<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カキフライの季節

季節ですよねぇ・・・。
まだこの秋は食べてなかったので、今日のランチといたしました。
b0007421_13381371.jpg

おぉぉ~!衣がいかつくて、このボリュームです。
カメラに納めずにはいられませんでした。
最初は熱くてジューシーで、お決まりのように舌をやけど。痛いです。

このお店は昭和のにおいぷんぷんです。
b0007421_13381396.jpg
通りから路地に入ったところにありまして、
はっきり言ってしまうとボロボロな感じ。
夏ごろに初めて行って「まぐろ丼」がおいしかったのでした。
メニューはどれをとってもサラリーマンの心をつかむものばかり。
焼き魚定食には鮭とサバの2種類があるし、ショウガ焼き定食に、
鯖の味噌煮・・・ね??

短いランチの時間はお客さんがいっぱいで、1階はカウンター兼厨房なのですが、2階もあるらしくぞろぞろ食べ終わった客が降りてくる。
どうなってんのかな?お座敷かなぁ?

隣でお兄さんが「サバ定食」を食べていました。
鼻がぐずぐずしていて息が苦しい様子。時々あ~~とため息ついてます。
そのため息の後に発した言葉は、「あ~・・・これ美味しいぃ~~・・」

次回はサバを食べなくては!

昭和っぽいお店って、こころなごみますよね。
貧乏だけど心は豊かなのよ♪っていうムードがあったかくさせてくれる。
懐かしいな~?(っていう年なのかな私??)

お店の親父さんが、13時ごろに始まる料理番組を楽しそうに観ているのが印象的です。

+++++++++++++++++++

家のパソコンが壊れて明日から入院予定です!
ショック・・・・・・。何かとお金が出ていく季節です。無念です。

会社や携帯からなんとか更新していきますね。

弱り目に祟り目・・・。
あぁ、でも失った分だけきっといいこともあるわよね?!
[PR]
by harumisan | 2008-11-25 13:58 | 美味しいもの☆

滅多にない焼き肉の夜

とある土曜日にK氏くんとご飯を食べました。
「焼き肉か焼き鳥が食べたい!」 というので、
「がっつり!・・・っていう気分なのね」 と、聞くと、
「お昼食べてないんだよ」 という理由からでした。 なるほどね。
 
どっちかというと、「焼き肉」の方が野菜を摂れるイメージがあるので、
十番で焼き肉屋を探しました。 探すっていってもいっぱいありますけどね。十番ですから。
叙々苑というのも面白くないので、口コミサイトで見つけたのがこのお店です。
b0007421_2145499.jpg

「龍叶苑」りゅうとえん という名前で、六本木にもお店があるそうです。
場所は、三の橋です。そう。あの麻布ラーメンの隣の隣でした。

焼き肉って滅多に行かないので、どう注文すればいいのか全然わかんないんです。
どんな肉が美味しいのかもよくわかんないのです。
注文は基本的にK氏くんにおまかせね。

まず、キムチ。
b0007421_2175721.jpg

さっぱりしていてあまり辛くなくて美味しいと思います。
b0007421_2183873.jpg

サラダは、ひとり一個ずつ注文してがっつり食べます。健康的です。
b0007421_2193563.jpg

タン塩。 
b0007421_2110071.jpg

焼きますよぉ~~~。
b0007421_21102174.jpg

ハラミ。やけに霜降りですよね。こんなんだっけハラミって。
b0007421_2111499.jpg

カルビと、豚を注文。この豚はやけに薄すぎて、焼くとすぐにファイヤー!!でした。
カルビは食べかけなので、これは満量ではないです。

と、なんとなく一通り食べ終わって、もう一度普通の「カルビ」を注文してみたのは私です。
b0007421_21125066.jpg


〆に私は、「冷麺」です。 さっぱりしてかなりレベルは高いと思います。
b0007421_21143988.jpg

K氏くんは「石焼きビビンパ」 海苔がたっぷりで、ちょっと甘めだけど美味しかったです。
b0007421_1385726.jpg


お酒は、ワインのハーフを1本と、グレープフレーツサワーを1杯ずつで、15000円くらい
でした。あまり安いわけでもないですよね。
なのにお肉1皿の量が少ないです。 お肉自体も小さかったり薄かったりでした。
箸袋に「和牛の匠」と書かれていたからすべて和牛なのでお高いのかも?

焼き肉道がわからない私はどう評価していいかわかりません。
かといって、春に駿河台で食べた「霜降り焼き肉」は、too muchだと思うんですよね。
あんまりタレに浸かりすぎていたりして、肉の味がわからないなーとも思いました。
そういう場合はシオを注文すべきなのかな。
基本的に満足したけど、次回は、もうちょっと安いお店にも行って比べたいですね。
[PR]
by harumisan | 2008-11-23 13:06 | 麻布十番グルメ

唾液不足

なんだか体調が不安定です。
風邪もスッキリ治らないし、お腹の調子も今度は腸がイマイチ。

昨日は夜に行かなければいけない演奏会があったのですが、キャンセルし、
また綺麗な女医さんの病院に行きました。

腸の働きを良くする薬を処方してもらったわけです。
それから、どうも風邪のせいで口が乾燥しているのか唾液の出が悪い気がする。
女医さんが言うには、以前処方した風邪薬にそういう副作用があるものがあったそう。

でも、よく考えるとおかしい。
風邪薬はまじめにあまり飲まなかったのですが、胃の薬はかなりまじめに飲みました。
胃の薬にももしかしてそういう副作用もあったのかも?
胃はよくなるけど、それが腸に流れ込んで不調になるとか?
唾液があまり出ないから、胃もまた不調になり、腸もそうなるとか?
それでまた腸の薬を飲むのは堂々巡りのような

腸の薬はまじめに飲まず「ラックビー」くらいにしていようかな~。
やっぱり漢方薬がいいです。西洋薬って結局・・頭が悪いです。

その話は置いておいても、来週末に内視鏡検査をしてもらうことにしました。
長引く不調なので、その必要性を感じます。 内視鏡デビューと相成ります。
チャレンジャーの私は結構楽しみにしています♪
[PR]
by harumisan | 2008-11-22 20:38 | 健康オタク?

ふんわり&ほかほかの夜

ふとんを買いかえました。ようやくっていう感じですね。
もうずっと使っていたふとんは、羽毛ふとんではなくて”羽根ふとん”でした。
大昔に近所のスーパーで1万円ほどで安売りしていたからつい買っちゃったという代物。
羽毛はダウンだからふんわり暖かいけど、羽根はフェザーなのでふんわりもせずあまり暖かくもないのだ。ってことに気付いたのは結構最近なんですけどね。

羽根でも寒がりではない私は、真冬は毛布と併用すれば割と平気でした。
でも、寄る年波なのか、あまりに羽根がへたってきたのか??購入を決意。
快適な夜を過ごしたいわ。

あれこれ迷ったあげく、無印のネットストアで購入。
有楽町のお店にも一応偵察に行ったんですよ。悪くない感じ。
タイミングのいいことに、11月末まで会員は10%オフというセールが始まったばかり。

ダックではなくグース製でより暖かく、縫製も2層式というものを注文しました。
ふとんって高価な物もあるけど、無印はそれなりに頑張っているわよね~?という
リーズナブルプライスでした。

かくして、この月曜日に到着♪
”かさ”はあるのですが、体に乗っかる感じがなくて”ふんわり~~”&”ほかほか”
ほんと羽毛ふとんって軽いのね! と初めて体感しました。
もっともっと寒くなってもあったかいのかしらね?? 夜が楽しみです。
[PR]
by harumisan | 2008-11-19 11:10 | ちょっといい話・面白い話

う~~ん、トラウマ

会社ではあれやこれやそんなやあんな出来事が起きて、今はなんとなく落ち着いた状態かな。
今年の初めに上司からパワハラを受けた私。上司に対するトラウマがあるのはしょうがない。
いろんな後に私の周りが辞めてしまい、一番攻撃された私しか残らなかったのは皮肉ですけどね。彼もそれなりに思うことがあったのかずいぶん柔らかになりました。
それでも、それでも、人事考課がらみの打ち合わせで二人っきりになるとトラウマが急に浮上する。コワイ!!もっと鈍感になりたい。たぶんもうあのようなことは起こらないと心の中でわかっていても、乗り越えるのが難しい。きっと大丈夫なのに。あぁ、ポジティブな光りに満ちた未来を思い浮かべてなくては!!!
[PR]
by harumisan | 2008-11-16 12:52 | お仕事

予約困難なお店

なにしろ電話が通じにくいのです。
しつこくかけ続けて、ようやく通じたのですが、お目当ての土曜日のランチは既に満席。
でもその前日の金曜の夜はまだ空いてますよ!っていうことで思わず予約。
予約日より2ヶ月前の夏の日の出来事です。

お店は白金台の「カンテサンス」です。
2月にランチで伺いましたから、再訪ということになります。
お店の雰囲気がシックなので、夜に来てみたいな~と思っていました。

なんと!通された席は個室。
2月も団体だったので個室だったのはわかるのですが、3名で個室というVIP扱い?
なぜなんだろうね~?
結局私は、個室しか経験していないので、普通のフロアーも経験したいような。

お料理は全部で13皿、最低でも3時間をかけてお楽しみいただきます。
と、サービスの方がおっしゃいます。
時間のことはな~んにも考えていなかったけど、予約時間は19時半でしたから、
早くても22時半までかかるってことです。
実際にお店を後にしたのは、23時半前だったので、平日は難しいですよね~。
しかも家が遠いとはらはらしちゃいます。
かといって日曜はお休みなので、休日ランチの予約は困難なのです。

ともあれ、珠玉のお料理のご紹介です。
3週間ほど時間がたってしまったので、詳細を忘れました・・・ご了承下さいませ。

b0007421_1153916.jpg

リエットにマッシュルームのスライスが乗っていて、きのこのパウダーが振りかけられています。 スタイリッシュですね。いきなり美味しい♪

b0007421_1171788.jpg

ポテトのスープに、ポテトと豚肉?のお焼き。
透明なスープが胃袋に浸みます。

b0007421_11103640.jpg

これは前回もいただきました。
カンテサンスのスペシャリテ、山羊乳のババロアです。濃厚なオリーブオイルがかけられています。

b0007421_11165715.jpg

お魚(さば・・・だったけ?)にグレープフルーツが乗せられてます。
グレープフルーツと合うわね~。

b0007421_1120131.jpg

これは・・・なんだっけ失念いたしました。

b0007421_1120479.jpg

小柱のタルト。これは印象的でした。デザートではないのです。
とはいえ、左から食べて下さいと指示され、どんどん右側の方が生地が厚くなりケーキっぽくなって甘さが増すのです。 

b0007421_11223315.jpg

お魚料理はさわらです。自慢の”火入れ”が見事ですね。サンマのソースが添えられています。

b0007421_11233443.jpg

お肉料理は鴨です。これも血のしたたるような絶妙な”火入れ”です。
実はメインのボリュームを落としてくださいとリクエストしました。実際はこの2倍近くの量でやってきます。皿数が多いから正解でした。

b0007421_1126721.jpg

お料理はお終いで、デザートの前の橋渡しのチーズフォンデュです。

b0007421_11284734.jpg

デザートの最初は、マール酒のソルベ。 オトナの味です!

b0007421_11292529.jpg

これはね、フレンチトーストなのです。
それ用の生地も焼いているそうです。忘れられないお味です・・・。

b0007421_11301766.jpg

チョコレートのマシュマロ。ゼラチンを極限まで少なくして作ったとおっしゃっていたような。
ぷるんしゅわっ・・と消えてゆきます。

b0007421_11313366.jpg

これもカンテサンスのスペシャリテでしょうか?前回もいただいたメレンゲのアイスクリーム。
連れの2人は初めての感触に”おぉ~”っと感嘆していました。

そうして、最後のお茶です。
b0007421_11331471.jpg

連れである、友人の彼氏くんが実は紅茶マニアでして、さすがに出された紅茶はマニア納得のものだったそうです。マーガレット茶園の春摘みのダージリン。(でしたっけね??)
添えられたお菓子は、ホワイトチョコに胡麻がまぶされたもの。


というわけで・・・・・金曜日の夜は素晴らしくもスタイリッシュなお料理と共に更けていきました。
白金台はネオンもなく夜を感じられる街であるせいか、パリにいるようでしたね♪
あたふた終電を待ちましたが、タクシーで帰っても良かったな。

ランチの時もまた食べてみたいなと思いましたが、夜に来てみてその素晴らしさを再認識。
むしろ夜が似合うお店です。前回やや慇懃に思えたサービスも、そのお料理に誇りを持っているような真摯な態度には好感持てました。

この日は残念ながら胃の調子が悪くて、お酒は控えめにしましたが、
連れの2人は、お料理に合わせたワインのおまかせコース?みたいなものにしました。
これって、デザート以前のお料理に合わせたワインをあれこれ楽しむことができるのです。
素晴らしいです!!
なんとなく値段も聞かずその方式を選んでしまったのですが、気になるお値段は結局@8000円程度と、結構お得ではありませんか?!
美味しいお料理と、それに合ったワインなんて至福この上ないですね。

ちょびっとだけのお料理が数多く出てくるコースってよくありますが、
それらの多くは、単に数が多いだけじゃないか!と思います。

でも、カンテサンスは違います。
その少ない量は、そうでないといけない美しい量として創造されているんですね。きっと。

予約はとれないし安くもないけど、また絶対行ってみたいお店です。
お金ためなきゃ・・・。(汗)
[PR]
by harumisan | 2008-11-16 11:57 | 美味しいもの☆
冬のような急な冷え込みで、やっぱり風邪をひいてしまいました。
1週間前の頭痛はその予兆だったのでしょうか。
昨日くらいから、鼻水と軽い咳の症状。
でも、症状が出てようやく風邪らしくなってからがかえって調子いいです。
それ以前は風邪が体の奥に抑えられていた感じが、陰鬱&ネガティブなムードになってしまって気分悪かったです。

1ヶ月前から治らない(ストレス性の)胃の不調で、ようやく自宅近くの病院に行った時に
風邪薬も処方してもらっていたので、西洋薬は苦手だけど、おとなくし服用しますわ。

その病院は比較的最近出来た女医さんの名前を掲げた病院です。
「胃腸科」であるし、内視鏡の設備があるので頼もしいとおもったのです。
さぞかし、こわもての女医さんかと思いきや、
診察室に通されてびっくり!! 可憐で美しい女医さんなのです。とろけそうな感じ(笑)
内装もデザイン事務所か!?と思えるほどおしゃれだし、すごいなぁ~と感心。

胃カメラデビューか?とも怪しい期待をしていましたが、
かなりまじめに、可憐な女医さんが処方してくれた胃薬を服用して5日くらい・・・
さすがに良くなってきました。
デビューするのも経験として悪くないんですがね・・・。

なんとか、風邪も胃の不調も乗り越えられそう。
体調悪いと、気分も滅入っていけませんやね・・・。

みなさんもお気をつけ下さいね♪
[PR]
by harumisan | 2008-11-15 11:28 | ひとりごと・・
b0007421_15384460.jpg

ビックサイトから日の出桟橋まで船に乗ります♪いい趣向でしょ?20分で着くそうです。行楽気分。
b0007421_1703924.jpg

曇っていて残念ですが、ついぱちりとしたくなる風景です。
オレンジ色の光りは夕日ではなく、船内の照明が写りこんだものです。

何年も前にもデザインフェスタに行ったことがあります。
友人が趣味で水彩画を描いていて出展したから。彼女の絵はふんわり素敵で、2枚持ってます。
今は音信不通になっちゃったけど、今でも絵をかいているのかなぁ?

今日は、私のツボのアクセサリーを作るRINAさんのお店。
1時間以上も品定め・・・・迷う迷う。結局ネックレス2つと、ブレス1つを購入。
普通はこういう値段では買えないであろうレアな石を使用した1点ものです。だからついつい・・。
みなさんも良かったら、ブログ&ネットのお店を覗いてみてください。ここですよ

デザインフェスタって、学生さんやセミプロのクリエーターさんが小さなお店を出展できるっていう催しです。いっぱ~~いのブースがならんでいます。
人混みの苦手な私はこういうイベントは敬遠がちなんですけど、
若いわくわくしたパワーが満ちていて気持ちよく感じました。みんなお行儀はいいし。
創作パワーっていいもんなんですね。
結局、お目当てのお店にしか前回も今回も立ち寄らなかったりするんですけど・・・。
[PR]
by harumisan | 2008-11-09 15:38 | お散歩

失われた土曜日

あらら・・・土曜日は眠り続けました。
朝・・といってもお昼に起きたら、頭痛。
1時間くらい起きてTV見てたけど、痛いので横になることにする。
あっという間に夕方5時6時。
ようやく頭痛薬(フランス製のアスペジック)を飲む。

あ~毛穴が開いて寒くなって・・・・眠くなって・・・汗かいて・・・痛さは収まりました。

10時前にさすがにお腹がすいてきたので、
玄米ご飯に広島土産の”かきふりかけ”をかけて2杯いただく。
こんなに寝続けても11時過ぎにはふたたびみたび・・・就寝。

さすがに今日は腰が痛いです。

これから頑張ってデザインフェスタにでかけます!@ビックサイト
お気に入りのネットの天然石アクセサリー屋さんが出展するので
お会いできるのが楽しみです♪

空は灰色ですね。雨は降らなそうだけど、寒そうで何を着ていいかわからないなぁ。
[PR]
by harumisan | 2008-11-09 10:18 | ひとりごと・・

金曜日の夜の二子玉

急激に寒くなりましたね~。最近の恒例で急な季節の変化、まだ汗ばむ秋から初冬になっちゃった感じ。ウールな日々ってわけです。こないだの3連休で衣替えしましたよ。こんなんしか冬物持ってなかったのかな。買わなきゃ!とか思ったりね。

すっかりUPが遅くなりましたが。9月の末のディナーの話です。
携帯で写真を撮ったせいで忘れていました。
10ヶ月ぶりに逢うMちゃんのリクエストで、金曜日の夜に二子玉川で食事をしました。
お店の名前は、「サレ・ポワブレ」というフレンチのお店です。

高島屋の裏手にある、外見も内装もかわいいお店です。
二子玉マダムが好みそうだわ~。
b0007421_2144326.jpg

お料理はこんな感じです。6000円くらいのコースだったかな。
b0007421_2142854.jpg

最初は、オリーブとリエットとパンが運ばれてきます。
b0007421_2153587.jpg

「スープ・ド・ポワソン」フランスではよく出てくる、私の好物です。
海の濃厚なエキスのポタージュっていったところ。日本では珍しいかもね。
b0007421_2165999.jpg

牛ほほ肉の煮込み・・・だったかな。とろけるような柔らかさでした。
実はあまり得意ではないのですが、ここのお味は上品で好きでした。
で、デザートです。
b0007421_218126.jpg


コースの値段はちょっと高いかな?と思います。
お料理もそんなにインパクトがあるわけではないです。
とはいえ、思い出してみると、印象にはやや欠けるけど、上品で悪くなかったかなと思います。
Mちゃんとの静かな時間を過ごせました。

静かな・・・と、いうイメージになっちゃったのは、金曜日の夜なのに後半ほとんど貸し切りだったのよぉ~。
最初独りで食事をしているマダムがいらっしゃいました。(二子玉っぽい??)
大丈夫なのかなぁ?でも、金曜の夜は都心は賑わっても、ちょっと郊外は静かなのかな?
ランチなんかは賑わったりするのかしら??

私はお店のマダムから、なぜか”マダム”と呼ばれ続けました。
まだマダムじゃありませんしー。フランス風?マダムの貫禄があったのかなー?


☆☆
久々のMちゃんはここしばらく、かつてモテモテだったのに、そんな彼女を捨て”場末のスナックにいそうな女”の元に走った彼に、未練たらたらでだったのですが・・・・・。
またその未練話かな?やれやれ・・と思っていたら、モテモテ度は回復していました。
今はラブラブな彼氏もいて、その間に新幹線で出会った遠距離恋愛くんも経ておりました。
さすがです。そうでなくっちゃ!

「前の彼氏が忘れられなかったのは、単に自分を捨てたから執着しただけなんじゃないの??」って言ったら、
「うちの母も同じこと言っていたわよ~!」って。
誰でもそう思うわよ。

私たちいい年なんですけどね♪ うふ。
[PR]
by harumisan | 2008-11-05 21:53 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan