下流なわたし??

今週はますますもって、仕事が忙しい。。
仕事をトンズラした前任者のおしりを拭いているようなものなんですけど・・・。
ここまでほっとくなんてひどいわ!!
わたくし・・貧乏暇なし状態。(まだ、まともった初任給をもらっていない)

「下流社会」 光文社新書  三浦 展 著
コレに関連して、転職する前のことですが、「下流社会」という本を読みました。
話題になっているみたいですね。
かねがね私も、世の中が2極分化してきたなー。と強く感じておりました。
ヒルズ族に代表されるように、リッチな人々もいるし、
リッチ層を狙った雑誌もたくさん発行されているし。

とはいえ、これはごく一部の人々で、多くはもっとつつましい生活をしているのではない?
それから、ニートと呼ばれる、さほど人生に意欲を持っていない人々の増加。

私なんかは、高度成長期もちょっと知っているし、バブルも知っているもので、
「上昇志向」というものを、ごく普通に持っていますよ。
何かを努力して掴みたい。より良くなりたい。というのが基本なのですけどね。
私の近くの人はみんなそう。

・・気分は「上流」ですが・・・お財布は「下流」でございます・・・(涙)

+++++++++++++++++++++++++++++++++

この本は、かなりいろんなアンケートのデータを元にしつこく(笑)書かれています。
ちょっと「?」なところはありますが、まぁ、興味深いです。

「下流」といっても、下層という意味はなく、
自分が上流か中流か下流かは、あくまで自分の意識によって自分を分類してます。
自分を「下流」だと言ってしまうことが、すでに「下流」なんですけどね。

品質のいいものが格安で手に入り安い状態。。というのが、「下流化」に拍車をかける
みたいです。「いっぱい稼がなくても買えるよ」みたいな。 ふ~~んなるほどね~。

「自分らしさ」という”青い鳥”を探して、現実から挫折し、ニート化しているんですよね。
反面、「上流」の人ほど、ストイックに努力して自分らしさを追求しているようです。 

結局、自分らしさという名の怠惰に負けずに、努力した人が富を掴むのね。。
でも、たいした富を掴まない人々だって、楽しく、物に囲まれて生活できるのよね。
お気楽で平和な日本・ニート天国・・・ってことで。

最近では、客のターゲットが、一部の「上流」向けになって、
利益確保を目指しているみたいです。
な~んか、そんなの見聞きしていると、世の中が景気がいいみたいに、
自分がリッチ顧客みたいに誤解しちゃうのよね~。実際はそうでもないのに・・。
[PR]
by harumisan | 2005-11-25 22:48 | 映画・book・art

自由人になりました♪毎日楽しく暮らしています。


by harumisan