はもっとうじうじせざるを
得なくて、女優という特殊な職業だからこそ奔放さが許されたのでしょうけど。

エネルギーを昇華させるというのは何という爽快なことでしょう!
常にそうでありたいと思います。

恋愛ってエネルギー要りますよね。
でもそれを昇華させると、もっと心地いいエネルギーに変化するでしょ。
そういう感じも悪くない。・・と私は思います。

モームは他の作品も読んでみたいな。



さて、この映画は「華麗なる恋の舞台で」という題名で映画化されました。
噂が聞こえてこなかったので駄作だったのかと思いつつ、ネットで検索したら、
かなり評判がいいようでした。
「ル・シネマ」でのひっそり上映だったから、あまり聞こえてこないのかな?

ハリウッド映画ではなく、監督は、ハンガリー人で「イシュトヴァン・サボー氏」
(一部の合唱ファンは反応してしまう名前である)
「太陽の雫」という作品を撮っている。観てはないけど記憶にあります。

主人公の女優にアネット・ベニング・・・・なるほどねー。最近あまり見ませんが。
その夫(ハンサムだけど情感に乏しい男)にジェレミー・アイアンズ
ハンサム・・?じゃないとは言わないけど。
特に名前は浮かばないけどアメリカ人のモデルっぽいようなハンサムなだけの男優のイメージです。

どっかでDVDをレンタルしてこよう。
WOWOWでやってくれたら嬉しいんだけどな。
[PR]
by harumisan | 2007-09-14 20:47 | 映画・book・art
こころが平静でないと、なかなか読書に没頭できませんよね。
ここ2年転職や、転職後のごたごたクーデター、新しい合唱団に熱中したり、
常にぞわぞわしていました。

休日に本を読んで過ごしたり、睡眠の前のつかの間の読書・・・
ずっとあこがれていました。
ようやくそんな時期がやって来たみたいです。
久々に生活の黄金のバランスがとれた状態で、こころが”しずーか”かなんですよね。


◆◆◆

手始めに、友人がなぜかくれた
浅田次郎著「王妃の館」から読んでみよう。パリが舞台らしい。(私がフランス好きだからかな?)

浅田作品は初めて読みました。作品の中ではメジャーではない方だと思うけど、
直木賞作家だというのに、(偏見かなぁ?)下世話で大衆的。いや、でも面白かったです。
上下2巻の文庫本を貪るように読みました。劇中劇は結構退屈だったけど。

書かれたのは1999年の雑誌連載の頃、8年前です。
これを最近とみるか昔と見るかは個人差がありそうですが、私は前者です。
なのに風俗がかなり古くさく感じられてしまいます。
あるいは男性の目から見た描写が古くさく感じてしまったのか?

舞台になったパリのホテルは有名で「Pavillon de la Reine」といって
素敵なマレのボージュ広場の一角に実在します。もちろんお高めなので宿泊したことは
ありませんけどね。1泊でいいから泊まってみたくなったのは事実。

ネット検索してみたら、ここに泊まるツアーがありましたよ。
4泊6日で30万程度は・・・・・やっぱり高いよね。
空港から送迎もなく勝手に移動してくださいっていう旅慣れた方向けプランです(笑)

読書の秋は続くのだ!
[PR]
by harumisan | 2007-09-12 20:24 | 映画・book・art

長崎日帰りの旅 2

長崎日帰りの旅1からの続きです。

美味しい水を汲んだ後は・・・もちろん温泉です!!数年ぶりの訪問です。長崎で大好きな温泉。
2年ほど前にも記事を書いています。 「有玉温泉」ゆうぎょく です!!
b0007421_182658.jpg

長崎では珍しいやや茶色ががった重曹泉で、ぬるぬるとした浴感が特徴です。

「ぬるぬるしたお湯」っていうのは好みなのです!
肌がついでにつるつるになるような気がして満足しちゃいます。
そして、湯上がりさっぱりいたします。

2年前にはなかったと思いますが、ゴミや汚れをとる濾過装置を設置しています。
って書かれていました。
これって???HPには「源泉掛け流し」と書かれています。
浴槽もずっと底を足で探ってみたけど(笑)吸い込み口みたいなのはないようです。
掛け流しだけど、濾過してるってことなのかな?ふ~~ん。
b0007421_120165.jpg

お客さんがいたので(おばぁちゃんがひとりずっ~と入ってました)お風呂の写真はNGでした。
プールの更衣室みたいな明るくて清潔な脱衣所が好きです。

この温泉は、「島原鉄道」湯江駅の駅前になるのです。
駅前たって、1両編成の列車しか走らないマニアな鉄道の田舎の無人駅ですけどね。
この「ねこ駅長」さんが一部で有名らしいです。 くつろいでいらっしゃいます。
b0007421_1245976.jpg

ホームからのぞむ雲仙方面の遠景です。
もう少しで電車が来るのかな?待ってる方が1名いらっしゃいました。
b0007421_1255885.jpg


温泉に入るとむしょうにお腹が空いてきます。
また車を走らせて、17時過ぎには目指すお店につきました。「ジンギスカン」のお店。
b0007421_131280.jpg

ありゃりゃ??どう見ても和食のお店に見えますけどね・・・。

お店の中は「炉端仕様」になっていて、しかもお肉が主体のメニューになっています。
ジンギスカンの他にも「若鶏の炭火焼き」などがあるわけです。
b0007421_1422473.jpg

ジンギスカンを食べるのは初めてです。ラムの肉に対しての抵抗はないのですが、
なんとなく機会がなくて。
b0007421_1344773.jpg

お味は・・・最初の頃は新鮮だったのですがだんだんと飽きてきた。
タレが妙に甘過ぎたのも敗因ですね。 このお店に限らずリピートは難しいかな。

日が暮れるにつれこの田舎屋がジンギスカン臭でいっぱいになってきたりして。
ちょっと辛かった。そして火のそばは当たり前だけど暑くて疲れましたわ。
[PR]
by harumisan | 2007-09-09 01:48 | 長崎

台風アーメン

関東直撃の台風は北上中です。
でも、東京は寝てる間に来て去っていった感じですね。
朝の通勤もまるで普通・・普通どころか電車が空いていました。
(都心なもので)

昨日は交通の乱れが予想されるので会社も”早く帰っていい指令”が出ました。
にもかかわらず、用事で友人とロイホで食事をして9時半ごろに帰宅。

そろそろ風雨が強まった頃です。
傘の奥を持たなくてはいけないほど横なぐりの風。
ちょうどi-podでラターの「Gloria」を聴いていました。

何楽章かわからいなけど(シャッフルで聴いているもので・・・)
男声コーラス部分・・歌ってます。
あぁあぁ~~めん! あぁぁあ~~めん!

ぴったりでした。
天災は神にすがるしかありませんものね・・・・。
[PR]
by harumisan | 2007-09-07 09:43 | ちょっといい話・面白い話

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan