<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

イベリコしゃぶしゃぶ

門前仲町散歩の後の晩ご飯は・・・・全然江戸っぽくないお店でした。
その名も「イベリコバル門仲」という、門仲なのにスペインバルなのです。
ミスマッチだわね。イベリコ豚のしゃぶしゃぶがいただけるそうです。
ここは、連れのTねぇさんのリクエストです。新聞で見つけたそうです。

お店のある辺りは、下町の住宅地の中に飲食店がぽつぽつある感じです。
イタリアンのお店も3軒くらいありましたよ。
目指すお店はこんな感じ。夜の闇に浮かび上がる照明がなかなか素敵で、
ここが門前仲町とは思えないですよね。
b0007421_1948931.jpg

イベリコしゃぶしゃぶは2階でしかいただけません。
1階はいわゆる小皿主体のスペインバルになっています。(こっちも魅力的)

しゃぶしゃぶのコースを注文しました。
まず最初に、tapas3種盛り合わせが運ばれてきます。
b0007421_20184961.jpg

一番右のものは、豚耳のゼリー寄せです。シェリーと共にいただきます。
そうして、たまった近況報告に大いに花を咲かせるのでした。

で、・・イベリコ豚ですね。
b0007421_20213152.jpg

綺麗なピンク色ですね。豚だけどレアでもいただけるので
あまり火を通さなくてもいいそうです。野菜も当然白菜なんかではありませんね。

タレも洋風です。
赤いのはさっぱりした酸味のガスパチョ風、白いのはニンニクとシェリービネガーの入った
ごまだれです。 どっちも捨てがたい美味しさです。
b0007421_2024266.jpg

は~い、しゃぶしゃぶしますよぉ~♪
b0007421_20252263.jpg

イベリコ豚はさっぱりしていて、いやはや結構気に入っちゃいましたよ♪
お肉おいしいねぇ~~。

コースは実はこれでお終いです。ちょっとだけ物足りない。
もう一つこれに焼き肉が付くコースがあるのですが、それはtoo muchよね。
他のtapasを追加するもよしですが、なんといっても炭水化物が足りないと思いました。

イベリコ雑炊でもいいし・・と思ったらご飯はありませんでした。
でも、ラーメンがありました。しかもちゃんとチャーシュートッピングも用意されて
正統派のチャーシュー麺が完成したのです!(麺は茹ですぎました・・・反省)
b0007421_20295314.jpg

思いがけない場所でいただくラーメンも悪くないですね。

ということで、このお店なかなか気に入りましたよ。

ただ・・・・。非常にうるさかった!!のが惜しまれるのです。
部屋の両端に6名程度の団体さんがいらっしゃいました。
私たちの席のすぐ後ろの団体席は用意されているだけでまだ未来店でしたが、
遠い団体のうるさいことうるさいこと。特に男性の一人が。
もっと上品に笑うこともできるでしょう??
ここは居酒屋じゃない・・というかスペイン居酒屋ですけどね(涙)

デザートや珈琲もいただきたかったのですが、
食事が終わった頃に、近くの席の団体さんがご来店。しかも大学生か?という年齢で
パワーがありそうだったのでそそくさ退散いたしました。

デザートは、駅上の昭和の香りがぷんぷんの喫茶店でいただきました。
あぁ・・・・・・。静かで落ち着きましたよ。
[PR]
by harumisan | 2008-02-27 20:40 | 美味しいもの☆
その1からの続きです。
60分の占いの後の30分ほどは(ついヒートアップしてしまって30分も残ってなかったのですが・・・)チャクラ・ヒーリングなるものがサービスで受けられるのでした。

チャクラ・ヒーリングとは??私も初体験なのでよくわかりません。
その占い師さんのHPから引用します。

マスター、ガイド、守護天使、ハイヤーセルフのサポートを受けながら、
あなたのチャクラの状態を読み取り、今気づくべきもの、
癒される時が来ているものについて、チャクラのクリアリング(浄化)とヒーリングを行います。
チャクラとはエネルギーの「輪」という意味で、
肉体・感情体・思考体・精神体のエネルギー・センターです。
エネルギーのデトックスで、7つのチャクラのバランス調整をすることで、
魂の望んでいることがクリアーになり、新たな第一歩を踏み出すパワーを取り戻すことが
できるでしょう。

○チャクラの状態を読んで、ブロックや滞り(古い痛みや感情)のあるものをクリアリング
○自分のものではない異質なエネルギーの除去
○望む方向へ前進することを阻んでいる思い込み、信念体系etc.の解除
○カラーヒーリング他の光のワーク 
○エンジェル・ヒーリング(クリアリング、コードカッティング) etc.
 (すべてエネルギーワークです)


これが実に不思議なものでした。
星占いは、自分でもなんとなく感じているものの確認みたいな感じがします。
”あ~やっぱりね”と思って、その時期を知りたい。
でも、このチャクラ・ヒーリングなるものは、
”なんでそんなことがわかるんんだろ~~??”と思っちゃいます。

(以下、専門用語がよくわからないので、私の言葉で書きます)
まず、私のチャクラ?エネルギーの状態を透視します。

しばらくしていくつかのチャクラに滞りが見られたそうです。
最初にハートのチャクラに「コード」が刺さっていると言われました。
「コード」というのは他者による「念」みたいなものなのかな?
私の場合、両親の・・特に母親のコードが刺さっているそうです。
私に頼っているような・・・感じがするとか。
ピンク色のコードで悪い感じはしないけど、いずれ「相互依存」になると困るので、
抜いた方がいいものらしいです。

顕在しているコードなので「心当たりはありますか?」って聞かれます。
でも、あまりピンとこないのです。
両親との関係は良好だし、そんなに母がもたれかかっている感じはしないのです。
もしかして私が思っている以上に依存されているのかしらね?

「抜いてもいいですか?」と聞かれ・・・いやぁ、聞かれてもねぇ・・。と思いつつOKしました。
その後、なんとなくみぞおちの部分が痛いような気がしました。

最初は他の滞りもみられたのですが、このコードを抜いたとたん他の部分も癒されて
なくなってしまったそうです。不思議だわ。癒されちゃったんだぁ~~。

それから、しきりに後頭部の方のオーラにとげがささっていると言われます。
しばらくそれが何なのかわからなかったみたい。そして、・・
「なにか問題が起こったときに、早く忘れてしまいたいと思いがちではないですか?
ちゃんと解決しないまま、後ろの方に放り投げてしまっているのでは?」
ですって。

ふ~~~ん??
そう言われれば当たっているような当たっていないような感じです。
その後1日くらいたってちょっと思いつくものがありました。
大きな問題を放り投げることはないですが、些末な問題はついつい「ま、いいか~」と
思っちゃうことは多いですね。やけにあっさりとね。
そうか・・・後ろに投げてしまっていたのか。
塵も積もれば山となる・・・ですよね。


そんなこんなで、占いとチャクラ・ヒーリング体験は終了しました。
すべて体に触られるわけではなく、遠隔操作??のみです。
心はなんとなくすっきりしたような気がします。
それにしてもチャクラ・ヒーリングというのが不思議だった。何の根拠もないものでしょ?
ちょっと訓練をすれば見られるようなものなのかしら?
興味津々でした。また体験してみたいものです。

ちゃんとしたお金を払って占いをしてもらったのは久々です。
占い師さんなりにその得意分野はそれぞれですよね。
今回の人はタロットが得意だとR嬢が昔言ってましたっけ。タロットって問題点を明確にしておかないと占いづらいものです。あまりそんな準備をしてなかったな。
あれもこれも聞いてみたかった・・・という反省が今になって沸々とわいてきます。
ま、次回ってことで。

◆追記
[PR]
by harumisan | 2008-02-24 11:00 | 開運・スピリチュアル
昨日、占い+チャクラ・ヒーリングなるものを受けてきましたよ。
友人のR嬢の友人が占い師なのです。
この間の会社の「寝耳に水事件」があまりにショッキングで急に受けてみたくなりました。
占いって結構好きだけどちゃんとお金を払って受ける占いは、本当に困っているときしか
行かないです。 影響力が大きいではないですか。下手したら振り回されてしまいます。
元気な時は占いなしでひとりで歩いていけますもの。

忘れそうだから自分へのメモがわりにも書きます。

さて、結果は・・・・。
星占いとタロット、振り子を駆使して占っていただきます。

「寝耳に水事件」については、
去年の9月から監視されているというか圧迫があったそうです。4月か5月に何かがあって、また今年の9月に同じ事が巡ってくる。でも、それ以降はない!そうです。
9月はネックですね。 でも、それ以降圧迫もないっていうのもむしろ不思議です。

「恋愛話」については、
お友達のK氏くんの生年月日を前もって伝えておきました。
私たちは実に不可思議な距離感でつきあっているんですよね。友人に話しても理解してもらえません。それがホロスコープ上にも表れていました。
でも、相性は妙にいいし、むしろ前世からの深いつながりがあるらしい。
うん~。私もそんな気がします。
私自身も自由を求めるふわふわした人間ですが、(とよく周りから言われる)
彼ははそれを上回る自由人だそうです。 面白いカップルですね。(苦笑)
だから、結婚とかそういう形に縛られない・・・自由でいたい人です。
はいはい、わかってますけどね・・。
でも、こっちの話も今年の9月に何か転機が起きるかも?とのこと。

9月というのは、水晶のブレスを作った時も東洋系の占いで言われました。
何なんだろう。楽しみにしちゃいます!と、いうか楽しみにしていいのか??

出かけないといけないので、
続きは「その2」です。
[PR]
by harumisan | 2008-02-23 11:44 | 開運・スピリチュアル

門前仲町散歩

この間の3連休に「門前仲町」に行きました。
せっかくだから、有名なお寺にお参りしていこうか。ということになりました。
2度ほどこの駅で降りたことはあるのですが、目的地にそそくさ移動しただけで、
「あ!お寺だ。」「和菓子屋だ!」と、気にはなりつつも、時間がなく無視。
いつかお散歩してみたい場所でした。

まず、「富岡八幡宮」赤いお寺です。
ですが、なぜか写真を撮っておりませんでした。失礼。
遅れた初詣のように、夕方なのに人出は多かったですよ。善男善女・・ね。

それから「深川不動」 こんな短いけど魅力的な参道がありますよ。
b0007421_2020371.jpg

正面のお堂は古いのですが、その奥というか裏側に新館があって、
無料で見学できます。せっかくだから私たちも見学させてもらいます。

木彫りの仏像がたくさん並んでいます。
お不動は、めらめら怒っている「不動明王」がご神体?ですよね。いらっしゃいました。

一番上の階は、広い伽藍になってまして、静かでそれはもう荘厳・・・・でした。
信者の方がひざまずいて、熱心に祈ってらっしゃいます。
なんか、観光客の私たちはお邪魔のような気もしてきますね。
美しい光景でした。

お寺の建物を出て、境内には、「護摩木」がたくさんありました。
b0007421_20261385.jpg

真言宗のお寺なんですね~。
あまり私には縁のない仏教です。だもんで、とても新鮮です。

せっかくだから・・と、またまたミーハーな気分で「護摩炊き」を依頼してみました。
いろんな願い事の書いた護摩木を選んで、名前と数えの年を書きます。
料金と共に託すと、お経をあげる時に一緒に燃やしてくださるそうです。
ん~~~。初めての体験。

私は幅広く無難に「開運成就」にしてみました。
とっくに私の護摩木はありがたくも煙となって空に消えていったと思います。
よろしくお願いしますね~。
b0007421_2030529.jpg

(尼僧さんがいらっしゃいます)
それにしても、最近神頼みが多いharumisanですな・・(苦笑)

美味しそうな和菓子屋さんがありました。(でも入店はしませんでした)
他にはケーキ屋さんもありましたよ。
b0007421_20321795.jpg

[PR]
by harumisan | 2008-02-21 20:37 | お散歩
三つ星レストランに行ってきました。はい「カンテサンス」@白金台です。
行きたいお店の候補にはあったのですが、昨年末のミシュラン騒動のお陰で
手が届きにくいお店になってしまったかな。しまったな~と思ってました。
そんな折りに、mixiの某グルメの会で「カンテサンス・ランチ会」のイベントが
募集されまして、運良く初参加となりました。
とっても楽しみです♪

数ある東京のフレンチ料理店の中でも、前衛的でモダンな・・・というイメージがありました。
古典的なフレンチも好きですが、対極にあるモダンなフレンチも是非体験してみたかった。

30代前半の若きシェフのポリシーは 、
1.プロデュイ(素材)を尊重する
2.キュイソン(火の入れ方)を追求する
3.アセゾネ(味付け)を配慮する    
   だそうです。

お店は、プラチナ通りからちょっと脇に入った場所にあります。
やはり内外装も黒っぽくてモダーンな作りになっています。
訪れた日は、「雪が降るぞー!」とさんざん予告された日でどんより灰色の空のお昼でした。だから良かったのですが、どっちかと夜に訪れたいお店の感じですね。

私たちは総勢10名でしたので、個室に通されました。
ランチコースはおまかせの7500円のみで、全7皿。
まず、最初のお料理は・・・・「焼き芋」でした!
b0007421_12461897.jpg

左は、きんとき芋のスイートポテト。
お砂糖は使われておらず、塩の味が甘さを引き立てます。
右は、お芋のスープ。そのままグラスからぐびっと飲みます。
やはりさっぱりと甘くなく、お塩の味が印象的。
なんか健康的ですねぇ・・・。

それから、「山羊のフレッシュミルクのババロア 」
b0007421_1250979.jpg

これはこのお店のスペシャリテだそうです。

山羊のチーズババロアは酸味があって、シェフお気に入りの南伊だったか南仏だったかの
濃い緑色のオリーブオイルがとろりとかかっています。
やはりゲランドのお塩がぱらぱらと・・。
上に百合根とマカダミアナッツのスライスがのっかってます。

山羊乳・オリーブ・塩のマリアージュが口の中で濃厚に、感じられます。
百合根の食感も面白い。

まだまだ前菜は続きますよ。
これもまたケーキみたいに色鮮やかで目を楽しませてくれますね。
「ホタテと里芋のタルト」です。
b0007421_1257410.jpg

赤いソースは、レッドベリー系ではなくて、ビーツのソースです。
底には薄いタルト生地が敷かれています。
付け合わせの野菜は、ういきょうとりんごです。

ホタテと里芋だなんて面白い取り合わせです。
ひんやりしてあっさりとした健康的な味です。和食にも通じる感じですね。

それからお魚料理です。
これは皆さんの評判が高かったお皿ですね。
「石鯛のロースト」です。
シェフのこだわりの「キュイソン・ナクレ」という焼き方だそうです。
白身は火を通しすぎず、うまみが閉じこめられ、瑞々しいお味。
そして、皮がかりっと美味しいのです。魚の皮って美味しいねぇ~。
私の大好きな川魚の美味しさと似ているような気もしました。
b0007421_1353466.jpg

あわあわしたソースは、ふきのとう。
そういえば、春の山菜の季節ですね・・(天ぷら食べたい。)

モダンなフレンチの予想通り、お料理はどれも「ちょっぴり系」でした。
しかし、お料理最後のお肉料理のボリュームにびっくり!!
b0007421_1382773.jpg

「佐賀産の酵素ポーク 」です。
写真ではよくわからないかもしれませんが、今までのお皿と全然違う量です。
びっくりしちゃうじゃないですかぁ!でも男性にとってはこのくらいの量がないと物足りないですよね?

この豚肉の脂身は余分な脂を落としており、残りはゼラチンとコラーゲンなんですって!(嬉)
確かにそんなしつこくない味でした。
みかんのソースと、ゲランドのお塩が添えられています。
「インカの目覚め」という品種の熟成されたジャガイモがサツマイモのように甘くて美味しかったです。

こちらで出されるパンは、酸っぱいライ麦味の「パン・ド・カンパーニュ」素朴な味です。
b0007421_13164497.jpg

そうそう、パリのシェルシェミディ通りのポワラーヌのパンに似てますね!
(お店の名前を思い出すのに苦労した・・)

デザートは「ココナッツのババロア 」です。
b0007421_1318517.jpg

おっと、またまた緑色のオイルですよ。黒いのはエスプレッソのソースです。
まったりオイルと、ほろ苦いエスプレッソの風味、ババロアの控えめな甘さ・・・
特に苦さが気に入りました。

ふたつめのデザートは、「メレンゲのアイスクリーム」
b0007421_13221867.jpg

さくさくした食感で、キャラメルの風味、甘くなくていい感じです。
栗のリキュールが添えられていて、かけていただきます。
b0007421_13223290.jpg

甘い物が苦手な方でもいただけるデザート達です。

そしてコーヒーです。
b0007421_13235297.jpg


帰るときは、シェフみずからお見送りをしていただきました。
ついつい、私もシェフと一緒にお写真までも撮っていただきました♪(ミーハー?)
ミシュランガイドにサインをしていただいたいる参加者もおり(笑)
b0007421_13253067.jpg


生意気に総括です。モダンで前衛的なフレンチ・・・つまりちょっぴり系なわけです。
でも、ひとつひとつのお皿が個性的で素材の味を生かしたフレッシュな味わいで、
どれも忘れられないものでした。
ちまたに「ちょっぴり系」のお店っていっぱいありますが、それらは皿数が多いだけで
印象が薄くなることがたびたびです。ひとつひとつのお皿の個性がない。
なんだったらひとつのお皿に盛り合わせてよ!と思っちゃう。
カンテサンスは違います。

意欲的な組み合わせもあるので、保守的な舌をお持ち方は苦手かしら?

次回訪問の時に、以前の訪問日を伝えると、重ならないお料理を出してくださるそうです。
業務日誌をつけてらっしゃるのかしら?いつもサプライズでありたいですものね。
いったいどのくらいのレパートリーがあるのかしらね~?

参加者の間では「サービス」に対する不満がちらほら。。
私は、やや堅苦しい感じがしました。もっとくだけ過ぎない程度にフレンドリーでもいいのにな、と思いました。

夜の雰囲気のお店なので、次回は夜に訪れてみたいですね。・・・でも高いんですっ!
予約は2ヶ月前の予約受付だそうですよ。休日ランチは大変そうですね・・・。

【御礼】
[PR]
by harumisan | 2008-02-17 13:50 | 美味しいもの☆

ブルー・マンディ

問題は仕事の件ですが、要するにハートブレイク状態です。

あれから2週間経つと、さすがにずいぶん楽にはなってきます。

でもなんとなく心が不安定なような。

自分が悪い。

自分の運が弱い。

結局、信頼関係がない。

ってことは実は大変な打撃です。

信頼関係は私にとって、かなり重要なものだから。

別の自分の振りをしてウィークディを過ごす。・・・疲れる。

本当の自分に戻れるウィークエンドが愛おしい。

自分の光で周りを照らす。

っていうのは勘違い? いやいや、あまりに時期尚早!

自分の光の行動がすべて裏目に出て、

それも時間差で貶められる。

まだ2週間。

時間と私の日々の疲れがそれを解消してくれるでしょう。

いつまで続けられるのか?素朴な疑問。

これでいいのか?

考えるべきなのかな。

自分は自分でしかないから。
[PR]
by harumisan | 2008-02-17 12:00 | ひとりごと・・

雪の中のランチ

大雪の上野公園の後には美味しいランチが待っていました。
上野の美術館or博物館に行く用事があったらまた立ち寄りたいお店でした。
水っぽい雪の水たまりに足元を冷たくしながら、遅刻してたどり着いたのが
池之端のフレンチ「コーダリー」です。
天気のいいときなら素敵なお散歩ですが、雪中行軍は辛かったです。
雪山の中の避難小屋のようでしたよ。ほっ・・・。
b0007421_12243150.jpg


2800円のランチコースにしました。
あったかーいスープなんかすすりたいなぁ・・・と思っていたら、
最初のお皿は「スープ」でした!嬉しい!
b0007421_1226585.jpg

実はなんのスープか忘れてしまったのですが・・。
さっぱりクリーミーなポタージュだったと思います。胃袋があったまります♪

お店に着いたのは1時過ぎだというのに、お客さんは結構いらっしゃいました。
年配のご夫婦だったり、ご家族だったり、アットホームでいて静かな雰囲気。
やっぱりなごやかな空気に和みます。

前菜は「牡蠣のグラタン」にしました。これは+500円だったんですけどね。
試してみたかったんです。
b0007421_1230168.jpg

はいっ。選んで正解です。
近くの席の方々からも注目され、どよめきが起きましたよ。
”今度はあれを食べたいね”なんて声が聞こえました(笑)

クリームソースではなく、サヴァイヨンソースをかけてオーブンで焼いています。
中にはそれぞれほうれん草、アンディーブ、ポロネギが入ってます。
ソースは、オムレツというか、ケーキのようなふわっと感があり、塩味が効いていて
ワインがすすみそうな味だなーと思いました。

そうそう、ワインはブルゴーニュの赤ワインをいただきました。(名前は失念!)
酸味があって優雅でした。

メインは、「マグレカナールのロティ」です。大好きな鴨です♪
b0007421_12375363.jpg

あくまでもお肉は柔らかく、ショウガ風味のソースは、くどくなく上品でした。
パンで最後までソースをすくって食べちゃいましたよ。

つけあわせにゴボウが使われているのも、冬らしくていいですね。

デザートです。2点盛りです。
正確な名前は忘れちゃいましたけど、
グラノーラっぽいシリアルが入った(歯触りがいいのです)ヌガーアイスのような物と、
みかんのムース。香りがとてもいいです。
b0007421_1243377.jpg

甘い物が苦手な人でも大丈夫だと思いますよ。

甘い物と言えば、こんな興味深い話をしました。
一緒にランチしたHさんは、甘い物(特に洋菓子)が苦手なタイプです。
ところが、とある「整骨医」に行って”1ヶ月間甘い物断ち”を命じられたそうです。
(命じられた理由は聞きそびれましたが)
彼女はもともとお菓子などの甘い物は摂取しないのですが、
意外や料理や飲み物に砂糖が使われていて、びっくりしたそうです。
”本当に甘い物が好きな人はとっても大変だと思う”ですって。
不思議なことにそれを敢行した後、以前より甘い物を欲するようになったそうです。

さて、食後飲み物と一緒にプティフールもやって来ます。
b0007421_12565480.jpg

黒ごまのフィナンシェ・抹茶のマカロン・サブレ
それぞれの歯触りが違っているのが面白かった。
しっとり・しゅわん・さくさくっ   かな??

相変わらず、居心地のいいお店に大満足でした。
牡蠣のグラタンはビストロっぽい力強いお味で、鴨が上品な仕上がりで、
この緩急さが気に入っちゃいましたね。

浮気っぽい私が、立て続けに通っちゃうのがこの「コーダリー」でした。
お店のみなさん、美味しいお料理おもてなしをありがとうございました♪

参考までに、はじめての「コーダりー」訪問記はこちらです。

[PR]
by harumisan | 2008-02-11 13:12 | 美味しいもの☆
皆さんご存じの通りお気楽な私です。
会社で上司にショッキングな事を申し渡されました。1週間くらい前の出来事。
私の全人生を、全否定されるくらいの重さで受け止めました。
あまりの負傷に私は死んでしまいました。
そうなったら、生まれ変わるしかないじゃない。必死です。

こんな情けないこと書こうかどうか迷いましたが、
この出来事は私の大きな一部なので、書きました。
もうしばらくすると消しちゃうかもしれません。
[PR]
by harumisan | 2008-02-11 11:40 | ひとりごと・・

素敵なアペリティフ

なんと!三宿にあるあこがれのパン屋さん「シニフィアン・シニフィエ」
期間限定で日本橋高島屋に出店しています。

つつつ・・・と通り過ぎようとして。え??!嬉しい発見。
もちろん無視は出来ません。立ち止まっていくつか試食しました。
とっても気に入ったのが「クルミのパン」(正確な名前は pain aux noix)でした。
特徴のある食感。もっちりしているのが気に入った。
マッシュポテトが練り込まれているんですって。
でも、1個1400円!超高い!! 半分でも700円・・・・・・・・。
1/4でもOKらしいので、それを貧乏にいただきました。350円ね。
b0007421_20162567.jpg


でもって、一緒に「パテ」かなんかをいただきたいでしょう??
店内を物色して、「PECK」のパテを購入しましたよ。なかなかいいチョイスね。
b0007421_2018794.jpg

冷蔵庫には残り物の「貴腐ワイン」もあります。
これって黄金のマリアージュ!!

b0007421_20201033.jpg

シニフィアン・シニフィエのパンは聞きしに勝るお味でした。
食事の前のアペリティフとして、PECKの気さくなお味のパテを乗っけて、
1/4のパンでしたが3日間は楽しめましたよ。
至福の日々と言えますね。

そうそう、2月19日まで出店してます。
三宿ってそんなに遠くはないけど、行きにくいです。ついでなんてないし。
会社の近所に出店している今がチャンスです!
今週は仕事で混乱していて寄れなかったので、なんとか行かなくては!
[PR]
by harumisan | 2008-02-07 20:29 | 美味しいもの☆

雪の上野公園

今日は東京は雪が積もりました。
旬なうちに記事をアップしておかなくっちゃ。(と、焦って書いてます)

ちょっと前からの約束で上野の「国立博物館」に出かけました。
朝起きたら、外は銀世界~♪でしたが、
友人からキャンセルのメールもなかったので、
雪天決行!!です。
b0007421_2126389.jpg

上野駅公園口に到着したら、思ったより人がいました。
上野公園の中をざくざくと進んで、「国立博物館」内に着いてもかなりの人出です。
しかも館内は温かすぎて、気温差でちょっと気分が悪くなるぅ~。
なにせ厚着してきちゃいましたからね。
肝心の展示については、雅な「書」が多くて、
あまり興味がない私には「猫に小判」状態でした。
「書」が好きな人にとってはたまらない催しでしょうね。
b0007421_2127152.jpg

これから、美味しいランチ処を目指します。
それにしても、5センチは積もってますね。
ヘビーなスニーカーを履いてきたのですが、段々と水が浸みてきたみたい。
でも、歩かねばならないのだ!がんばらなくては。
レストランの予約時間にも遅刻だ~!!
(レストランの話はまた後日ね♪)
b0007421_21291925.jpg

ランチの後、自宅付近に戻ったら、上野付近ほど雪は残ってませんでした。
嬉しいような、悲しいような。
[PR]
by harumisan | 2008-02-03 21:32 | お散歩

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan