大雪の中のワイン会

最近恒例になっています。
麻布十番のレストラン「モワルーズ」さんのワイン会

今日の大雪の中で開催されました。忘れられない日になりそうですね。

b0007421_21123811.jpg


b0007421_21123350.jpg


昼の部と夜の部の二部制で、今回は初めてお昼の参加です。
こんな雪の日ですもの。いくら私は近所とはいえ、正解です。

こんな感じで、いつもながら優しい田中シェフのお料理と(人柄でしょうか♪)
西川ソムリエセレクトの、マニアックなワインをいただきましたよ。

b0007421_21105343.jpg


b0007421_21105556.jpg


b0007421_21105180.jpg


b0007421_2194355.jpg


b0007421_21103627.jpg


b0007421_21171066.jpg


子羊のロースト絶妙な焼き具合で美味でしたぁ。

b0007421_2193497.jpg


b0007421_2193663.jpg


b0007421_21194091.jpg


今回は、参加メンバーが、30代の女子が多かったせいなのか、
最初のヴァンムスーと白ワインが、小花模様の女子テイストの味わいでした。
なんのこっちゃ?ですか。優しい味わいだったってことかな。

いつもながら古酒が多いです。
2004年が一番若いと言えます。
こういったワイン会でないとなかなか古酒は飲むチャンスがないので
あり難いですね。

個人的に面白いな~と思ったのは、1973年のシャトーヌフ デュ パープでしたね。
1973年なんてなかなかでしょ? ミルキーな味わいに、思わず頬がほころびました♪

その次の、ポイヤックの シャトー オーバージュ リベラル
2004年と1986年の飲み比べも面白かったです。

1986年とはいえ、その力強いタンニンに驚き、
2004年でも、なかなか昔でしょ?その若々しさに嬉しくなっちゃいました♪

お酒に弱い私なので、用心しながら飲んでいるのですが、
デザートワインで復活。 好きなのです。

今回は、ジュラソンの シャトージョリー1986年 というもの。
ブドウの房が樹についたまま乾燥状態になるまで待ってから摘むという遅摘み方法で
作られた甘口ワインです。

甘すぎず飲み安いです。
珍しいワインだと思いますが、家に常備して毎日飲みたい感じですね。


モワルーズの田中さん、西川さん
素敵な時間をありがとうございます。 次回は7月ですね♪


b0007421_1620477.jpg


集合写真はモワルーズさんからお借りしました。
[PR]
by harumisan | 2013-01-14 21:41 | wine

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan