昭和のアイドル

トシがばれてしまうお話ですが・・・

昨晩TBSの新番組「解禁!丸秘ストーリー 知られざる真実」という2時間の番組を見入ってしまいました。
ピンクレディとか昭和のアイドルの「知られざる真実」をドキュメンタリー調で綴っていて、なかなかおもしろかったです。
その中で、天地真理と小柳ルミ子が当時ライバルだと言われていたらしい、真実はどうか!?という話がありました。
実は、事務所の扱いにも差があったらしく小柳ルミ子は天地真理を妬ましく思っていたらしいです。と、本人が激白します。また、その思いをばねにして芸能界で生き残ってきたと話します。
最後は二人が涙の再会を果たすのです。


懐かしすぎます!
70年代の”素朴”にもよく晴れた空の下の子供の頃を思い出しました。

二人は陰と陽のようなイメージ。

天地真理は「白雪姫」とも呼ばれていて、超超アイドルでした。
当時の映像を改めて見たら、ほんと可愛かったですね♪
(当時はそんなに思わなかった)

小柳ルミ子は同期だったのですね。・・・ライバルにしてはキャラクターが違いますよね。
歌がうまいせいか、演歌っぽいヒット曲がたくさんありますね。
当時は、歌唱力のある人は演歌調を歌わされました。

そんな演歌の世界の流れなのか、
小柳さんはその後妙な「陰」の方向に行ってしまって、・・でも・・・今でも美しくご活躍中。

真理ちゃんの歌、ポップスですね!!
みんな歌えるかも! しかもポジティブできれいで楽しい歌ばかりなんだよね。
今度カラオケで制覇したい気分。
思い出して感動して、幸せな気分になっちゃいました。
今は、太った・・でも笑顔が相変わらず明るいおばちゃんになっちゃったけど。

なんだかふたりの人生を考えさせられました。

ま、どうせなら「陽」でポップに生きたいな♪ と、思ったわけです。
演歌調ではなくてね。
by harumisan | 2010-10-20 11:10 | ひとりごと・・

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan