<   2007年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

着物でクリスマス

クリスマスのワインバーには久々の和装で登場しました。

生活が忙しいと着物を着る余裕がありませんよね。
ようやくそんな日がやってきたのだと嬉しい限りです。

私のブログを以前から読んでくださっている方はご存じだと思いますが、
人形町で働いている頃に妙に「和」の世界に目覚めてしまいました。
人形町にそこはかと漂う江戸情緒のなせる技でしょうか?
着物はもっぱらヤフーオークションで競り落とし、(笑)
着付け教室には半年くらい通っていました。

久々の着付け!
着物は腕が覚えてしまっているというか、ほぼさくさくと着付けてしまえました。
問題は帯結びです!
名古屋帯をお太鼓に仕上げるわけですが、だいたい私は不器用なのです。

でかけるずいぶん前から練習がてら着付けを開始しました。
帯は何度も結び直しました。どうしてもきゅっときつく締めるのが苦手です。
着付け教室でも注意を受けてましたっけ。だって、きついと後で苦しくなりそうでいやなんだもん。力のなさも原因します。

思った以上に着付け教室の成果を感じました。
半年間、毎週毎週の練習は力になるものですね。意外と忘れないものですね。
と、いうことでクリスマスの着物はこんな感じです。
b0007421_13241471.jpg

着物は鮮やかな藍色のお召しと、獅子のデザインの芥子色の帯。
もちろんどっちもヤフオクでゲットしました。

写真ではわかりにくいのですが、このお召しの色はとても派手です。
以前、昼間のN響の公演で着たことがあります。
太陽光下では鮮やかすぎだし、5月くらいのスポーティブな感じの代々木公園脇を歩いたものですから・・・あまりにミスマッチでした。
ヤフオク上では色味がよくわかりませんでした。

悪くない色なのですが、次回の着用は、晴れの日の夜にしようと決めていました。
b0007421_13295569.jpg

この着物はやけに色っぽいです。
銀座でお勤めしちゃうようなかんじですね。むふふ。

外では、和装のコートを着用しました。
これは初めての着用です。刺繍が可愛くて気に入って買った物です(もちろんヤフオク)
b0007421_133324100.jpg

コートって便利だなって思いました。着物も汚れないし。派手な着物のまま歩かなくてもいいし。

さてさて、
ワインバーに誘ってくれたM嬢カップルは以前にも書いたことがありますが年の差カップルです。私は彼に会うのをとっても楽しみにしていました。

なるほどー。かなり年下でも、ワインやクラシックが好きで、服装もダンディー系なのです。話す口調も落ち着いた感じ。
「かなりのおじさまといっしょにいるような感じがするのよね~」と、M嬢。
でも、お顔は若いだけあってつやつやですけどね。(うらやましい~)

江原さんなんかがよく言っているけど、生まれ変わる回数が少ない人は子供のように無邪気で、若くても何度も何度も生まれ変わっている人は、前世でたくさんの修行をすませているからしっかりしていてやけに悟りを開いていたりする・・・って。

彼はそんな感じじゃないのかなって話をしました。
そして「仙人くん」と命名させていただいたのでした。
b0007421_13405317.jpg

M嬢から顔をぼやかせてくれるなら写真出してもいいよ。ということだったので、
仙人くんとM嬢と私です。
(これって写真を出してくれってことよね:笑)
[PR]
by harumisan | 2007-12-30 13:50 | 「和」

ワインバーのクリスマス

今年のクリスマスはM嬢のお誘いでワインバーに出かけました。
実にグッド・アイデアです。
レストランでディナーというのは、いかにもカップルっぽい過ごし方で恥ずかしいくらいですが(ちょっとやっかみ?)大好きなワインバーで過ごすのは、イベントっぽくていいー!

でかけたのは、渋谷の桜ヶ丘にある「ライアー」です。
ここの話は以前書きました。(ここです。)
渋谷という場所が微妙にうちから不便なせいかご無沙汰でした。
でも、人が多いというイメージの渋谷の中でも、桜ヶ丘は静かでいいですね。

当然ですが、お料理に合わせたワインが供されます。
まず、アミューズ「ズワイガニのキッシュ」
b0007421_19342663.jpg

蟹の風味も良くさっくり、さっぱりで「おいしー!」と思わず叫んじゃいました。
これには、泡です。 なんと南アフリカの泡でした。南アフリカのワインなんて初めてです。硬質で辛口でした。

前菜は、「ホタテとアボガドを絡めたスモークサーモンのプティ・テリーヌ」
b0007421_19385685.jpg

こっちもさっぱりとしたお味。
ワインは、 Petite Bourgioes by Henri Bourgioes (ロワール)
ソービィニオンブランです。青リンゴのような爽やかな風といった感じのすっきりした味。
なにせ、シーフードに合わせてますから、さりげないお味ですね。

メインのお魚は、「白身魚のローストのキノコ添え、オマールの出汁とコンソメのソース」 お魚の下に大根が隠れています。 スープもおすましのように薄味なので和風と言ってもいいくらいです。
b0007421_19435555.jpg

ワインは、ソアベ・クラシコ by Pieropan(イタリア・ベネト)
実は味を忘れちゃったんですよねー。ま、ソアベ・クラシコなわけです。

メインのお肉は、「えぞ鹿のバラ肉の赤ワイン煮、トリュフの香り、サツマイモのピュレ添え」
b0007421_1950579.jpg

えぞ鹿のバラ肉って初めてです。脂身が少ないらしくてしつこくないのです。
一見牛肉に見えますが、そっちだったらちょっと苦手だったかも。肉の脂が苦手なのです。サツマイモのピュレの甘さには癒されました。
これに対してワインは2種類です。さぁ~いよいよ赤ワインですよ。
Mongrana by Querciabella (イタリア・トスカーナ)
サンジョベーゼ主体の混醸だと思うのですが、サンジョベーゼってあんまり・・と思っていたりします。でもこの赤はこの日一番気に入りました!濃縮感があってミルキーさを感じました。
もうひとつは、Ch.Charmail (フランス・ボルドー・オーメドック)
今気づいたのですが99年ものなのです。(いただいたレジュメで今確認。これがあるから料理名やワイン名をちゃんと書けるのです)熟成香があると書かれてます。実際その確認を忘れました。あくまで比較ですが、トスカーナのワインより外に開いていて、少しだけワイルドさを感じました。

デザートは、「タルトタタン」甘さ控えめでとっても美味しかった~。
b0007421_2004510.jpg

特にこれに合わせたワインはなし。
友人はデザートワインを注文しました。私は一口だけいただいただけ。

以前は料理人の方がイタリアンだったのですが、現在はフレンチです。
変わってからはじめての訪問になります。
どのお料理も薄味で上品で、ついついどれもいただけちゃいます。
もしかして、赤ワインにだったら、もっとがっつり濃い味の方が合いそうな気もするけど、
そういうスタイルなのかしら?クリスマスの趣向だったのかしら?

ワインもシーフードに合わせたものが多く、どうしてもスッキリ系になっちゃいましたね。
個人的にはこってりとしたシャルドネが好きなので、ちょっとだけ残念。でも仕方ありませんよねー。

いつもご無沙汰しちゃってるので、銀座線を渋谷まで乗り倒して、こってりとした白や優雅な赤を飲みに伺いたいと思います♪
ひとりでも行っちゃいますから。
[PR]
by harumisan | 2007-12-29 20:18 | 美味しいもの☆

仕事納め

今日までお仕事でした。お疲れさま~(→自分)

明日は人形町に「栗きんとん」や「どら焼き」や「塩せんべい」やらを買いに行きます。
せっかくだから懐かしい町でお昼ご飯でも食べようかな?

長崎への帰省は30日の夜です。
気温が気になるなー。南だから暖かいのかな?ってネットで調べたら・・・
30日の長崎は  暴風雪ですと!!

雪国の生まれではないので、暴風雪がどんな感じかわかりません。
だいたい飛行機は着陸できるのでしょうか??
北のふるさとに帰るみたい。長崎なんですけどっ!
[PR]
by harumisan | 2007-12-28 20:17 | ひとりごと・・

メリークリスマス☆

クリスマスイブですね。
朝からWOWOWで、ロマンチックラブコメ「13年越しのハッピー・クリスマス!?」
という作品をやってました。13年間文通した男女が初めて会うことになったけど、自分に自信が無くて親友の写真を送ってしまっていた・・・・。というよ~くある話です。
でも、こんなのがいいんだよね。平和でハッピーで♪
なんて言ってもクリスマスだもん。幸せな気分になっちゃいました。

さて、
そういえばご近所の六本木ヒルズのイルミネーションを今年は全然見てないことに気づいて、平日の夜の会社帰りに寄ってみました。
今年だけ赤いイルミネーシンだってラジオで言っていたけど・・・・。
それは、日比谷線出口からエスカレーターをのぼった広場だけのはなし。
(残念ながら赤いイルミは撮りませんでした)
大好きなけやき坂のイルミネーションは、いつもの涼しい色でした。
b0007421_11393864.jpg

平日なのにクリスマス前だったせいか、結構な人出でした。
格別綺麗に思えるのは、坂になっているからかな?
b0007421_11394830.jpg


ロブションの前の広場では、クリスマスマーケットが開設されていました。
前からあったっけ?
b0007421_11392549.jpg

ヨーロッパではこの季節になると町の広場に出現しますよね。
きれいでロマンチックなので好きです。クリスマスオーナメントが売られていたり、
軽食や飲み物が売られてます。ちょっと1杯やりたいぐらいでしたが、ひとりだったので
ぐっと我慢。

今晩は友人カップルのお誘いでワインバーのクリスマスに出かける予定です。
彼も誘ったのですが、「仕事」を口実に拒否られました。
ワーカホリックですからね。同時に人の集まる場所に出たがらない人です。
彼の気持ちを動かすのは大変です。普通の3連休と違って特別な日なのに・・・。
つまらない。

それはさておき、
珍しく体力気力もあるので久々の和装にしようかなんてたくらんでいますよ♪
でも、帯結びがうまくできるかが問題です。挫折したら洋装になっちゃうかも!
早めに着付け開始しなくっちゃ。出かける前に疲れ果てるおそれもあり?


◆追記
NHKBSでは「あなたが選ぶ仏像」っていう長時間の番組をやってます。
クリスマスなのにね~! にっぽんじんはやっぱり仏教でしょうって事?
笑えます!!
私は弥勒菩薩が好き。
[PR]
by harumisan | 2007-12-24 13:04 | ちょっといい話・面白い話

おかしな病院

ようやく昨日インフルエンザの予防接種をしましたよー!

注射をすると、だるくなったり発熱したりする人の話をよく聞くので、
合唱イベント後の週末に受けると決めていました。
でも、無事に発熱もせず、さほどだるくもなく、2年前の接種時と同じように
接種部分が腫れた程度です。・・・これで安心っ!

さて、病院は会社の近所を探しました。
ネットでなるべく3000円以下のところがいいな。
自由診療だから料金がまちまちですよね。
1500円~4500円の幅があります。受けたのは2500円だったからまぁまぁかな。

駅前の雑居ビルの整形外科なのでした。思いがけず変わった病院だったのです。
飲み屋のある路地の奥にあるので大丈夫かな?と思ったけど、仕事中に通院らしき(私もだ)
男性が3名ほど待ってて、そこそこ繁盛してる様子。
名前を呼ばれて医者のデスクの前に座る。そのデスクが異常に乱雑で、整理整頓できない方らしい・・・。診察用のベットにはホット・ペッパーが転がってるし。
やっぱり大丈夫?でも注射だけだもんね。

医者は30代くらいのそこそこイケメンの流行の四角いめがねをかけた男性。
私の腕にぶすりと注射しながら、セールスが始まりました。
本業の「整形外科」以外にいろんなサービスを提供しているようです。

保険の利く漢方の処方、いろんな肌のニーズに合う皮膚科が考えた洗顔石けん、
プラセンタやヒアルロン酸が配合されたクリーム、(手の甲に3種類くらい塗られた。
プラセンタの透明なジェルローションがかなり良かった。つるつる~♪)
育毛効果のあるヘアローション(私には必要ないけど、結構評判らしい)
それから、プラセンタ注射。ほぅ。
(あ、バイアグラも処方してくれます)

いささかひいちゃう感じもなきにしもあらずだけど、
すべてが私に必要な「アンチエイジング系」のものばっかりでしょう。
結構、興味深くて面白かったのです。

最後の「プラセンタ注射」については、しばし質問しちゃいました。
1回で1000円と安価です。
美容にも、疲れにも、精力増強にも効くらしいですよ~。
芸能人の方の多くは打ってるらしいですよね。
みのもんたなんか六本木の綺麗なサロンで2本16000円くらいのを利用しているとか(先生談)
「1回でどのくらいの期間効き目があるんですか~?」と聞いたら、

「それは、まず体験されてみてはどうですか?今日でもいいですよ」

「いやっ・・・今日は別の注射をしたんでいいですけど・・・」

会社に戻って同僚に話をしたら、「興味あるわ~♪」と言ってました。
ちょっと私も人体実験したい気もする。でもどうせならヘロヘロに疲れているときがいいかしら?

副作用はないらしいのですが、プラセンタ注射をしていると献血はできないそうです。
製剤のトラブルってすぐには発覚しないところが心配なところですね。いろいろ問題になってるし・・。

それにしても面白い病院だった!
サロン風の病院ならともかく、古びた町医者って感じなんだもん。
[PR]
by harumisan | 2007-12-22 21:55 | ちょっといい話・面白い話

ああ、雪の森のSalve Regina

今週の火曜日にまたまた有給をとって、今年最後の合唱舞台である
「クリスマスチャリティ・コンサート」に出演しました。
3つのシニアな、大学OB・OG団体によるものです。

私たちの単独ステージは、ミクローシュ・コチャールの
三つの女声合唱 (愛の思い出・幻想・ああ雪の森の静寂)
Salve Regina
の4曲を歌いました。

たいした事故もなく、私たちのベストを出せたのではないでしょうか?

なんといっても会場である代々木の「オリンピックセンター」の響きが素晴らしかった。
小ホールの方だったのですが、一番後ろの席まで声を飛ばそうという思いにさせられるの。(あまり大きすぎるとあそこまでは無理かな~?なんて思っちゃうのよね:笑)
とっても気持ちよく歌えました♪

ソプラノのHさんときたら、
「うっとりと目をつぶって聞き入っている人がいたわー!」ですって。
私が、「眠ってるんじゃなくて??」と突っ込むと、
「ううん。あれはうっとりとなのよぉ」と、自画自賛状態。
私の方は、そんな風に客席を眺める余裕はなかったけど。

合唱世界に身を置いていない人は、ハンガリー人の作曲家コチャールなんて
知りもしないでしょうけど、一度機会があれば聴かれてみるといいですよ。
冬のキンと冷えた空気感のする透明な曲に、絶対魅了されるはずです!
何だったら、歌って差し上げましょうか♪

b0007421_20283024.jpg

これでようやく体力温存・喉の保護もしなくてよくなり、羽目もはずせる状態となりました。
でも、あんまり忘年会のお声もかからないのよね・・・。

平日の有給2日に、しかも朝はのんびり朝寝ができたので、
体力だけは未だ温存されてます。(笑)
[PR]
by harumisan | 2007-12-21 20:42 | 音楽活動♪合唱

フランス人はお盛んです

Excite エキサイト : 国際ニュース
あらら!
サルコジ氏の新しい恋人発覚!と言われても、
ふぅ~~ん。お盛んだからね・・・。
と思った程度でしたけど、相手を聞いてびっくり!カーラ・ブルーニなのか。

数年前フランスに中期滞在中にCDが大人気で、私も買っちゃいました。
アコースティックでちょっと気だるい感じのお気に入りの1枚でした。
そういえば最近聴いていないけど・・。

そういえば、そういえば、友人に誘われて恵比寿での来日ライブにも行きましたよ。
まだ曲のレパートリーが少なくって、何度も同じ曲をアンコールに歌ってましたっけ。
美しく、歌の才能もあるなんてうらやましいことで。

サルコジ氏との今後・・・なんてさほど興味はないですけどね。
なにせヤツは、恋愛の達人であるフランス人ですから。

カーラの曲はここでちょっと聴けます。
[PR]
by harumisan | 2007-12-18 11:56 | ちょっといい話・面白い話

落語と両国

最近の読書記です。

◆「しゃべれどもしゃべれども」 佐藤多佳子著
これもブログ友達のtohkoさんからのお勧めの一作でした。どうもありがとう♪

そういえば最近映画化されたよね??と気づいたのは図書館で予約して手元に届いてから。映画化されたときの紹介をテレビで見ていました。

主人公のけんかっ早いけど人情味のある落語家三つ葉が、国分太一(ハンサムすぎだし線が細すぎるけど・・もっと不細工な人の方が・・)、黒猫に香里奈(これはなかなかぴったり、柴咲コウでもいいな。)三つ葉のお母さんに八千草薫(これも美しすぎ~。もっとば~さんみたいな人の方が・・)

話はスランプ中の落語家がひょんなことから、「話し方教室」として落語を教えるというもの。集まった数名はそれぞれに問題を抱えています。
彼らのささやかなサクセスストーリーであり、胸きゅんのラブストーリーであり。
とっても暖かい気持ちにさせてくれます。

話がとてもわかりやすく、よくまとまっているから、映画化したくなるのもわかるなぁ。
DVDを早く借りて観たいなぁ~。
実は私は秘かに落語が大好き。数年前のドラマ「タイガー&ドラゴン」も大好きだったな。


◆「日本橋バビロン」 小林信彦著
これは、雑誌か何かで著者が軽いエッセイを書いていて、「もっと詳しいことは日本橋バビロンに記した・・・」ようなことだったので興味を持ったもの。

著者は江戸時代から続いた老舗和菓子屋の生まれ。場所は両国。
両国と言えば、今国技館がある辺りかと思いきや、本当は隅田川を渡る手前の今の
「東日本橋」あたりらしい。
話は、両国の街と実家である和菓子屋の盛衰。エッセイのような自伝です。
b0007421_1433227.jpg

数年前に人形町で働いて以来大好きになり、その近辺に異常に興味を持っていました。
今はかなりオフィス化されているものの、そこはかと漂う粋な江戸ムードに魅せられました。
和服を着るようになったのもその影響です。
その中でも「東日本橋」というのは謎で、未だ足を踏み入れたことはないものの気になる場所です。今でも「薬研堀」の縁日があったりします。戦前は浅草と匹敵するほどの歓楽街だったらしいです。

東京の場合、「震災」・「空襲」・「高度経済成長」で古き良き土地がどんどん変わっていってしまった。 今や世界どこに行っても高いビルディング立ち並ぶ機能的な同じようなたたずまい。(特に最近の中国をテレビで見てそう思います)なんだか寂しい・・。
昔の東京なんて、こうやって文章で読むしかありません。
そうして美しくも妄想するのです。

最後の「創作ノート」を読み終わって気づいたのは、装丁が知人のOちゃんだったということ。いい装丁だと思っていましたよ。ますますのご活躍を!
b0007421_1434498.jpg

小林信彦氏といえば、「およよ」なのです(笑)。他の作品は未読なので読んでみたいと思いました。

奇しくも両方とも古き良き東京を感じる作品でしたね。
[PR]
by harumisan | 2007-12-16 13:43 | 映画・book・art

そば屋でカツ丼

今日も合唱練習。しかも朝から希望者のみの有料ボイトレのピンチヒッターを頼まれ
さらに早起き。先週も受けたのでどんどんいい声になっちゃって困るよ~。(ん?)
でも、江戸川橋の練習場の近くでお昼を食べるのは楽しみ~。
休日って朝と昼が一緒になって食事がおろそかになってしまうので、外食するほうがいいかも。

お気に入りの喫茶店中華屋ぽぽしゃんが閉店してしまったので(その記事はここです
もっぱら通っているのは、江戸川橋の老舗のそば屋さん「やぶ宗」
b0007421_22522333.jpg

(携帯のカメラの調子がわるいのでぼんやりした写真になってますね・・。)
民芸調のオトナっぽい店内で、落ち着きます。

先週は、「穴子天ざる」を食べて、いたく気に入ったのですが、浮気もしたい。
今日は、カツ丼!にしました。
b0007421_22522399.jpg

そば屋でカツ丼というのもなんですが、今日はがっつりした気分でしたの。

東京でカツ丼を食べると、黒くて醤油辛いことが多くてちょっと心配していたのですが、
この「やぶ宗」はそんなこともなく、ほんのり甘くて汁も多くて気に入りました。
カツはやや少なめかな?とも思いましたが、そのくらいがちょうどいいかも。

以前はお昼におそば屋さんに行ったものの、普通の「そば」じゃ物足りなくて
「丼」に走ったものでしたっけ。
オトナになって特に冷たいおそばには、江戸の粋を感じるようになりました(笑)
[PR]
by harumisan | 2007-12-15 23:15 | 美味しいもの☆

待ち時間長し・・・

今日は有給をとって合唱舞台でした。
大学現役の定期公演のN長ステージ参加でした。終わりましたっ。

ワンステージのみでしたので、やけに長いのが待ち時間。
楽屋が和室になっていたので、茶の間のようにひたすらまったり・・。
イマイチ緊張感に欠けますね。

レセプションで生N長さんに逢えて、嬉しかった。素敵な方だわっ。
ま、ミーハー発言です。
委嘱作品を歌わせていただいてありがとうございます。
私たちの公演でも、この作品を歌うとか歌わないとか・・・まだ未定ですが。
ちょっと私たちには若すぎるということでしょうか?

大学生って、なんて初々しくて可愛らしいのでしょう。
わたしにもそんな時があったのかな?

まるでプロ歌手のようにも来週初めに舞台が控えてます。
体力調整が重要任務!
もちろん明日も練習~! 鬼門の曲があるんだよなぁ・・。なんとかせねば。
[PR]
by harumisan | 2007-12-14 23:52 | 音楽活動♪合唱

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan