10月の転職活動報告・雑感  その1

確かに。。10月に入って「転職ネタ」を全然書いていません。
実は、前回の転職活動は働きながら行っていたのに、今回は完全な失業者!
“背水の陣”状態が、身に応えていました。

転職は、能力ももちろんですが、「タイミング」「縁」「運」が重要です。
自分で頑張りすぎても、空回りするばかり。

常に気持ちを前向きにもって、いい運を呼び込み、面接のチャンスがあれば爽やかなムードを押し出しつつ100%で挑む!って感じでしょうか?ふ~っ。

とは言ってもね~。停滞する時期もある。そんな時は朝起きたとき、
「あ~今日も失業者か~!」なんて気持ちダウンするものです。

自分のメモ代わりに、「9月の転職活動報告」の続きを書きます。
転職希望者にはタメになるかもよ♪





【その3.B社による恵比寿の会社の紹介】
こちらは書類選考待ちでございます。

・・・のところまででした。書類選考には受かりました。

雨の降りしきる10月の初旬、会社に行くと、面接官は若いカジュアルな服装をした
イケメンの男性。(!私には若すぎ。・・・ってそんなつもりはありません)
でも、なんとなく頼りなくもあり。

面接が終わった後、同席してくれた人材紹介会社の人がおっしゃるには、
「今日の感じからすると、2次には進みそうですね。」2次は社長面接だそうです。
ふ~んそうなのかな?面接のイケメン君はあまり私に興味がなさそうだったけど?
単に決定権がないだけなのかしら?と、私は思ったのです。

ところが、2次には進めない旨のメールが人材会社から来ました。
「せめて2次には進めると思ったので、残念です。」と、返信、
「私も意外な結論に驚いています」という返事。良かった。
そういってくれて安心しました。「相性」っていう問題がありますからね。


【その4.ハローワークで見つけた千駄ヶ谷の会社】

失業保険の申請の関係で、時々ハローワークに出向きます。
もちろん、ここでもたくさんの仕事の情報があります。
建物内のコンピューターで検索して、良さそうなものを探すことにしました。
確かに件数はある。お給料は低め。私の希望額の下限が、ほぼ上限の設定になっている。
ふ~ん。数件プリントアウトして、カウンターで応募状況を尋ねる。

この会社は、受付後1週間後くらいですでに20名弱の応募があるそう。
担当の人に「OO歳で経理歴XX年の方が応募されたいそうです。まだ受付してらっしゃいますか?」と電話確認してもらいました。
紹介状をもらって、自宅に戻って、履歴書・職務経歴書(近くのインターネットカフェ兼
漫画喫茶でプリントアウトする。恥ずかしいよ~!自宅にプリンター持ってないの)・それからカバーレターを手書きして、・・・ふぅ。翌日郵便局に行き、速達で送る。

でも、でも、速攻!、メール便で履歴書等が戻って来ました。
「ご期待に添えない結果」ですね。それにしても早すぎ。何だったらハローワークからの電話の時に断ってよ!


【その5.ハローワークで見つけた汐留の会社】

その4と一緒に、履歴書等を送りました。
1週間後くらいに同じく「ご期待に添えない結果」となる。
ハローワークの場合、応募数は50通くらいにはなりそう。その中の書類選考に残るのは、
至難の業なんだろうな~。その求人会社の求人票は公開されていても、実際どんな人を求めているのかというのはわかりづらい。ハローワークの人もただご案内するだけで、内容までは探ってくれない。結果「下手な鉄砲」をじゃんじゃん撃たなきゃいけないのだよぉ。

その点、人材紹介会社は、成功報酬がかかっている商売。非公開の求人が多い。誰彼も応募できない。応募できたとしても厳選しているはずだし、いちいち自分で苦労して書類を送んなくてもいいし、どんなに多くても10名くらいの競合なのでは?
[PR]
by harumisan | 2005-10-20 22:31 | お仕事

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan