<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

土用の丑の日♪

暑い中、お仕事で駅前の銀行に出かけたら
「!!!」
近所にうなぎ屋さんがあります。
今日は土用の丑の日だから、お店の外に屋台が出ています。

神田きくかわさんです。
b0007421_125937100.png


お昼はうなぎに決めました!
銀行の用事も気もそぞろに済ませ、お店に突入!

実はまだ開店前で準備ができてないようです。
「何時頃いらっしゃいますか?」だなんて、
こんな暑いのにもう一度は出直したくないよぉ~。

幸い特別な日なので、店の奥で準備はできていて、
ちょっと待って、お弁当を持ちかえることができました。
お店にはフジテレビのTVクルーがいらっしゃいましたよ。

b0007421_13384.jpg

これで2800円。 豪勢なランチです。

あれれ?小さいな。と思いました。
ずっと昔に、会社の前の社長がGW前の繁忙期に差し入れで持ってきてくれたことが
あって、そのうなぎの大きさにびっくりしたのでした。
こんな感じでしたよ。

b0007421_1354092.png


もっと高いお弁当だったのか、うなぎの不漁で高くなったのか?
きくかわさんは、愛知県で養殖場を持っているみたいなので、前者なのかな?
20個は差し入れしてくれたから、太っ腹な社長でしたね。

小さめでもお味は格別です!!
これで暑さを乗り切りましょう♪
[PR]
by harumisan | 2012-07-27 13:08 | 美味しいもの☆

夏のワイン会♪

関東地方は梅雨明けしたんですね。
どうりで東京はこのところ、酷暑続きでした。
九州は豪雨というのに、あまり雨が降らなかった印象です。
これから、激しい夏をなんとかのりきらなくっちゃ♪

麻布十番の行きつけのフレンチ「モワルーズ」さんの「ワイン会」に昨晩参加してきました。ワイン会は1月に引き続きの参加です。

私はみなさんご存知の通り、とってもお酒に弱いのですが、ワインが農産物として興味があります。作り手や年や作る場所による、味の違いに興味があります。わくわくしますね♪

でも、いかんせん・・・グラス2杯で酔っ払ってしまうので・・・(爆)
いいワインをちょっとだけでいいの~と、少々生意気を言っております。

飲んだワインは、8本、
泡、白2本、赤4本、貴腐ワイン1本(なんとシャトーディケム)

「弱いって言ってるのに、そんなに飲めるのですか?!」って不思議ですよね。

ソムリエの西川さんは、私が弱いことをよくご存知です。
アロママッサージの後に訪れて、急にワインが回って倒れたという醜態をご存知ですから(汗)

私の量だけとっても少なくしていただいています。
「お値段は同じなのにもったいない??」いえいえ、私はとっても幸せです いいワインをほんのちょっとだけ~~。

最後まで、完食ならぬ、完飲!!理想的なワイン会と言えるかもしれませんね。

b0007421_19382494.jpg


シェフの田中さんの優しいお料理も忘れてはいけませんね。
ワインに合わせて、絶妙のお味です。 そんなに量が多くないのが気に入っています。

b0007421_19385152.jpg


いただいたワインの中でいくつかをご紹介します。

1989 Meursault Domaine Jean Michelot
黄金色の輝き、89でもまだまだ華やかな貴婦人のような香り。
口に含むと、瞬く間にミネラル分がいっぱいの、清流の水のようにさらりと変化。
素晴らしい夢からさめた儚さを感じます。

作り手のミシュロ氏は昨年事故でなくなったそうです。
その後ドメーヌは売却されたので、貴重なプライベートストックの1本。
この辺にも「儚さ」の意味があるのかしら?

1996 Condrieu Coteaux de poncins Domaine Francois Villard
口に含むととろりとクリームのような液体が流れ込んできます。
生クリーム? マンゴークリーム? 心が嬉しくなるような感じ。

あまりコンドリューを飲むこともないし、品種である「ヴィオニエ」もあまり。
96という古酒に出会うことは少ないそうです。
古酒との出会いは、こういうワイン会ならではですね。

ヴィオニエは、目鼻立ちのはっきりしたキュートな南洋系の美女。って感じですね。
笑顔が素敵です♪

2010 La pineta IGT Toscana Podere Monastero
イタリアのピノ!! 珍しいけど、なかなかのものです。
しゃら~~んとまっすぐな味わいで、舌に余韻を残します。

しかも、ロマネコンティの畑と同じクローンのぶどうの苗木を植樹して作ったワイン。
今飲んでも美味しいし、10年後も期待できる!
そんなに高くないということなので、探し求めたい感じです。

1983 Gigondas La cave des Gigondas
またしても古酒!! しかもジゴンダス!
コルクを開けたととたんに不思議な香りがお店に立ちこみました。
魔法からとけたのかしらね?!

パチュリというアロマの香りにも似て。土の香りもします。
舌での味わいというより、私は鼻で味わいました。


そして、
1998 Ch.d'yquem Sauternes
天国への階段・・・!!

b0007421_19432613.jpg


3連休の最後の夜に、とってもなごやかで楽しいひとときでした。
ワイン会のメンバーに「嫌味なワイン通」がいないのもいいんですよね。
次回のワイン会は、来年の1月。かなり先ですが、また参加させていただくだろうなぁと思います。

ご一緒した、みさこ&アロマセラピストのさちこさん。楽しくて美味しかったね。
他の参加者のみなさん、モワルーズの田中さん、西川さん、素敵な企画をありがとうございます
[PR]
by harumisan | 2012-07-17 20:22 | wine
いつもお昼にお世話になっています。
松坂豚のハンバーグが美味しい神田バル
先日、6月末でオープン1周年です。
b0007421_13373836.jpg

オーナーシェフの小菅さんは、「何かやりたいな~」って呟いてましたっけ。

で、こんな大盤振る舞いをやって下さいました!!

b0007421_13341337.jpg


パーティーか何かやるのかなぁと思ったら、生ハムの無料サービス。

b0007421_13353992.jpg

ランチで訪れたこの日は、もうハモン・セラーノちゃんの脚?が細くなっていました。
その数日前の夜はまだ、たくましいものでしたよ。

そう。夜だけでなく、ランチでも大盤振る舞いなのです。
b0007421_13371679.jpg

わおっ!!

なんていい人なんでしょう♪(涙)

スペインバルなどに行くと、このような生ハムがありますが、
湿度の高い日本では(特に梅雨ですからねー)あまりもたないそうです。
せっかく仕入れたものの、生ハムのオーダーが少ないと大変ですね・・・。

その翌週に神田バルを訪れると、もうカウンターに脚はありませんでした。
でも、このようなものに変身!

b0007421_13414466.jpg

ハモン・セラーノで作ったリエットです。(できたて)
食べてみた~~い!!(今週まだ残っているのか不明です)

そうして、こんな濃厚スープも出して下さいました。
b0007421_1343756.jpg

ハモン・セラーノ出汁のコンソメなのです!!
エキス分がたっぷりで、夏バテ解消できそうな勢いです。うまっ!

スペインのハモン・セラーノちゃん、骨の髄まで堪能させていただきました。

週に1回は通っている神田バルさんですが、
今後ともよろしくお願いいたします♪お世話になります。

b0007421_1343193.jpg

[PR]
by harumisan | 2012-07-09 13:46 | 美味しいもの☆

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan