<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

近況報告

なんとなくネタ切れですが、最近の近況報告です。

連休のある日は上野で楽しみました。
☆合唱団の昔のピアニスト(ヨーロッパ留学中)のリサイタルを聴きに行く。
うっとりしちゃう演奏・・ってわけではないんですけどね。
がんばってくださいねー!イケメンピアニスト!

☆チベット展に行く。
上野のついでに行きました。もう終わっちゃったかな?と思っていたけど、1月までやっているそうです。
きんきらのチベット仏像展です。
最後のスーベニールショップがなかなか良かった♪ お香を買っちゃいました。
(それだけ行きたいという人も数名・・)
会社に仏像マニアがいて、感想を話しました。
たぶん私は仏像マニアではないのかも。もっとチベット仏教とは?みたいなことを知りたくて物足りなかった。
事前に勉強して来いよってことですね。はい。

外に、「フリーチベット」の人が静かにいらっしゃいました。
展示内容の後半の、中国とチベット仏教の融合の部分はつまらなかったよ。

この週末は、
☆デトックス・スピリチュアルセミナーに行く。
金曜日に仕事をばたばたしているさなかに、案内のメルマガを受信。
だからこそか、激しく心をつかまれました。
2010年は愛の年になるそうです。(って漠然としすぎてるメッセージだけどね)
そのためにも、2009年のデトックスをしましょう!というのがテーマの濃いワークショップでした。

ペアワークを組んだ人との素敵な出会いがありました。
来年旅行に行きたいと思った場所の出身の人で、来年引っ越すそうです!
「ご連絡いただけたら案内しますよ」と、嬉しいお言葉♪

盛りだくさんで満足♪ デトックスしちゃったかもねー。
でも、興奮して夜寝付かれず。

☆風邪?
いわゆる風邪引きの症状と違うのですが、妙な体調。
鼻の奥が詰まっているような?感じ。頭の中心がつーんと重いような感じ。
頭かくらっとして、すっきりしません。
お酒を飲むと鼻が詰まった感じで軽く呼吸困難気味になります。
なんなんだろーねーという症状。
思い出すと、1年前の今頃も同じような症状がありました。
[PR]
by harumisan | 2009-11-29 21:45 | ひとりごと・・

思いがけずジビエ!

K氏くんがお昼抜きの休日出勤だったということで、(休日出勤はいつものことです)
最初のごはんのリクエストは「肉を食べたい!」ってことで焼鳥屋でした。
でも、その焼鳥屋はいつもにぎわっていて、満席状態。

それでは、「このむ」にしました。
近所のカウンター主体の上州食材の居酒屋。これで3回目の来店になります。
狭い焼鳥屋にもぐりこむより、のんびりカウンターに座った方がいいもんね。
過去記事は→こちらです。
お客さんも常連さんが多くて、気取らないムードでいい感じ。

「肉!」と言っていたK氏くんがまず頼んだのは「生野菜」でした。
b0007421_21434474.jpg

なんでー??でも、野菜はいいよね。
かごの中のフレッシュで鮮やかな野菜は、それだけでも甘い風味ですが、
「雷みそ」をつけていただきます。 このお味噌が美味しいのだ~。

それから、揚げ出し豆腐。これもK氏くんのオーダー。これも肉じゃないじゃない?
b0007421_21454027.jpg


じゃあ、私がお肉を頼んじゃうわ。
「鹿肉のソーセージ」っていうのがあったんです。ジビエではないですか!!
上州食材のお店ですが、これに限っては「蝦夷鹿」なので、特例の北海道産です。
b0007421_21472965.jpg

これがとってもおいし~~~~っっ!!のです。
お酒は、このお店でおきにいりの「ゆずレモン酒」を飲んでいたのですが、
赤ワインととっても合うはずです。

あまりに私が狂ったように美味しいを連呼していたので、あきれたK氏くんは、
全4本あったうち、3本を私に譲ってくれました。
写真では小さく写ってますが、結構な太さでしたよ。

鶏もも肉の塩焼きも注文。柚胡椒ととっても合いますね。
b0007421_21515892.jpg


あまりに鹿肉を私が気に入っていたので、お店からのサービスで「鹿刺し」をいただきました。
b0007421_21531593.jpg

正直言ってしまうと、お肉自体に癖はないのですが、たれが焼き肉のたれのような主張の強い味だったのが
イマイチでした。もっとシンプルな調味料でいただきたかったです。
しかし、これもほとんど私がいただきました。

どうもK氏くんは、もも肉のあたりでお腹いっぱいになったらしく、
〆の炭水化物を拒否していました。
え~~、いつもの麺をシェアして食べようよ~~。

ちょっと迷ったあげく、私一人で、お気に入りの「鶏スープうどん」をいただくことを決心しましたよ。
コラーゲンたっぷりなのです。
b0007421_21571029.jpg

その日、なぜかはしゃいじゃうほど元気で食欲があったので、最後の〆まで美味しくいただきました。
もしかしてジビエ効果かしら??

3回目の来店でこのお店の評価がぐ~~んと上がっちゃいましたね。

この後コンビニで、棒アイスを買う私をみて、
「食べ過ぎだよっ・・・」
アイスは翌日いただきました。

偶然にも
[PR]
by harumisan | 2009-11-22 22:07 | 麻布十番グルメ
グルメな友人Hちゃんとのひさびさのランチです。
この間逢ったのは・・・たしかもう去年で確か「ロォジェ」だったかも。
もう1年にもなるじゃないの~~。
ラグジュアリー感があるお店がいいな♪と、言うことで決めたのが
原宿にある 「レストラン AI 」 です。

場所はちょっとわかりづらいです。千駄ヶ谷寄りで、原宿警察の裏手になります。
こんな建物のアーチをくぐると、緑がいっぱいのマンションの敷地に入ります。
b0007421_16195573.jpg

b0007421_1620148.jpg

どこにレストランがあるのかなぁ~~。
いくつかお店があるみたいだけど。

時間には早かったので、なだらかな坂になっている上の方まで行ってみることにしました。
いや~、この日はまだ9月の下旬のいい天気の日で、汗ばむ感じでした。
こんな爽やかな緑!!いいですね。 夏の疲れが吹っ飛ぶ感じで癒されます。
b0007421_1623130.jpg

この右側の塀みたいに写っているのは、建物なんです。中はバンケットホールみたいですね。
b0007421_16243970.jpg


目指すレストランは、坂の下の方にあり、いったんマンションのエレベータホールに入ります。
さりげないドアの向こうのようです。ちょっと探してしまいました。 ひっそりしてますね。
b0007421_16254876.jpg

白一色の清潔な店内で、すがすがしいです!
いい感じの高級感があり、気持ちいい気分になりますねー。
(お客様が多かったので、店内の写真は撮れませんでしたけどね)
b0007421_16281978.jpg

なのにランチはさほど高くなく、3900円くらいのコースを頼みました。

写真はありませんが、なんと大阪産のスパークリングワインを注文。
大阪っていうのが意外だし、これがすばらしく美味しかった!!
言われなかったらフランスかなって思うくらいよ♪

大阪の柏原産だそうです。実は帰宅後このワイナリーに電話をしていろいろお話しました。
山梨につぐ葡萄の生産があるそうです。しかもデラウェアで作っている!
「どうしてもフォクシー(きつね)臭が出て難しいんですよね・・・」
「いえ、いえ、とっても美味しかったですよ!」
熱い生産者さんでした。エネルギーをこっちもいただいちゃいましたよ!

近々お取り寄せしようと思っております。(思い出したところで)

さて、お料理ですが、どれも上品でした。
b0007421_16365383.jpg

お魚のクネルに、緑のソースがとってもきれいですね!

メインは、豚にこれにまた緑のソース!
b0007421_16374676.jpg

外は緑でいっぱいだし、まったく緑づくしですね~~。

と、思ったらデザートに原宿クレープ、抹茶アイスが緑でした。
b0007421_16385713.jpg

よっぽど癒しを求めているみたいですね(笑)
思い出すと、9月って夏の疲れがたまっていて毎年ヘロヘロ状態ですもん。
だからなんかラグジュアリー感のあるお店で癒されたかたのです。
全体的に量も多くないですが、疲れた体にはぴったりの量でした。

そうそう、原宿クレープというネーミングですが、お味は大人の雰囲気でした。
そして、コーヒーをいただきました。
b0007421_16431715.jpg


話題はこのレストランが入っているマンションのこと。
こんな緑の中の立地だなんて素敵よね~~と、夢中になっちゃいました。
億ションかな?と、思いきや、定期借地権ものなので、売価は安いのです!
モデルルームものぞいちゃおうかという、いいアイデアを思いついたのですが、
電話したら時間が合わなくて断念。

後日、Hちゃんは、レストランに再訪もし、モデルルームにも行ったそうですよ。

冷静になって考えると・・・、
近くにお買い物できるスーパーがなさそうだし、土日の原宿の混み方は我慢できないだろうし、
定借って、実はローンの他に毎月のなんとか料がたくさんかかりそうだから・・・きっと無理!
という感想です。

いろいろお楽しみがあったレストランでした。

ひさびさに・・
[PR]
by harumisan | 2009-11-17 16:50 | 美味しいもの☆

マイケル永遠に

えぇ~~~。観ましたとも。
This is it
絶対に観ると決めていました。

評判とってもいいみたいですね。
そんな噂を聞いたのか会社でもファンになった人続出。

スタジオで練習中にアカペラで歌い出す
ヒューマン・ネーチャー
素敵でした。

マイケルは音の響きを考えて、
シューミン・ネーチャー
と、発語するそうです。マイケルのこだわりかな。

マイケルの映画であるとともに
マイケルとともに夢を実現させようとしているスタッフの話


金髪の女性ギタリストかっこいいね。
black&white でマイケルと絡む場面。

もっと高い音を出して! ここは君が輝くところなんだ!
・・・僕がそばにいるから。

天使だっ・・・・!!

終わった後、これで最後かと思うと切なくてたまらなかった。
でも、マイケルは天使になっていつもそばにいてくれるんだね。

なんたって、マイケル=ミカエル ですもんね。

楽しいとき、困ったとき、悲しいときも マイケルがそばにいてくれるね。
きっと。
[PR]
by harumisan | 2009-11-13 16:56 | 映画・book・art

活火山の麓で

雲仙の極上のお湯を堪能した翌日は、仁田峠に登りました。
ちょっと前までは有料道路だったのですが、最近無料になったそうです。
b0007421_21183593.jpg

展望台から、活火山の普賢岳を眺めます。
もっと上はロープウェイで登ることができます。
b0007421_21191429.jpg

豪快ですね。

下の方を眺めるとこのような風景。(島原、有明海側です)
b0007421_21201830.jpg

なだらかな平和な風景ですが・・・実はとんでもないのです。
15年ほど前?の大噴火で、火砕流が流れた道ですね。
この後、この下に移動した写真をお見せします。

反対の方の風景はこちらです。(千々石の方かな?)
遙か下の方に海が見えますね。
b0007421_21244895.jpg


そろそろ山を下りましょうか。
b0007421_2127421.jpg

このモダンな建物は、「雲仙岳災害記念館 がまだすドーム」です。
b0007421_2128459.jpg

熊本出身のHさんから。「なかなかいいよ~」との情報を得て、行きたいな♪と思っていました。

お金がかかっている施設ですね。
所々に案内してくれるきれいな女性がたっていて、説明してくれます。
噴火時の様子を体感できるバーチャルシアターもあり、ちょっとした遊園地感覚。
大変満足しました。

「がまだす」というのは、島原地方の方言で「がんばる」という意味です。
長崎では使いませんけどね。

ちょうど私たちが訪れた時に、どっかのお偉いさんの視察があったようで、
関係者がたくさん集まってお出迎えしていました。 どちらのどなたさんなのでしょう??
最近、島原半島が「ジオパーク」に認定されたようなので、その関係なのでしょうか?
ジオパークの情報については→こちら。
どうやら認定された直後(8月22日)に私たちは訪れたので、その関係者ですね~。
そういう情報ってあまりニュースでは報道されないような気がします。
いい話なのにね。

すぐ裏はもう海でした!のどかですね。
向こうの小さな島は、大昔の噴火でできた島らしいですよ。
b0007421_21334960.jpg


下から眺める普賢岳です。
b0007421_21352934.jpg

あの上から溶岩(火砕流)が流れてきたんですね。火砕流っていう言葉が有名になったのも
この噴火だったように思えます。
噴火は長い期間にわたり、このあたり”みみなし川流域”では報道関係者の犠牲者が多かったのです。
(がまだすドームで記憶が甦りました。)

ちょっと迷いながら被災した小学校を見学に行きました。
「旧大野木場小学校」  小学校自体は離れた場所に移転してしまいましたが、
後世のために被災したままの状態で保存されています。
b0007421_21414974.jpg

b0007421_2141595.jpg

幸運なことに犠牲者は一人もいなかったそうです。
b0007421_21422831.jpg

[PR]
by harumisan | 2009-11-08 21:53 | 長崎
麻布十番グルメの話題です。
なんだか納得いかないお店が多い中、素敵なお店を見つけちゃいました。
韓国大使館の近くにある「SOLANA」というお店です。

あまり行かないエリアなのですが、とある日にお散歩して見つけました。
昼間だったのでお店は閉まっていたのですが、メニューを見て「イタリアンかなぁ?」って思いました。

その後、K氏くんを伴って出かけてみると、狭い空間なので満席でした。
「今度は予約をしていらっしゃってくださいね~」ってお店のマダムに言われました。
私がとっても残念そうな顔をしていると、カウンターに座っていた男性が
「美味しいですよ~」と、にっこり。
絶対いつか行くぞーー!! と、思っていたお店でした。

ようやく入店できたのは、9月のシルバーウィーク直後の平日の夜。
こんな日なら大丈夫でしょう。念のため直前に電話を入れました。・・・OKでした♪

L字型のソリッドなカウンター主体で、椅子席は4人掛けでふたつ。
お料理は、イタリアンあり、フレンチあり、和食ありで、
手書きされたメニューの数々は、どれもそそられます。
画廊のような、黒が主体で落ち着いた内装です。

いただいたのはこんなもの。
b0007421_21234095.jpg

白レバームースに無花果ジャム(だったかな?)が添えられています。
白レバームース大好きなんです!!

b0007421_21243958.jpg

アボガドとタルタルステーキ。
周りに並べられている薬味を好きなだけ加えて、(全部?)まぜまぜいたします。
b0007421_21254270.jpg

これもパンにのっけていただく。

b0007421_21262777.jpg

茄子とじゃがいもの重ね焼き。

そうなのです。メニューの最初に書かれていた前菜的なお料理ばかり注文してしまいました。
そんなこんなで早くもお腹がいっぱいになってきたー。
でも、どれもこれもが、芸術的・・グラフィックデザイン的で美しいですよね!

締めにいただいたのが、「サンマの棒ずし」です。
美味しそうで、美しい~♪
b0007421_21303285.jpg


グラスワインも豊富で、どれもこれも(棒ずしは日本酒よねー)ワインに合うお料理です。
本当は、デザートもいただきたかったのですが、
この日私は体調が悪かったのか?ワイン1.5杯にして、貧血酩酊状態に陥りました。
近所だから良かったー!
平静を装いつつも、前のめりになって、自宅に戻りベッドにダイビングしました~・・・。とほほ。

でも、魅力的なお料理がいっぱいだったので、また行きたいです。
そろそろ・・週末にでも行きたいんだけど~♪

今日になってこの記事を書くために調べていたら、内田繁さんの手による内装だそうです。
なるほどね~。昔お世話になった、デザイン事務所のA師匠も気に入りそうなお店ですね。
いらっしゃっていたりして??
[PR]
by harumisan | 2009-11-05 21:36 | 麻布十番グルメ

雲仙極上の湯

夏休み長崎帰省の旅の話です。
久々に開始しますね。季節はすっかり変わっちゃったけど。(今日は冬の寒さですね!)

いつも両親との温泉旅行が恒例ですが、今回もまた私のリクエスト!
場所は「雲仙」です。
雲仙は山の上に位置するし、行ったことはあっても今まであまり泊まったことがありませんでした。
それに、真夏の九州は暑いので、涼しいところに行きたいのです。

父がお気に入りの、激安温泉プランがある旅行代理店で予約してくれたのが、
「雲仙いわき旅館」 
ネットで調べてみると、雲仙で唯一自家源泉の湯らしいです~!!
他の旅館は、広大な湯畑からの引き湯がほとんどなんでしょうね。
気分が盛り上がりますよ!!

ま、雲仙はまさに活火山のお膝元なので、どこもお湯は絶品なんですけどね。

今回は、千々石の方から雲仙へと登りました。
途中で、ビュースポットがあります。
b0007421_22155914.jpg

棚田で有名な場所らしいですよ。
b0007421_22162419.jpg

母によると、ここでできたお米はブランド米でとても高いそうです。
なるほど~。

あっというまに、雲仙の温泉街に到着。
あ~やっぱり山の上なので涼しいです。
b0007421_22194290.jpg


私たちのお部屋は2階です。
b0007421_22202963.jpg

わ~~~。
懐かしい感じのお部屋で感動。
天井が高くて、ちょっと補修しているところ以外は(この部分はチープですが)は純木造。
実家の建て替える前の、祖父母の居住空間ととても似ています。
懐かしすぎます。 丸い木ででき、もう黒ずんでしまった窓の手すりがたまりません。
昔、精霊流しの時に、妹が手すりの間に頭が挟まってしまって、大騒動だったんだよな~。
と、回想してみたり。

亡くなった、祖父母のことも思い出しました。
決して豪華な部屋というわけではないのですが、私たちにはとても嬉しかったです。
(写真はこれしか撮ってなくて残念)

この旅館、以前は「磐城ホテル」という名前だったみたいです。
手前は、古い木造3階建てなのですが、奥に高めのコンクリートの建物が建っています。
新館かな。そちらには「露天風呂のお部屋」があるようですよ。
ホテル→旅館 という変遷が、時代を表していますね。

大期待のお風呂です!!
雲仙の泉質は、「酸性・含硫黄ーアルミニウムー硫酸塩温泉」。
いわゆる、硫黄のお湯ですね♪

1階には内湯があります。
b0007421_22294814.jpg

まるで、鳴子温泉のようです。すばらしい!

掛け流しは当然です。・・・しかし真夏の内湯は熱すぎる!
申し訳ないですが、加水をどばっ・・とさせていただきました。
しばらく、腰から下浸かれない状態でした。
すばらしい雰囲気に魅了され、熱かったけど、気分はずっと浸かっていたかったです♪

2階には露天がありますよ。
b0007421_22332486.jpg

なんて素敵なお湯の色なんでしょう♪
内湯と違って、涼しくていいですね。
(今日の気分は、内湯に直行して温まりたーい!ですけどね)

うちの母もこの温泉のすばらしさが気に入って、
今度の民生委員の旅行でみんなで来たいわ。って言って、フロントの人と交渉していました。
人数が集まれば、長崎まで送迎していただけるようです。

ご飯は、隣のお部屋でいただきます。
こちらのお部屋は、新建材で改造してしまっていて、まるで団地の中の家族団らんのようです。
清潔感はあるけど、味わいはないお部屋ですね。
安いプランなのに、質素ですがなかなかのお料理で満足です。あまり量が多くないのもいいですね。
夜ごはん。
てんぷらは揚げたてで嬉しい。
b0007421_22382940.jpg

朝ご飯。
b0007421_22385595.jpg


就寝する時に、長崎市内と違って涼しいからクーラーいらずね。って思っていたのですが、
窓を開けていると、湯畑の硫黄臭をぷんぷんに感じて、鼻をつんつんに刺激します。
窓は閉めなくてはね。

隣が、「温泉神社」でしたので、翌朝お参りしました。
すばらしい温泉に感謝いたしました。
b0007421_22451771.jpg


すっかり冷え込んだ今日この頃・・・雲仙のお湯がとても恋しいです♪
[PR]
by harumisan | 2009-11-03 22:46 | 温泉♪旅

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan